「完璧な文体でナチスの政策を肯定した小論文」とヒトラーファンの女子高生の話〜田島圭祐(tajimakeisuke)と田野大輔〜

大和民族
広告
予備校時代、一番添削に困った「完璧な文体でナチスの政策を肯定した小論文」とヒトラーファンの女子高生の話
受験に関しては得がないでしょという節がある。

 大和民族の未成年の一部はナチスを肯定したり、ヒトラーを崇拝したりする。そして、その種の行為は青年期における厨二病の一種として処理される。

上記では、ある女子高生がナチスを予備校時代に肯定した論文を書いて、予備校講師の田島が困惑したと書かれている。この種の行為に対して、田野大輔という幼稚な社会学者(また社会学者)は上記の呟きをつぶやいて、逆にナチス的であると批判された。

以下では、俺はナチスに関する大和民族の問題における奇妙な点を提示する。その奇妙点とは、大和民族の視点とは、なぜか白人視点であることである。

広告

問題点〜白人視点〜

 問題点:大和民族がナチスについて語るとき、彼らは彼らの視点を戦中のドイツ人(ナチス)視点か、ナチスを糾弾する戦後のドイツ人視点に置こうとする。

白人視点の大和民族

 誰もロマのような有色人として虐殺される側に立とうとしない。彼らはナチスとしてユダヤ教徒の白人やスラブ民族を虐殺する側か、戦後のナチスを糾弾するドイツ人側に立とうとする。この種の行為は外部から見ると非常に奇妙であり、病的であるように見える。ユダヤ教徒の白人は生物的には白人であるが、彼らですらナチスとして他人を虐殺する側に立とうとしないだろう。

にも関わらず、大和民族は彼らの視点を戦中のドイツ人(ナチス)視点か、ナチスを糾弾する戦後のドイツ人視点に置く。その結果、ナチスのような白人至上主義が本当に登場するとき、彼らはその白人至上主義者に対処する方法をまるで考えていない。幼稚が醜くダウン症と人種的に侮辱された人々がナチスになることを心配している。

この状態は実に喜劇的であり、病的である。大部分の白人は「日本人という大和民族は人種的に劣等であるので虐殺される側だ。なぜ白人になろうとするのか?」と内心疑問に思い、その滑稽さを笑っているだろう。

病気か?

 有色人種のほとんどはナチスはおろか、宗教問題や西洋に興味を持っていない。もし彼らがナチスに興味を持っているならば、彼らはもともと非常に変わり者であり、彼らは少し発達障害的であるように見える。

アスペっぽいキモオタに漫画やアニメを読ませると、彼らは漫画の登場人物になりきって、漫画のように話し始める。あるいは、西側白人と結婚した大和民族の雌は白人視点を獲得して、白人のように振る舞う。この種の行為はオタクのキモさや性格の悪さに帰着されるべきでなく、何らかの病気が疑われる必要がある。

ナチスに興味を持つオタクも学者も実際に発達障害やアスペルガーを持っていてもおかしくない。その結果、彼らにナチスの話をさせると、全員が白人になろうとして、俺は頭を抱えざるを得ない。

善な行為

 善な行為:大和民族を含む有色人種は劣等な有色人種として彼らの視点を置く必要がある。

 大和民族を含む有色人種は劣等な有色人種として彼らの視点を置く必要がある。また、ナチスは宗教問題でもあるので、宗教的に無関係な大和民族を含む有色人種がナチス基本的には触る必要はない。

まともな反応

 大和民族は基本的にナチスや欧州の問題に言及する必要はない。また、彼らは「彼らは有色人種であるので、白人至上主義は怖い。ナチスも怖い」と言うだけで十分である。これが大和民族を含む有色人種の最も差し障りのない発言である。

彼らはナチスを肯定したり、白人視点を獲得してナチスを糾弾する必要はない。たとえ愚かな有色人種がナチスやヒトラーを肯定するとしても、俺らは「君らも虐殺されるよ」と諭すように言えば十分である。そこで、上位の田野大輔のように有色人をナチスとして糾弾すると、彼らは変な方向に行く可能性がある。

有色人種の場合、たとえ彼らがナチスを肯定するとしても、彼らは “実際の” 行為を実行しなければ良い。だから、下記のような宥めて別の方向へと誘導する教育が適切であるように見える。彼らは白人でなく、彼らは白人至上主義やナチスには絶対にならない。第一、彼らはゲルマン民族でない。

 教師は「有色人がナチスや白人至上主義者を肯定すると、君らや他の有色人を危険に晒すからやめようね」と優しく諭して誘導すれば十分である。

タイトルとURLをコピーしました