日置貴之と五輪パラ開閉会式〜「前を向いて生きるエネルギー」を意味する「Moving Forward」〜

大和民族
https://unsplash.com/photos/Lno6-CxVXgo
広告

東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、東京大会における開閉会式のコンセプトを発表した。五輪パラ4式典の共通コンセプトは新型コロナウイルス禍において「前を向いて生きるエネルギー」を意味する「Moving Forward」と付けた。式典のプロデューサーチーム30人超を統括する日置貴之氏(46=組織委職員)が日刊スポーツのインタビューに応じ、コンセプトに込めた思いを語った。【聞き手=三須一紀、木下淳】

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107140001278.html

 俺が上記の聞きを読んだ後、俺は強烈な不快感を覚えた。俺は日置貴之は実に広告代理店的であり、大和民族の典型的な欠陥性を持っていると審判した。以下では、俺は大和民族の問題点を提示する。

広告

大和民族の問題点

白人崇拝

 白人崇拝:日置貴之は白人崇拝者である。

 日置貴之は白人崇拝者である。聞き手は「コンセプトが全て英語だが高齢者の方も読むし、日本の新聞なので日本語表記がほしい」と質問した。日置貴之は「コンセプトの日本語は用意していない。世界に分かってもらいたいということで英語のみになった」と聞き手の質問に回答した。

この種の白人崇拝者は有色人の言語や視点を軽視して、白人系統の言語を優先する。そして、彼らは白人系統の言語や視点が「国際的」で「先進的」であると感じている。上記では、コンセプト(Moving Forward)が英語のみであり、日本語は存在しないらしい。

この種の白人崇拝者は大和民族に人種的にも民族的にも言語・文字的にも依存する。にも関わらず、彼らは日本語を馬鹿にして、英語を賛美する。この種の行為はインド人や東南アジア人に非常に似ている。彼らは白人系統の言語を話すことができない有色人をなぜか馬鹿にする。

ノリや雰囲気

 ノリや雰囲気:日置貴之は全ての物事をノリや雰囲気で語り、自己の視点や認識や善悪を持っていない。

 日置貴之は全ての物事をノリや雰囲気で語り、自己の視点や認識や善悪を持っていない。日置貴之は物事をノリや雰囲気で語るので、日置貴之は意味不明なカタカナ用語を繰り出してくる。下記の引用を見よう。意味不明である。

大会の基本コンセプトに『ダイバーシティー&インクルージョン(多様性と調和)』とある。この時代に『国民は』とか『世の中の人々は』という表現は完全な時代遅れだ。国民って誰?人々って誰?という時代。その人々とは日本人のこと?ということ。これを多様にイメージしていく。

https://www.nikkansports.com/olympic/tokyo2020/news/202107140001278.html

俺は上記の引用を理解できない。大和民族は物事をノリや雰囲気でしか捉えられない。だから、彼らの発言は意味不明であり、めちゃくちゃである。例えば、アメリカ大陸の多様性は日置貴之を含むモンゴロイド人種の虐殺と絶滅の結果である。だから、日置貴之はアメリカ大陸の多様性を賛美すべきでない。

時代という謎の単語

 時代という謎の単語:日置貴之は時代という謎の単語を使用して、自己の責任を回避しようとする。

 日置貴之は時代という謎の単語を使用して、自己の責任を回避しようとする。