エリック・ゼムール(Éric Zemmour)はユダヤ人かフランス人か?〜極右で反移民〜

コーカサス人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Éric_Zemmour
広告
広告

エリック・ゼムール

Éric Zemmour was born on 31 August 1958 in Montreuil, at that time in the Seine department, now part of Seine-Saint-Denis. His parents were Berber Jews from Algeria with French citizenship[e][22][23] who came to metropolitan France during the Algerian War.[24]1958年8月31日セーヌ=サン=ドニ県モントルイユアルジェリアユダヤ人の家庭に生まれた[2][3]アルジェリア戦争の際に一家はフランスに渡った[4]。祖先は1000年もの間アラブ人と共存してきたベルベル系ユダヤ人であるという[2][5]

https://en.wikipedia.org/wiki/Éric_Zemmour

人種

 俺の認識 エリック・ゼムールの人種はコーカサス人種である。エリック・ゼムールの小人種は中東小人種である。エリック・ゼムールの民族は北アフリカ民族である。

 上記によると、エリック・ゼムールはアルジェリアからフランスへと移動したらしい。もしエリック・ゼムールが血統的にアルジェリア人に近いならば、彼の小人種は中東小人種であるように思える。

けれども、もしエリック・ゼムールの先祖が白人(欧州人)と交雑していたならば、彼の小人種は欧州小人種と中東小人種の中間あたりに位置する。その場合、エリック・ゼムールは自己の自然な民族を持たない。個人的には、エリック・ゼムールはサッカー選手のジダンと同様に白人の遺伝子を持っているように思える。

人工的な概念

 俺の認識 エリック・ゼムールの宗教はユダヤ教である。エリック・ゼムールの国籍はフランス国籍である。

 エリック・ゼムールはユダヤ教徒である。エリック・ゼムールはフランス国民である。ユダヤ教徒とは、ユダヤ教を信仰する人間である。フランス国民とは、フランス国籍を持つ人間である。

上記のウィキペディアでは、エリック・ゼムールが「ユダヤ人」になっている。けれども、「ユダヤ人」という表現はユダヤ教徒やキリスト教徒やイスラム教徒のコーカサス人種の視点である。セムの創造主を信仰する人間はユダヤ教徒をユダヤ人(セム人)と信仰する。

しかし、東洋文明における東洋人の視点では、エリック・ゼムールはユダヤ人でなく、ユダヤ教徒である。俺はイスラム人やキリスト人を認識、信仰しないように、俺はユダヤ人を信仰しない。上記では、エリック・ゼムールはベルベル系ユダヤ人になっているが、俺の視点では、上記の表現を使用すると、エリック・ゼムールはベルベル系ユダヤ人でなく、ユダヤ教徒のベルベル人である。または、エリック・ゼムールはユダヤ教徒のアルジェリア人である。

電飛