バレンティナ・アコスタ・ヒラルド(Valentina Acosta Giraldo)とコロンビアの歴史

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/OoMxu3dwybk
広告

 コロンビアの選手が可愛いと騒がれている。けれども、俺は大和民族のこの種の行為に強く反対する。以下では、俺はその理由を提示するつもりである。

広告

誰がコロンビアの先住民か?

アメリカ先住民

 アメリカ先住民:バレンティナ・アコスタ・ヒラルドはアメリカ先住民でない。

 バレンティナ・アコスタ・ヒラルドはアメリカ先住民でない。なぜなら、彼女の容姿はコーカサス人種的である。加えて、彼女は(俺の目からは)欧州小人種や地中海小人種に見える。

本来であれば、バレンティナ・アコスタ・ヒラルドが先住民の代わりにあの土地からコロンビアの代表として出ることは非常に不自然である。俺はコロンビアの代表や象徴は土着の原住民(モンゴロイド人種)であるべきと感じる。

大和民族の問題点

大和民族の問題点

 大和民族の問題点:大和民族は中南米における白人至上主義に貢献している。

 大和民族は中南米における白人至上主義に貢献している。非常に残念なことに、中南米では、白人の遺伝子が強ければ強いほどちやほやされて、高い地位に就くことができる。大和民族はバレンティナ・アコスタ・ヒラルドを無邪気に可愛いとちやほやする。

この行為は白人至上主義を加速させて、アメリカ先住民を非常に苦しめる行為である。大和民族はこの種の行為を繰り返すので、オタサーの姫が登場する。そして、小保方晴子のような狂気が生まれて、組織がぐちゃぐちゃになる。