森喜朗に対するJuliette Kayyem(ジュリエット・ケイエム)の人種侮辱的な発言

コーカサス人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Juliette_Kayyem
広告

 ジュリエット・ケイエムの上記の発言(old ass)はモンゴロイド人種に対する明確な人種的な侮辱である。俺はジュリエット・ケイエムの行為は人種的な侮辱(キリスト教では racism)で厳しく罰されるべきであると審判する。もし彼女が森の発言に反対するならば、彼女は彼女の意見を明確に提示するべきである。

森喜朗の人種はモンゴロイド人種である。彼の人種はアメリカ先住民やイヌイット同じモンゴロイド人種である。ジュリエット・ケイエムが立っているアメリカ大陸は(本来であれば)森と同じモンゴロイド人種の所有物である。

もしジュリエット・ケイエムがケニアからカメルーン人の森喜朗を old ass と人種的に侮辱するならば、その時、その行為は激しい人種的な侮辱として罰されるべきである。森喜朗に対する彼女の発言は限度を超えていて、人種的な侮辱に該当する。一般的に、異人種や異民族を old ass と人種的に侮辱するべきでない。

Born in Los Angeles to Lebanese parents,[3] Kayyem graduated from Harvard University with her bachelor’s degree in 1991 and from Harvard Law School with a Juris Doctor degree in 1995.[4]

https://en.wikipedia.org/wiki/Juliette_Kayyem