小山田圭吾(辞任)と大和民族の善悪〜なぜ大和民族は無責任なのか?〜

大和民族
広告

 小山田圭吾の発言が本当であると仮定するとき、小山田圭吾は違法行為を障害者に実行したらしい。俺は小山田圭吾の行為に対する大和民族の行為を観察する時、俺は強烈な違和感を覚えた。以下では、俺は小山田圭吾の行為に対する大和民族の行為を提示するつもりである。

また、俺は小山田圭吾の発言は鎌倉武士の蛮族性を強調するイキリオタクの可能性があると感じる。一般的に、大和民族はキモオタ体質であり、いじめっ子でなくいじめられっ子である。牧野淳一郎や菊池誠や押川正毅といったキモオタは白人に人種的に侮辱されるとしても何も言えない。

広告

大和民族の行為

大和民族の行為

 大和民族の行為:大和民族は小山田圭吾の行為を西側白人にチクって、炎上させて、大問題になっていることを心底喜んでいるように見える。

 大和民族(牧野淳一郎や田崎晴明や菊池誠)は小山田圭吾の行為を西側白人にチクって、炎上させて、大問題になっていることを心底喜んでいるように見える。言い換えると、大和民族は大和民族が西側白人に怒られているのを見て非常に喜んでいる。学級院長の女児が男児の行為をチクって、先生に叱らせて喜んでいるように見える。

大和民族は障害者に対する小山田圭吾の行為を悪いと判断していないように見える。大和民族は大和民族や日本政府が西側白人に怒られるのを見て楽しんでいるだけである。あるいは、大和民族はオリンピックが失敗することを期待したり、その後の政権交代を期待しているように見える。

白人の目

 大和民族の行為:大和民族は小山田圭吾の行為の善悪を西側白人の機嫌に委ねている。

 大和民族は小山田圭吾の行為の善悪を西側白人に委ねている。言い換えると、大和民族は「小山田圭吾の行為は国際的な問題(西側白人社会)になるので悪い(レッドカード)」と感じているように見える。直接的には、大和民族は西側白人に怒られるので、小山田圭吾の行為は悪いと感じている。

つまり、大和民族はもし西側白人が小山田圭吾の行為を問題にしないならば、その時、大和民族は小山田圭吾の行為を別に問題しない。大和民族は西側白人が怒ることを悪いと感じて、西側白人が褒めることを善と感じている。

上記の(おそらく)関西人の反応が典型的である。この種の大和民族は「国際問題に発展するから、小山田圭吾を辞任させよう」としているように見える。彼は架空の白人の視点や霊言を召喚して、政治活動を実行する。本来であれば、彼は「俺は小山田圭吾の行為をx系統の善悪で悪いと判断する」と主張する必要がある。

大和民族の無責任さ

大和民族の無責任さ

 大和民族の無責任さ:大和民族は自己の宗教を明らかにせずに、小山田圭吾の行為をその宗教の系統の善悪で判断しないので、いつまでも無責任である。

 大和民族は自己の宗教を明らかにせずに、小山田圭吾の行為をその宗教の系統の善悪で判断しないので、いつまでも無責任である。加えて、彼らは未来予想を装いながら、彼らは白人の霊言を繰り出す。右の小谷哲男の呟きが大和民族に典型的な発言である。

小谷哲男は「俺は小山田圭吾の行為を俺の宗教の系統の善悪で悪いと判断する」と決して主張しない。彼は「海外メディアに取り上げられるぞ!」と囃し立てて、大和民族を動かそうとする。小谷哲男は非常に卑怯であり、他人の不安を悪用して、他人を支配しようとする。

言い換えると、小谷哲男の善悪はキリスト教徒の西側白人のメディアそれ自体である。白人メディアが日本国を悪く報道することが小谷哲男にとって悪く、白人メディアが日本国を褒めることが善である。口語的には、小谷哲男は「白人が悪いって言ってただけだから、俺知らない」と言う言い逃れを前もって用意しているように見える。