文化(culture)とは何であるか?

言語
https://unsplash.com/photos/fjj7lVpCxRE
広告

 以下では、俺は文化について述べるつもりである。文化には、日本文化や中国文化がある。歴史的には、ウバイド文化や縄文文化やヤムナ文化がある。日本語では、文化に対する人々の印象は寿司や着物を含む生産物それ自体である。しかし、俺は文化とはcultureやagricultureが暗示するように土壌に近いように思える。

以下では、俺は文化について述べるつもりである。文化に類似した単語には、文明(civilization)や生活形態(PastroralismやAgricultureはpractice?)や社会(society)がある。俺の印象では、社会は自己の宗教を持つが、文化は自己の宗教を必要としない。社会は競技的(システム的)である。

広告

定義

定義

 俺系統の認識 文化とは、ある対象が生み出される人工的な環境である。

 より正確には、ホモ・サピエンスの文化とは、ホモ・サピエンスやホモ・サピエンスによる生産物が生み出される人工的な環境である。人間の文化とは、人間や人間による生産物が生み出される人工的な環境である。人工的な環境は人工的な条件と置き換えられるかもしれない。なお、ホモ・サピエンスや人間の意志が対象それ自体を作るので、俺は「生み出される」という受動態を使用した。もし俺が生み出すを使用したならば、俺は環境それ自体が何かを作っている印象を与える。

つまり、文化とは環境であり、生産物それ自体でない。文化とは縄文土器や漢服でない。縄文文化とは、縄文土器が生み出された環境である。日本文化とは、寿司や武士が生み出される環境である。もし俺がa文化を同様に用意したならば、a人が同じような生産物を作り出す可能性がある。これはもし俺がある種子を同じ環境に用意したならば、その種子は同じように成長することに類似する。文化は環境であり、その中の人間の自由意志や目的意識はあまり考慮されていないように見える。

文化が土壌であり、文化生産物が作物である。文化生産物とは、文化の中で生み出される生産物である。異なる考えとして、文化とは、ある対象が生み出される環境とその上の生産物の組みである。文化生産物には、土器や服装や食や兵器や建物、兵器がある。その他には、遺伝的でない人間の振る舞い(性格や気質)がある。人格障害者が遺伝子の結果であることは日本国におけるアカデミア(学術社会)の中に人格障害者が生み出されることは互いに異なる。

具体例

 例えば、ヤムナ文化は文化の例である。ヤムナ文化とは、ヤムナ人(Y染色体ハプログループR1b)や戦士や印欧語族や横穴式墓地や乗馬用馬や牛車や車輪や斧が生み出された環境である。ヤムナ文化の生産物には、印欧語族や横穴式墓地や乗馬用馬や牛車や車輪や斧がある。ただし、言語が文化の生産物であるのかは不明である。俺の印象では、文化は環境であり、その環境が生み出す生産物が着目されてきた。なお、ヤムナ文化における生活形態は牧畜であった。

アメリカ文化は文化の例である。アメリカ文化とは、アメリカ国民や米映画や米音楽や米兵器や高層ビルが生み出された環境である。しかし、アメリカには、独自の言語や独自の料理や独自の服装がないように見える。また、お金に対する考えは宗教にも関係するが、アメリカ文化のうちであるかもしれない。また、米国民の独特な性質(好戦性や暴力性、マッチョ)はアメリカ文化の生産物の一つであるかもしれない。アメリカ文化の奴隷の使役は白人による牧畜的な生活形態であるように見える。

日本文化

 以下では、俺は日本文化について述べるつもりである。

試験文化

 日本国を含む東洋世界は試験文化を持つ。この試験文化とは、試験に強い高知能の東洋人が生み出されてきた環境である。しかし、この試験文化には、問題が存在する。その問題とは、自己の善悪や自己の判断や自己の認識を持った個体や社会性を持った個体が生み出されてこなかったことである。

そのため、たとえ試験文化で生まれてきた個体が東京大学に合格するとしても、その個体は自己の宗教や自己の文明的な所属、自己の認識や自己の判断、自己の善悪を他人に伝達することができない。酷い場合には、彼らは他者と意思疎通することができない。ただし、ある個体がこの文化で育成されるとき、その個体の知能は上昇する可能性がある。

学術文化(アカデミア文化)

 大和民族の学者は自己の富の規範を持っていないので、彼らは富の貸し借りをまともに実行することができない。加えて、彼らは発達障害の傾向を持っているので、彼らは富の貸し借りを遺伝的にも苦手とするように見える。

また、彼らは自己の性規範を持っていないので、彼らは強制わいせつを教育機関の中で実行する。にも関わらず、彼らはその損害行為を隠蔽しようとする。さらに、彼らは国民(客)に対する侮辱や中傷、監視や説教、嫌がらせや糾弾を繰り返してきた。にも関わらず、周りの学者はこの種の侮辱者を傍観して、きちんと統治してこなかった。また、彼らは有色人には偉そうであるのに、白人には媚を売り、ビビって退治してこなかった。

これが学術文化(アカデミア文化)である。学術文化(アカデミア文化)は統治されない侮辱者や隠蔽される強制わいせつ者や放置される人格崩壊者や知的障害者や精神障害者が生み出される環境である。大和民族の科学者や数学者は高い知能を持っているのかもしれないが、彼らは自己の文化を形成する能力を持っていない。そのため、学術文化(アカデミア文化)は無文化であり、野生的な状態である。さらに、学術文化(アカデミア文化)はアスペという病人が生み出される環境である。

教育文化

 日本国における教育文化は、お金や契約を認識していない個体が生み出される環境である。個体は豊富で正確な知識を持つが、彼らは企業へと就職する前まで、彼らはお金のやり取りや契約を認識することができない。

電飛

言語
広告
俺らについて