なぜ津田大介(関西人)は日本人のDNAを侮辱したか?

広告

 津田大介の半分は関西人である。彼の父親は関西人であり、津田大介は関西人の男系子孫である。以下では、俺はなぜ津田大介は上記のような大和民族のDNAを侮辱する発言を繰り返したのかを提示する。

俺は津田の発言を見た後、俺は津田は関西人でないかと疑った。そして、俺は上記の呟きにたどり着いた。そして、俺はやはり津田は関西人であるので、この種の発言をつぶやいたと確信した。

彼の発言は明確な民族的な侮辱である。彼の発言は日本国における歴史にきちんと記録される必要があるだろう。

関西人は日本人(大和民族)か?〜津田大介や西浦博や木下喬弘、北川拓也〜
 大和民族の一部は関西人を大和民族と認識してこなかった。実際、俺の印象でも、関西人は少し異なる。さらに、東北人と関西人の中の悪さは民族の違いや強い部族の違いを暗示しているように見える。以下では、俺は関西人とは誰であるのかを提示する。結論から言うと、俺は関西人は大和民族と強い部族的な違いを持っているように見える。琉球民族の一部もまた大和民族と強い部族的な違いを持っている。なお、俺は関西人という集団を個人的に嫌っていない。けれども、俺は関西人に遺伝的な親近感を覚えたことは一度もない。俺は彼らを異民族に近い存在として認識してきた。関西人認識 俺の認識 関西人とは、関西部族の要素である。関西部族は(ギリギリ)大和民族の部分集合である。 大和民族は東洋小人種の部分集合であり、東洋小人種はモンゴロイド人種の部分集合である。関西人は弥生人でなく、渡来人の子孫かもっと後の子孫であるように感じる。弥生人は紀元前1000年に中国大陸(呉越や山東省あたり?)や朝鮮半島から日本列島へとやってきて、稲作を持ち込んだ。また、春秋戦国時代(紀元前500年)に...
広告

発言の解釈

 発言の解釈:渡来人の末裔である津田大介は縄文人のDNAや弥生人のDNAを憎悪してきた。

 渡来人の末裔である津田大介は縄文人のDNAや弥生人のDNAを憎悪してきた。その憎悪の深層意識の表現が上記の呟きである。

日本人のDNAとは?

 津田は日本人のDNAという単語を使用した。この日本人のDNAは縄文人や弥生人のDNAを指している。大和民族は縄文人や弥生人のDNAから構成されている。

俺は津田は深層心理でこの種の縄文人や弥生人のDNAを嫌悪してきたと認識する。なぜなら、関西人である津田は縄文人は当然のこと、弥生人の末裔ですらない。俺の憶測では、津田大介は渡来人の末裔である。

上記の発言は渡来人の末裔による弥生人や縄文人のDNAに対する憎悪表現として解釈される必要がある。弥生人の分岐は殷王朝の崩壊から3000年以上経過している。しかし、もし津田が日本人のDNAを嫌悪するならば、彼は縄文人や弥生人のDNAを嫌っているのだろう。弥生人のDNAは朝鮮人や大陸東洋人により近いけれども…。

蓮舫の発言との類似性

 蓮舫の半分は華南民族である。俺が彼女の発言を見た後、俺は彼女の発言は上記の津田大介の発言に似ていると感じた。実際、関西人の遺伝子は蓮舫や香港人などの南方の東洋人の遺伝子に近い。

蓮舫の発言は民族的な侮辱でないように見える。けれども、日本列島の上の大和民族に対する軽視それ自体は津田大介の心理に似ている。俺の印象では、蓮舫も津田も深層心理では大和民族を非常に嫌っている。

津田も蓮舫も日本列島の上の土着の原住民でなく、渡来人に近いのだろう。だから、彼らは日本列島の上の大和民族を保護しようとしないで、彼らは民族侮辱的な発言を繰り返す。

大和民族
広告
俺らについて