セムはY染色体ハプログループJ(セム語族)で、ハムはY染色体ハプログループE(ハム語族)で、ヤペテはY染色体ハプログループR(印欧語族)か?〜Y染色体ハプログループと語族〜

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/kdLKidl6Lrc
広告

 以下では、俺はセムとハムとヤペテが誰であるのかを提示するつもりである。以下の文章は俺の霊感であり、実際であるのかは不明である。

広告

セムとハムとヤペテ

セムの民

 セムの民:セムの民とは、Y染色体ハプログループJを持ち、かつセム語族を持つ民である。

 セムの民とは、Y染色体ハプログループJを持ち、かつセム語族を持つ民である。いわゆる、アラビア語を話すアラブ人がセムの民である。セムの民はアラビア半島やレヴァント地域、そしてトルコの一部やペルシャの一部に住んでいる。

セムの民はユダヤ教やキリスト教やイスラム教を作った民であるように思える。彼らは商業や宗教や社会設計、統治などに長けている。一方で、彼らは軍事や建築を苦手とする。セムの民の人種はコーカサス人種であり、セムの民の小人種は中東小人種であり、セムの民の民族はアラブ民族である。

ハムの民

 ハムの民:ハムの民とは、Y染色体ハプログループEを持ち、かつハム語族を持つ民である。

 ハムの民とは、Y染色体ハプログループEを持ち、かつハム語族を持つ民である。ハムの民の代表例はエジプト人であり、彼らはY染色体ハプログループEを持ち、セム語族でなくエジプト語を話すらしい。

言い換えると、北アフリカ人がハムの民である。セムの民との違いは、ハムの民は建築を作ることであるように感じた。ハムの民の人種はコーカサス人種であり、ハムの民の小人種は中東小人種であり、ハムの民の民族は北アフリカ民族である。

ヤペテの民

 ヤペテの民:ヤペテの民とは、Y染色体ハプログループRを持ち、かつ印欧語族を持つ民である。

 ヤペテの民とは、Y染色体ハプログループRを持ち、かつ印欧語族を持つ民である。いわゆる、欧州人がヤペテの民である。しかし、上記の場合、Y染色体ハプログループIの北欧人やバルカン人はヤペテの民に含まれない。

なお、ヤペテの民が欧州人であるのか、モンゴロイド(東洋人)であるのかは議論されてきたらしい。Y染色体ハプログループRの先祖がモンゴロイド人種系統であったかもしれないことを考慮すると、欧州人がヤペテの民であることはそれほどおかしくないだろう。

当然、ヤペテの民がY染色体ハプログループIである可能性もあるだろう。なぜなら、Y染色体ハプログループIはY染色体ハプログループJに遺伝的に近い。けれども、Y染色体ハプログループIは自己の言語を失い、かつ全く反映していない。Y染色体ハプログループIはY染色体ハプログループRに押し切られて、言語も宗教も喪失して、彼らの数は著しく減少した。