ブリーフ裁判官・岡口基一の問題〜日本の法律のゴミと不適切投稿

岡口基一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』ナビゲーションに移動検索に移動

岡口 基一(おかぐち きいち、1966年(昭和41年)2月28日[要出典] – )は、日本裁判官[1][2]大分県豊後高田市[要出典]出身[2]

 俺が岡口の行為を見るとき、俺は日本人の裁判官や弁護士は終わってると審判した。日本国では、先生と呼ばれる人間がバカであり、社会性を持っていない。

ページが見つかりませんでした : 読売新聞オンライン

1:社会性の欠如

 法律は社会性の産物である。しかし、日本国の弁護士や裁判官は社会性を持っていない。だから、岡口はブリーフ姿を投稿した。

取り決めの欠如

 岡口は法律に関する豊富な知識を持つが、法律の意味を認識できない。岡口は性行為の意味を認識できないキッズ・アイドルと同じである。法律は他者との約束や契約の一種であり、真理や呪文やイタコ出ない。

岡口を含む日本人の弁護士は法律を真理であるようにみなしている。だから、彼等は法律を唱えて他人を黙らせよう、法律を唱えて他人を彼等自身の想い通りに動かそうとする。しかし、この考えは間違いである。

俺は法律は他者との取り決めであると審判する。法律はあくまで人間社会や人間組織の産物である。バラバラの狩猟民族が農耕社会を形成して農耕民族になる時、人間同士は行為に関する約束や契約を交わす必要がある。その結果として、法律があるべきと俺は審判する。

信用の欠如

 岡口は社会性を持たないので、社会における信用や信頼を認識できない。日本国民がブリーフ姿の岡口を見るとき、日本人はこんな人間に裁かれたくない、こんな人間に自分の人生に関する重大な審判を任せたくないと強く感じる。しかし、岡田は社会性や信用や信頼を認識できない。

だから、この言及に関して、岡田はわけのわからない難解な法律を振り回して、職業選択の自由や自治や人権侵害を主張するだろう。俺は法律よりも社会における信用や信頼がより重要であると審判する。法律は人間としての信用や信頼の後に存在する。

2:日本でしか通用しない

甘えと依存体質

 岡口は日本人や日本国に依存jして甘えている。彼はアメリカや中国で同じような行為を絶対にしない。なぜなら、アメリカには、人種的な問題が存在する。アジア人があの種の行為を選択するとき、裁判におけるアジア人裁判官の割合が低下するだろう。

なぜか岡口は政府に依存しながら政府を訴える

 岡口は政府を訴えたそうだ。俺はこの行為にも反対である。彼は政府を訴えるべきでなかった。

なぜなら、裁判官は政府や国家に依存した職業であり、保護されている。保護されかつ依存した人間が政府を訴えることは、無職のおっさんが両親を訴えるようなものである。

3:日本国の法制度の将来

現行の法制度を全て廃止する

 俺は現行の法制度の廃止に賛成である。なぜなら、無宗教の東洋人がキリスト教由来の罪の概念で罰されることに反対である。日本国における法制度の現状は宗教的な侮辱であり正当でない。

また、岡口は日本国の法制度に対する信用と信頼を完全に破壊した。誰も日本国の裁判制度で罰されたくない。したがって、俺は日本国の法制度は一度解体されるべきである。

民主制度の廃止

 少し話は変わるが、俺は民主制度を一度解体して、幕藩体制に戻せば良い。東洋人にとって、民主制度とは単なる一つの制度でしかない。だから、俺らは異なる社会制度を気軽に選択できるだろう。

タイトルとURLをコピーしました