木村草太の英語論文と日本人(大和民族)の文系学者

大和民族について
https://www.chunichi.co.jp/article_photo/
ザ・インタビュー ~トップランナーの肖像~

 俺は木村草太の英語論文を探した。しかし、俺は彼らの英語論文を見つけられなかった。俺は彼は日本人の典型的な文系学者であると審判した。

以下で、俺は木村草太の問題点を提示する。結論では、俺は木村草太が学者でなく、日本人の学者はまともな学問systemも教育systemも作れないと審判する。

なお、俺は実験系の学部卒である。俺は学部卒の人間は木村よりもまともな報告書や論文?をかくだろう。木村は学者の水準に達していなし、文系それ自体も教育の水準に達していない。

1:木村草太

 俺は木村の肉体のデザインは日本人の学者にしては優れていると審判した。彼は業績がないのに、彼は若くして准教授になった。おそらく、この原因は(学者としては)彼の肉体のデザインの優秀さにあるだろう(男版の小保方晴子に近い)。

英語論文がない

 木村草太は英語論文を書く「能力」を持っていない。そのため、彼は英語論文を書いてこなかった。

査読ない

 木村草太はきちんとした査読制度の論文を書くことができない。査読は、「信用」を論文に与える行為である。だから、査読は絶対に必要である。

2:問題点

 俺は上記の意見に賛成する。木村の感想文は小保方晴子のそれよりもひどい。

誤審や誤認識が多い(論文という単語)

 木村草太は論文でないものや論文の水準に達していないものを「論文」と呼ぶ。正直、東京大学の学部の学生が書く卒業論文の方がより「論文的」である。理系の大部分の人間は文系学者、木村の論文を「論文」でなく、「単なる感想文」と審判する。

文系をはじめとする大和民族の学者のバカさは審判能力の欠如である。彼らは論文でない感想文を論文と呼ぶ。業績の域に達していない感想文を業績と呼ぶ。人々は彼らの行為を「誤審」と認識する。

大和民族同士で回してる

 木村草太は西側白人のきちんとした査読を受けていない。もし彼の感想文が白人の査読を受けるならば、彼の論文は論文と認識されない。彼の論文は大和民族にしか通用しない。

彼らは大和民族同士で査読しあって、それを業績としている。この状態は非常に不健全である。なぜ彼らは彼らの感想文を日本語で書くのか?

なぜなら、彼らは他人から評価されることを異常に恐れる。彼らが日本語で論文を書く時、彼らは白人から批判されない。彼らは白人からの査読の目が何よりも怖い。

3:愚かな応答

 文系学者は腐敗してる。この腐敗は彼らの応答反応の「おかしさ」に現れている。彼らの反応は完全に狂っている。

知らないくせに批判している

 俺が木村を批判すると、木村のような日本人学者は必ず、「知らないくせに批判してる」と返答する。しかし、彼の契約相手は日本国民であり、彼は契約相手に対する論文や査読systemの説明義務を負うべきである。しかし、彼らは彼らの宗教を持たないので、彼らは契約それ自体を認識できない。

その結果、彼らは学生や国民を部下や家来と錯覚する。だから、彼らは彼らのお酒を呑み会で学生に継がせようとする。彼らは荷物持ちを学生にやらせようとする。

なぜなら、彼らは学生が契約相手であることを認識できない。彼らは「教えてやっているのだから、感謝しろ、いうことを聞け」と感じている。

説明

 俺が木村を批判する時、この種の人間は「この業界では〜、こうなっている」と説明する。例えば、弁護士業界では、論文は日本語で書くことになっていると応答する。

そうして、彼らは批判者に納得してもらおうとする。俺は木村の状態が「レッドカード」であると判断する。このような発言や行為では、彼らは外部と意思疎通できない。

ましてや、インド人や中東人や白人には、通用しない。俺らは説明でなく、善悪の判断を要求する。木村や査読systemの状態はレッドカードである。

タイトルとURLをコピーしました