日本人のフィジカルが韓国人よりも劣っているのはなぜ?元Kリーグのトレーナーが驚いた育成年代の「食」〜栗田シメイ〜

大和民族
https://unsplash.com/photos/xmuIgjuQG0M
広告

 韓国人のフィジカルは日本人よりなぜ優れているのか――。ことサッカーという競技において、ライバル関係にある両国のその問いを解き明かすことは容易ではない。抽象的なイメージの域を出ないが、世界最高峰のプレミアリーグで活躍するソン・フンミン(トットナム)など、一部の選手を切り取るとそんな印象を持つ人もいるのではないだろうか。

https://number.bunshun.jp/articles/-/849505

 上記では、朝鮮民族(韓国人)の体格は大和民族の体格よりも優れていると指摘されている。実際、俺の知人を見ても、彼らはガッリしとした骨格を持っている。以下では、俺は上記の記事から見る大和民族の問題を提示する。

なぜ日本人の体型(スタイル)は悪く、中国人や朝鮮人(韓国)は良いか?
 日本人は白人でなく東洋人の一派である。日本人の体系は非常に悪い。上記の朝鮮人女性は日本人(大和民族)に存在しない体型をもつ東洋人女性である。朝鮮人は北方の東洋人によっているように見える。朝鮮人や北方の大陸東洋人や日本人は同じ東洋小人種である。しかし、日本人の体型は非常に悪い。以下で、俺はその原因と理由について述べる。なお、南方の東洋人は上記の女性のような体型を持たない。日本人の体型の悪さは日本人の先祖が南方由来の東洋人であるからである。しかし、この項では、俺はその影響を考慮しない。理由〜食生活や習性〜タンパク質とカルシウムの不足 理由:大和民族は身長を伸ばすために必要なタンパク質やカルシウムを十分に摂取していない。 大和民族は身長を伸ばすために必要なタンパク質やカルシウムを十分に摂取していない。大和民族は彼ら自身の肉体のデザイン(体型)だけでなく、彼ら自身の食生活にも非常に無関心であってきた。そのため、彼らは身長を伸ばすために必要な食(肉など)にも無関心であってきた。大和民族はタンパク質を十分に摂取せずに、彼ら...
広告

問題点

問題点

 俺の認識 大和民族は食の概念それ自体を持っていない。

 大和民族は食それ自体を認識していない。それだけでなく、彼らは自己の国家も自己の文明も、自己の人種も自己の民族も認識していない。食は肉体を作るために存在するが、大和民族は食を生きるためや美味しいからという嗜好品と感じている。ノリや雰囲気でワイワイ楽しめれば良い。

大和民族はたんぱく質やカルシウムが彼らの肉体を作ることをうまく認識していないように見える。言い換えると、彼らは炭水化物とタンパク質の違いを感覚的に把握していない。大和民族にとって、食事とはジャニーズやAKBのように、アイドルのように推すものであるように見える。

 その方針は至ってシンプルで、「とにかく肉を食え」というもの。これまで指導してきたJリーグでは、“バランス良い食事”が求められることが一般的だったが、蔚山現代では毎日の食事の中で、とにかくタンパク質を多く取れ、という指針が明確だった。

https://number.bunshun.jp/articles/-/849505

問題点

 俺の認識 大和民族は管理者や統治者として無能である。

 大和民族は選手と管理者の違いを区別できない。彼らは食による肉体の管理を実行できないので、彼らの体格は朝鮮人よりも劣等である。要するに、管理者が無能である。

一般的に、大和民族のエリート(首長)は根性論や無能であると指摘されてきた。例えば、彼らは大量の米を選手に食わせて、怒鳴って喚いてきた。そして、彼らは何の応答義務も果たさず、知らんぷりしてきた。

管理者には、肉食が善であるのか、悪であるのかを判断することが要求されてる。加えて、彼らは食の目的をきちんと提示することが要求される。けれども、大和民族の管理者は自己の善悪を持たず、食の目的すら彼ら自身で定義することができない。

 一般的に、管理者には認識能力と(善悪の)判断能力が要求される。けれども、大和民族の管理者はそのどちらも持っていないので、とんでもなく無能である。加えて、彼らは選手との意志伝達(自己の意志伝達)すらできないできた。