コーカサス狩猟採集民(Caucasus hunter-gatherer )

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/ztbgXP6u3pY
広告

 この前まで、俺はコーカサス狩猟採取民と言う単語を知らなかった。けれども、コーカサス狩猟採取民の遺伝子は西部草原牧畜民に影響を残しているように感じる。なぜなら、東部狩猟採取民はコーカサス狩猟採取民と等しい割合で交雑したらしい。中間種が形成されたので、東部狩猟採取民の人種的な形質は大きく変化したように感じる。

広告

コーカサス狩猟採取民

ハプログループ

 俺の認識 コーカサス狩猟採取民はY染色体ハプログループJ1やJ2を持っていた。コーカサス狩猟採取民はミトコンドリアハプログループKやHを持っていた。

Jones et al. (2015) analyzed genomes from males from western Georgia, in the Caucasus, from the Late Upper Palaeolithic (13,300 years old) and the Mesolithic (9,700 years old). These two males carried Y-DNA haplogroupJ* and J2a, later refined to J1-FT34521, and J2-Y12379*, and mitochondrial haplogroups of K3 and H13c, respectively.[9]

https://en.wikipedia.org/wiki/Caucasus_hunter-gatherer

 俺は西ジョージアの雄がコーカサス狩猟採取民であったかを判定することができない。けれども、彼らはJ系統を持っていたらしい。個人的な印象では、俺はコーカサス狩猟採取民はY染色体ハプログループGを持っていたのでないかと感じていたので、上記の英文は俺の感覚に反する。また[9]はちゃんとした論文でないように見える。

また、俺は彼らのミトコンドリアハプログループがU系統でなく、K系統やH系統であったことに意外性を感じた。俺の記憶では、東部狩猟採取民西部草原牧畜民はミトコンドリアハプログループU系統を持っていた。

移動

The CHG lineage descended from a population that split off the base Western Eurasian lineage very early, around 45,000 years ago, that descended separately to Ust’-Ishim manOase1 and European hunter-gatherers; and separated from the “Early Anatolian Farmers” (EAF) lineage later, at 25,000 years ago, during the Last Glacial Maximum.[3].[3] 

https://en.wikipedia.org/wiki/Caucasus_hunter-gatherer

コーカサス狩猟採取民は基底西ユーラシア系統から4万5千年前に分岐した集団の子孫であったらしい。しかし、俺は基底西ユーラシア系統が何であるのかを知らない。俺はこの基底西ユーラシア系統を西部狩猟採取民と読み間違えていた。

また、俺の英文の読み間違いでなければ、コーカサス狩猟採取民はUstとオアセ1と欧州狩猟採取民に遺伝的な影響?を残しているように感じる。俺はdescent to の意味を理解できない。俺はセミコロンの後の英文を理解できないが、コーカサス狩猟採取民が?初期アナトリア農耕民から2万5千年に分岐したように感じる。

At the beginning of the Neolithicum, at c. 8000 BCE, they were probably distributed across western Iran and the Caucasus, [6] and people similar to northern Caucasus and Iranian plateau hunter-gatherers arrived before 6000 BCE in Pakistan and north-west India.[7] Eastern Hunter-Gatherers from the Pontic-Caspian steppes have received admixture from CHGs, leading to the formation of Western Steppe Herders (WSHs).WSHs formed the Yamnaya culture and expanded massively throughout Europe during the Late Neolithic and Early Bronze Age.[8]

https://en.wikipedia.org/wiki/Caucasus_hunter-gatherer

一万年前(氷河期の終わり)には、彼らはイラン西部とコーカサスに分布していた。東部狩猟採取民がコーカサス狩猟採取民と交雑して、西部草原牧畜民を形成した。そのあと、その牧畜民がヤムナ文化を形成して、世界へと拡散して、印欧語族が広がったように感じる。

電飛