ゾロアスター教のザラスシュトラはY染色体ハプログループR1aを持つか?〜アヴェスターと印欧語族〜

広告

 ザラスシュトラはゾロアスター教の開祖であるらしい。普通に考えると、ザラスシュトラはペルシャ人であったように思える。けれども、もしザラスシュトラがY染色体ハプログループR1aを持ち、かつ印欧語族であったならば、ザラスシュトラの神(創造主)は欧州人(スラブ民族)であっただろう。以下では、俺はこの意味を提示する。

広告

ザラスシュトラ

Y染色体ハプログループ

 俺の認識 もしザラスシュトラがY染色体ハプログループR1aを持っていたならば、ザラスシュトラの創造主(神)は欧州人の父(R1a)であっただろう。

 言い換えると、ゾロアスター教では、欧州人の父がゾロアスター教における創造主であった。ザラスシュトラの父の父の父…を辿っていくと、欧州人の父が登場する。その父がザラスシュトラの創造主であった。その父が善悪や世界に対する認識をザラスシュトラに授けた。

紀元前1000年頃にイラン北東部で話されていたと思われる、インド・イラン語派の方言で記述されている[2]。これは『アヴェスター』以外に用例が見つかっていないため、アヴェスター語と呼ばれる[2]

https://ja.wikipedia.org/wiki/アヴェスター

また、もしザラスシュトラが印欧語族を話していたならば、ザラスシュトラはY染色体ハプログループ(父系)的にも言語的にもヒスパニックのように完全に支配されていたことになるだろう。一般的に、ゾロアスター教は古代ペルシャ発祥であると考えられている。ザラスシュトラは中東小人種的な人種的形質を持っていたかもしれない。

けれども、父系では、ザラスシュトラは欧州人であった可能性がある。つまり、ザラスシュトラは欧州人由来のY染色体なしにゾロアスター教を創造することができなかった。むしろ、ザラスシュトラの宗教は欧州人の父によって授けられた。滑稽なことに、ペルシャ人は欧州人の父を神様として崇拝した。アメリカ先住民がスペイン人を白い神と崇拝したように…

電飛

タイトルとURLをコピーしました