ヴィンセント・フィショ(Vincent Fichot)と日本人妻による誘拐

大和民族
https://unsplash.com/photos/lSQ1JVzj7bM
広告

【AFP=時事】わが子を日本人妻に「誘拐された」と訴える在日フランス人男性が10日、東京都内でハンガーストライキを開始した。男性は、子供たちと再会するための自身の闘いに国際的な関心が集まってほしいと願っている

https://news.yahoo.co.jp/articles/753d23fa97bf77eb757e3265ca61bc64923f3b90

 以下では、俺は上記の問題に関する大和民族の雌の問題と弁護士の問題を提示するつもりである。大和民族の報道機関も弁護士も日本人妻の持っている人種侮辱的な精神をきちんと速報して、批判しない。だから、彼らはマスゴミと呼ばれる。

広告

日本人妻による誘拐(拉致)

誘拐(拉致)の理由

 誘拐(拉致)の理由:日本人妻は白人ハーフ(中間種)の子供を産んで、ママ友に自慢して羨望の的に見られたいので、(中間種)の子供を誘拐する。

 日本人妻は白人ハーフ(中間種)の子供を産んで、ママ友に自慢して羨望の的に見られたいので、(中間種)の子供を誘拐する。日本人妻による子供の誘拐の大部分は父は白人であり、妻が日本人である。なぜなら、日本人妻は白人男性と結婚して、白人みたいな子供を産んで自慢したい。

日本人妻は白人みたいな容姿の子供を産むとき、彼女らは彼女らの子供を自慢することができる。その時、ママ友の間での人種的な地位が上昇する。あわよくば、彼女らは白人的な容姿を持った子供たちを芸能界に入れて、「〜の育てかた」のような書籍を出版して、ちやほやされたい。だから、日本人妻は子供たちを引用する。

ハーグ条約と日本人女性による子供の連れ去りと人種差別〜白人ハーフの子供を自慢したい〜
 大和民族の雌による中間種の連れ去りは国際的な問題になってきた。外国人の夫は日本人女性を北朝鮮のような拉致や誘拐犯と感じているように見える。以下では、俺らは日本人女性による子供の連れ去りと人種差別、そして日本国の法律関係者の問題点を提示する。子供の連れ去りと人種差別 子供の連れ去りと人種差別:大和民族の雌による中間種の子供の連れ去りには、西洋文明における人種差別意識が存在する。白人ハーフの子供を自慢したい 大和民族の雌による中間種の子供の連れ去りには、西洋文明における人種差別意識が存在する。大和民族の雌は白人との中間種の子供を日本列島の上で大和民族に自慢したい。だから、大和民族の雌は白人との中間種の子供を連れ去る。大和民族の雌による子供の誘拐や拉致の問題は誘拐や拉致だけの問題でない。そこには、西洋文明における人種差別、つまり白人至上主義の問題が存在する。大和民族の雌は白人との中間種の子供を日本人に見せびらかして、ママ友同士のポケモンバトルに勝利したい。だから、大和民族の雌は子供を西洋から日本へと連れ去る。当然、その結果、中間種の子供...

大和民族の弁護士

モテたい

 モテたい:大和民族の弁護士や裁判官は女性にモテたかったり、良いことをしたい、女性がかわいそうなので、日本人妻を擁護する。

 大和民族の弁護士や裁判官は女性にモテたかったり、良いことをしたい、女性がかわいそうなので、日本人妻をオタサーの姫に群がるように擁護する。大和民族の大部分はこの種の日本人妻が人種侮辱的な悪意を持っていることを見抜いている。けれども、大和民族の弁護士はこの種のエヴァ・ブラウンを人種侮辱的な行為に関して批判しないで、擁護し始める。

大和民族の弁護士は自己の行為を日本政府や日本国、大和民族にとってもらおうとする。だから、彼らは白人ハーフの子供を自慢したいという我欲を持った日本人妻を擁護する。しかし、外部から見ると、彼らは「白人ハーフの子供を自慢して見せびらかしたいので、子供を拉致する日本人妻」を擁護しているように見える。

たとえ日本国や大和民族が白人ハーフの子供を見せびらかして、子供を拉致する民族や国家とみられるとしても、大和民族の弁護士や裁判官は怒った白人と対峙するつもりがなく、日本政府の影に隠れようとする。だから、彼らはどこまでも無責任に好き勝手に振る舞うことができる。上記の動画でもそうであるが、もし子供の連れ去りが女性に多いならば、動画では男性ばかりが映し出される必要がある。けれども、上記の動画では女性ばかりが子供の連れ去りを訴えていて、まるで日本人男性が誘拐犯であると印象付けられている。

国際結婚なのにイケメンの夫ではなく私にそっくりな娘 | 家族・友人・人間関係 | 発言小町
私はオーストラリア人の夫、6歳の娘を持つ37歳の主婦です。10年前、趣味で通っていた語学学校で、講師をしていた夫と出会いました。ハリウッド映画のイケメン俳優のように端正なビジュアル…私からの猛アプローチで、国際結婚し、翌年には待望の娘が生ま…

解決案

解決案

 解決案:ホモ・サピエンスの雌は責任能力や後始末の能力を持っていないので、子供を夫に返す。

 ホモ・サピエンスの雌は責任能力や後始末の能力を持っていないので、子供を夫に返す。子供の国籍は夫の国籍にする。上記の例では、ヴィンセント・フィショが彼の子供の親権を持つ。

俺は国籍の付与は基本的に男系のみであるべきであると審判する。ホモ・サピエンスの雌は非先住民との交雑種を産んで、彼らの世話を大和民族の雄に押し付けようとする。子供を健全に育てることはできるのは男性のみである。

解決案

 解決案:俺らはこの種の日本人妻を「拉致犯」及び「人種的侮辱者」として厳しい刑罰に課す。

 俺らはこの種の日本人妻を「拉致犯」及び「人種的侮辱者」として厳しい刑罰に課す。日本人妻はモンゴロイド人種やネグロイド人種を人種的に侮辱する意図を持っている。にも関わらず、大和民族は敵味方を認識できず、可哀想な女の子を助けようとする。情けない大和民族の弁護士や学者がこの種の行為を繰り返すので、大和民族の雌は雄をどこまでも舐めてくる。

野田聖子と障害の白人ハーフの子供〜日本初の女性総理(首相)の程度の低さ〜
  『週刊文春』2017年9月21日発売号に、野田の現在の夫である在日韓国人の一般男性が指定暴力団会津小鉄会傘下の昌山組の元組員であったと報道された。昌山組は2000年2月に組長が殺人事件で実刑判決を受け、同年3月に解散。幹部であった一般男性は事件以前に組を抜けていたが、1999年と2005年に逮捕歴があったという。この男性は2018年に起きた野田の金融庁に対する圧力問題にも仲介役として関与していたと複数の週刊誌が報じている。野田聖子#暴力団との関係 上記によると、野田聖子は朝鮮人?の夫を持つ日本人の政治家である(電飛参照)。彼女は高齢出産で障害まみれの子供を産んで批判されたが、野田は何を批判されてき方を理解できなかった。野田聖子の問題は高齢出産に加えて、おそらく白人の精子の人種的な問題である。野田聖子の子供は白人女性の卵子?と彼女の夫の精子で生み出された。彼女が障害児まみれの白人ハーフ?(中間種)を出産した。この種の女性は一人でないが、なぜか人種問題になっていない。以下で、俺はこの種の女性の一般的な問題について語る。野田という個人名には、あまり意味がない。た...