神戸大学大学院教授の天才牧野淳一郎はエリザベス・タスカーを愛するか〜サークルの姫(オタサーの姫)の問題〜

大和民族
https://www.r-ccs.riken.jp/research/labs/psrt/
広告

 牧野 淳一郎(まきの じゅんいちろう、1963年1月6日 – )は日本天文学者神戸大学大学院教授。専門分野は計算天文学岐阜県生まれ。杉本大一郎の研究室である宇宙地球科学教室にてN体シミュレーション専用計算機GRAPEの開発を行い、初期のGRAPEシリーズを伊藤智義らと共に開発する。その後、GRAPEのASIC化へと進み、現在に至る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/牧野淳一郎

 以下では、俺らは牧野淳一郎の性規範の欠如に関する問題点を提示する。大和民族の科学者や数学者は自己の宗教を持っていないので、彼らは可愛い女の子にすぐに群がる。その結果、大和民族の雌の研究者がサークルの姫化して、小保方のようになってしまう。

俺が牧野淳一郎や田崎晴明や菊池誠、押川正毅や大栗博司などの科学者の振る舞いを見ると、日本国の大学や科学が衰退するのは当然であると感じる。加えて、小保方晴子が登場したのもまた競争的資金の結果でなく、牧野淳一郎や田崎晴明や菊池誠、押川正毅や大栗博司の性規範の欠如の結果である。

広告

牧野淳一郎とエリザベス・タスカー

牧野淳一郎とエリザベス・タスカー

 俺の認識:牧野純一郎はエリザベス・タスカーを非常に好んでいて、贔屓しているように見える。

 動画(電飛)を見ればわかるように、エリザベス・タスカーは日本人のオタク研究者が好きそうな顔や振る舞いをしている。少し可愛くて、背が小さく、鈍臭い。美人系統でなく、オタサーの姫に近い。

俺がエリザベス・タスカーを見るとき、俺はなぜ牧野淳一郎や田崎晴明を含む大和民族は小保方晴子を生み出したのかを確信することができる。大和民族はエリザベス・タスカーのように、可愛い女の子やイケメンの白人男性に群がり、ちやほやちやほやする。

たとえ理性的な人々が彼らの行為を咎めるとしても、大和民族は鉄オタのように逆ギレしたり、注意を無視したりする。その帰結として、小保方晴子のような存在が登場する。すると、大和民族は知らんぷりして、何事もなかったように、政府の競争的な資金を批判する。

 藤波 心(ふじなみ こころ、1996年11月22日 – )は、日本理学療法士。かつてはタレントモデル歌手ジュニアアイドルとして活動していた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/藤波心

問題点

 俺の認識 牧野純一郎はエリザベス・タスカーに嫌われるのが怖くて、エリザベス・タスカーの人種侮辱的な発言や行為を注意することができないように見える。

  牧野純一郎はエリザベス・タスカーを好み贔屓することは悪い。牧野純一郎はtwitter上でも可愛いタスカーを煽てて、ちやほやしている。その結果、彼女は勘違いして、上記のような人種的な侮辱発言を投下してしまう。

本来であれば、牧野はタスカーの発言を批判するべきであるが、彼は可愛い白人女性に嫌われることを恐れるので、何も批判しない。日本人の学生や東洋人の学生が牧野の心理を確実に見抜いてきた。彼の行為は白人至上主義的であり、彼の行為は厳しく批判されるべき。

しかし、日本国における大学は知のキャバクラかつ老人ホームであり、日本人の学問的シャーマンは白人様のイタコであってきた。だから、自浄作用すら働かない。日本人の学者が若くて「可愛い」白人女性に群がる、または日本人の女性学者が白人男性の遺伝子にたかろうとする。この種の醜悪な行為は日本国における知のキャバクラで散見される。

問題点

 問題点 牧野純一郎が西側白人を甘やかして、有色人への人種的な侮辱行為を見て見ぬふりすることは実質的な白人至上主義である。

 牧野純一郎はエリザベス・タスカーを好み贔屓することは悪い。なぜなら、その行為は有色人種から見ると、白人至上主義に見える。国際化やグローバル化という単語の下で、白人の意見が優先される。日本人の学問的シャーマンである牧野純一郎は中南米人やフィリピン人に近い。彼らは白人をバスに優先的に乗せようとする。

そこでは、東洋人や黒人が後回しである、たとえ彼らは列の先頭に並んでいるとしても。日本国における知の現場で、この種の醜悪な白人至上主義が蔓延している。また、男女平等の「平等」はキリスト教の概念である。人道や寛容や平等を非キリスト教徒に押し付けることは非常に悪い。さらに悪いことに、この種の政治的な行動が学問の皮をかむっている。

加えて、牧野淳一郎は大和民族や日本国のみを積極的に批判しようとするが、彼らは西側白人を彼らの人種侮辱行為に関してなぜか批判しない。俺らは牧野淳一郎は白人に怒られるのが怖いだけで、彼はより良い社会を形成しようという意志を持っていないと審判した。上記のジュニアアイドルを心の底から性的に愛する児童性愛の押川正毅の呟きが典型的であるが、俺は「なぜ押川はジャップと侮辱した “白人” を批判しないのか」と疑問に思う。

牧野淳一郎と性規範

牧野淳一郎の勘違い

  俺の認識 牧野純一郎は宗教が与える性規範を持っていないので、自己の性欲や発情を人為的に制御できていない。

  牧野淳一郎を含む大和民族の学者は女性をちやほや甘やかすことを男女平等であると感じている。そして、彼らはちやほやしないことを女性差別と感じている。彼らは自己の性規範を持たないので、彼は可愛い女性に群がって、ちやほやしている。

そして、彼らは性欲から来る騎士を演じてしまい、姫を批判する男性を差別主義者として批判する。彼らは姫に嫌われるのが怖いので、彼らは姫を絶対に批判しようとしない。その結果、姫が科学や数学を全く理解してなかったり、捏造をしても、牧野は見て見ぬ振りを実行する。

上記の呟きのような状況は研究室でも観察される。おそらく、西洋における研究室でも類似した状況が生じているだろう。一般的に、学者はオタク気質が多いので、彼らはまともな人間社会を形成できない。

牧野淳一郎

民主主義

 俺の認識 牧野淳一郎は民主主義それ自体を認識する能力を持っていない。

 俺の印象では、牧野淳一郎は統治が何であるのかを認識することができない。牧野淳一郎は彼の統治者を民主制度の下で選択した後、彼はその統治者との統治に関する約束を守ろうとしない。一般的に、大和民族の学者は他者との約束を守ることができないので、彼らは他者との約束を平気で破棄しようとする。

上記では、牧野淳一郎は「専門家の言うことを聞かない」と述べた。けれども、牧野淳一郎の発言は間違いである。本来であれば、牧野淳一郎が民主的に選択された統治者の統治に従うべきである。つまり、牧野淳一郎が統治者の言うことを聞くべきである。彼は彼の統治者を選挙で選択しておいて、彼はその統治者の統治に一切従おうとしない。