三浦瑠璃(lullymiura)は査読論文を書いているのか?〜国際政治学者と三浦清志(TRYBAY CAPITAL/トライベイキャピタル)〜

広告
広告

三浦瑠璃

三浦瑠璃

三浦瑠璃の人種はモンゴロイド人種である。三浦瑠璃の小人種は東洋小人種である。三浦瑠璃の民族は大和民族である。三浦瑠璃の部族は不明である。三浦瑠璃のmtDNAは不明である。

三浦瑠璃の宗教は不明である。三浦瑠璃の文明的な所属は不明である。三浦瑠璃の語族は日琉語族である。三浦瑠璃の職業は評論家である。

三浦清志

三浦清志の人種は存在しない。三浦清志は父モンゴロイド人種と母コーカサス人種の父系中間人種(中間種)である。三浦清志の父の人種はモンゴロイド人種である。三浦清志の父の小人種は東洋小人種である。三浦清志の民族は大和民族である。三浦清志の父の部族は九州部族である。三浦清志のY染色体ハプログループは不明であるが、D1a2aやO2aやO1b2系統であるかもしれない。三浦清志のmtDNAは不明である。

三浦清志の人種の宗教は不明である。三浦清志の人種の文明的な所属は不明である。三浦清志の人種の語族は不明である。三浦清志の職業は経営者である。

なお、筆者は三浦清志が大和民族を含む有色人を見下していると認識しない。彼は人種的に公平である。筆者の認識では、一般的に、西欧白人との母系中間種(母系中間人種)は大和民族を含む有色人を父や母のように見下しているが、三浦清志には、その種の侮辱意識が存在しないように見える。これは平野拓也にも言える。

問題点

認識能力の欠如

【儒教系統の認識】
大和民族は学者や論文を認識する能力を持っていない。

大和民族は学者や論文を認識する能力を持っていない。だから、彼らは三浦瑠璃を国際政治学者と呼んでいる。しかし、筆者はもしある主体が論文を書いていないならば、その主体は学者でないという思考規範を持っている。これを使用すると、彼が結論づけるのは、三浦瑠璃は学者でない。

三浦瑠璃のような存在の数は1人でない。木村草太もその一人である。彼らは論文を書いていないのにも関わらず、彼らは学者と呼ばれている。さらに、周りの人間はその人物を学者と認識しないといけないような雰囲気を漂わせている。

その結果、学者や学問や大学が気功の達人のような組織になってしまう。60歳や70歳を超えた老人が謎の気で弟子たちを倒している。老人はえいっとやると、弟子は空気を呼んで、気によって倒されたように振る舞う。外部から見ると、この様子はひどく笑えるが、彼ら自身はおかしいと感じていない。上記の学者もこの種の気功の達人と同じである。なお、その様子はここ(youtube)から。

需要の問題

【儒教系統の認識】
大和民族は聴き心地の良さを自己肯定を学者に求めている。

その結果として、学者に求められているのが、分析でなく、占いになってしまう。三浦瑠璃の場合、彼女は保守にとって聴き心地の良い発言を求められている。そして、彼女は保守を肯定するような発言を求められている。患者の大部分が人体の修理でなく、不安の除去と安心の獲得を医療に求めているように、視聴者の大部分も分析でなく、不安の除去と安心の獲得を求めているように見える。

たとえ彼女が論文を書いていないとしても、もし彼女がその種の占いを実行するならば、彼女は学者として認められるようになる。そのため、彼女は論文を書いていないのに、彼女は学者になる。この状態は、モンゴロイド人の雌が占いを何回も繰り返して、自己の不安を取り除き、安心感を与えてくれる占いを延々と求めるような行為である。

上記の思考は関西人と朝鮮人の合体物の東谷義和にも言える。大和民族は彼らの統治を東谷義和にそもそも求めていないように思える。彼らは闇の暴露を東谷義和に求めている。その結果、日本国の統治が”関西人的なお笑い”になってしまう。大和民族という民族は統治行為を統治者(政治家)に求めていない。国会議員の闇の暴露は週刊誌や大衆報道によっても成されるだろう。

タイトルとURLをコピーしました