学習院大学のノーベル賞の天才の田崎晴明(Hal_Tasaki)と小保方晴子

大和民族
広告

 以下では、俺は田崎晴明に対する俺の違和感を記録するつもりである。田崎晴明に対する俺の違和感は牧野淳一郎や菊池誠、そして大栗博司に対する違和感に類似する。

広告

田崎晴明と小保方晴子

田崎晴明と小保方晴子

 田崎晴明と小保方晴子:田崎晴明は日本国の将来を嘆いて見せれば、責任を負わなくて良いと感じているように思える。

  田崎晴明は日本国の将来を嘆いて見せれば、責任を負わなくて良いと感じているように思える。例えば、小保方晴子の問題が生じた後、田崎晴明は暗澹たる気持ちになると他人事のように呟いた。けれども、もし俺らが大学の研究室へと所属したことがあるならば、その時、俺らは小保方晴子の問題が生じるのは当然であったと結論づける。

なぜなら、一般的、大和民族の学者は可愛い女の子を非常に好み、公的な場所で彼女らに群がってきた。加えて、大和民族の学者は女に嫌われるのが怖いので、捏造している女を注意することを躊躇ってきた。さらに、たとえ大和民族の学者が大和民族の数学者や科学者が可愛い女の子に群がっているのを見るとしても、大和民族の学者はこの種の状況を改善してこようとしてこなかった。

大和民族の学者は何か問題が生じると、彼らは日本はどうなってしまうのかと嘆き始める。STAP細胞の問題が生じたのは「大和民族の学者が可愛い女の子に嫌われるのが怖くて注意できなかった、また可愛い女の子に群がる同僚を注意してこなかった」からである。言い換えると、大和民族の学者は自己の人間社会を彼自身で形成することを怠ってきたので、大和民族の学者は小保方晴子の台頭を許した。

田崎晴明と政治

田崎晴明の心理

 田崎晴明の心理:田崎晴明は西側白人と対峙することを恐れるので、田崎晴明は左翼やリベラルを自称してきた。

 田崎晴明は西側白人と対峙することを恐れるので、田崎晴明は左翼やリベラルを自称してきた。田崎晴明を含む大和民族の大部分はなんとなく雰囲気やノリで左翼やリベラルを自称してきた。けれども、その本音とは、「田崎晴明は西側白人との対峙を回避して、不安から逃避して安心感を獲得するために、左翼やリベラルを自称してきた」ことである。

この種の心理は上記の「女に嫌われるのが怖い」という心理にも通じる。田崎晴明は自己の政治的な信念など持っていない。田崎晴明は左翼やリベラルを白人に嫌われない自称してきた。実際、俺は田崎晴明はキリスト教徒でないと審判する。

俺の印象では、田崎晴明の行動原理は「不安が嫌」である。だからこそ、たとえ田崎晴明(の人種)がネグロイド人種やコーカサス人種によって人種的に侮辱されるとしても、田崎晴明はその行為に対して何も言わず沈黙している

田崎晴明と科学

田崎晴明と科学 

 田崎晴明と科学:田崎晴明は自己の人種(モンゴロイド人種)から逃避するために、科学に打ち込んできたように見える。

 田崎晴明は自己の人種(モンゴロイド人種)から逃避するために、科学に打ち込んできたように見える。田崎晴明は自分が白人でないこと、自分が醜いモンゴロイド人種であることに不安感や原初的な恐怖心を覚える。田崎晴明にとって、左翼やリベラルとは白人との対峙を回避する手段であり、科学とはモンゴロイド人種であることからの逃避である。

日本人の大部分はそれをよく感じ取ってきたので、日本人は日本人の学者を内心軽蔑してきた。彼はそれを見て見ぬ振りしてきた。田崎晴明を含む大和民族の学者は完全に白人コンプレックスである。彼は数学できるフィリピン人である(同じモンゴロイド人種)。しかし、彼は彼自身は白人に文化的により近いと錯覚してきた。この種の心理は日本人の学者の大部分や日本人に見られる。

彼はイケメン白人気分を味わいたいので、科学を好んできた。日本人の学者の大部分にとって、科学や数学とは白人ハーフ風メイクや白人の夫と同じである。彼らは先生とよばれてちやほやされたい。彼らは白人によって褒められてちやほやされたい。この心理は非常に悪い。科学者とは職業であり、身分でない。