神戸大学大学院教授の天才牧野淳一郎はエリザベス・タスカーを愛するか〜サークルの姫( オタサーの姫)〜

大和民族
http://old.elsi.jp/ja/research/interview/junichiro-makino.html
広告

 牧野 淳一郎(まきの じゅんいちろう、1963年1月6日 – )は日本天文学者神戸大学大学院教授。専門分野は計算天文学岐阜県生まれ。杉本大一郎の研究室である宇宙地球科学教室にてN体シミュレーション専用計算機GRAPEの開発を行い、初期のGRAPEシリーズを伊藤智義らと共に開発する。その後、GRAPEのASIC化へと進み、現在に至る。

https://ja.wikipedia.org/wiki/牧野淳一郎

 以下では、俺らは牧野淳一郎の性規範の欠如に関する問題点を提示する。大和民族の科学者や数学者は自己の宗教を持っていないので、彼らは可愛い女の子にすぐに群がる。その結果、大和民族の雌の研究者がサークルの姫化して、小保方のようになってしまう。

How Did We Begin? | Elizabeth Tasker | TEDxHokkaidoU
広告

牧野淳一郎とエリザベス・タスカー

 俺の認識:牧野純一郎はエリザベス・タスカーを非常に好んでいて、贔屓している。

 上記の動画を見ればわかるように、エリザベス・タスカーは日本人のオタク研究者が好きそうな顔や振る舞いをしている。少し可愛くて、背が小さく、鈍臭い。美人系統でなく、オタサーの姫に近い。

問題点

  牧野純一郎はエリザベス・タスカーを好み贔屓することは悪い。牧野純一郎はtwitter上でも可愛いタスカーを煽てて、ちやほやしている。その結果、彼女は勘違いして、上記のような人種的な侮辱発言を投下してしまう。

本来であれば、牧野はタスカーの発言を批判するべきであるが、彼は可愛い白人女性に嫌われることを恐れるので、何も批判しない。日本人の学生や東洋人の学生が牧野の心理を確実に見抜いてきた。彼の行為は白人至上主義的であり、彼の行為は厳しく批判されるべき。

しかし、日本国における大学は知のキャバクラかつ老人ホームであり、日本人の学問的シャーマンは白人様のイタコであってきた。だから、自浄作用すら働かない。日本人の学者が若くて「可愛い」白人女性に群がる、または日本人の女性学者が白人男性の遺伝子にたかろうとする。この種の醜悪な行為は日本国における知のキャバクラで散見される。

問題点

 牧野純一郎はエリザベス・タスカーを好み贔屓することは悪い。なぜなら、その行為は有色人種から見ると、白人至上主義に見える。国際化やグローバル化という単語の下で、白人の意見が優先される。日本人の学問的シャーマンである牧野純一郎は中南米人やフィリピン人に近い。彼らは白人をバスに優先的に乗せようとする。

そこでは、東洋人や黒人が後回しである、たとえ彼らは列の先頭に並んでいるとしても。日本国における知の現場で、この種の醜悪な白人至上主義が蔓延している。また、男女平等の「平等」はキリスト教の概念である。人道や寛容や平等を非キリスト教徒に押し付けることは非常に悪い。さらに悪いことに、この種の政治的な行動が学問の皮をかむっている。

牧野淳一郎と性規範

  俺の認識:牧野純一郎は宗教が与える性規範を持っていないので、自己の性欲や発情を人為的に制御できていない。

 牧野純一郎は宗教が与える性規範を持っていないので、自己の性欲や発情を人為的に制御できていない。以下では、俺は牧野純一郎の問題点を提示する。

牧野淳一郎の勘違い

  牧野淳一郎は女性をちやほや甘やかすことを男女平等であると感じている。そして、彼らはちやほやしないことを女性差別と感じている。牧野淳一郎は自己の性規範を持たないので、彼は可愛い女性に群がって、ちやほやしている。

そして、彼は性欲から来る騎士を演じして、姫を批判する男性を差別主義者として批判する。けれども、牧野は姫に嫌われるのが怖いので、彼は姫を絶対に批判しようとしない。その結果、姫が科学や数学を全く理解してなかったり、捏造をしても、牧野は見て見ぬ振りを実行する。

タイトルとURLをコピーしました