ヤムナヤ族は白人の先祖か?スキタイとインド・ヨーロッパ語族

歴史
https://en.wikipedia.org/wiki/Weichselian_glaciation

 白人小人種はコーカサス人種の部分集合である。しかし、白人小人種の先祖は現在においても謎である。例えば、東洋小人種はおそらくモンゴル平原やシベリアで生誕した。

これは東洋小人種によって事実として認識されてきた。なぜなら、彼らの平坦な顔や細い目は寒冷適応によって形成された。そして、氷河期の時代では、モンゴル平原は非常に寒冷な地帯であった。

しかし、氷河期の時代に白人小人種の先祖は欧州大陸で生活できたのだろうか?もし白人小人種の先祖が氷河期の時代でも欧州大陸で生活していたならば、彼らの目や骨格は寒冷適応していてもおかしくない。

 しかし、白人は寒冷適応していない。彼らは少紫外線環境に適応してきた。その地域は主に、欧州大陸である。もし白人小人種の先祖が氷河期に欧州大陸で生活していなかったならば、白人小人種の形成は氷河期の後である。

俺は白人小人種の形成は最近であると審判した。最近とは、氷河期が終わった後、白人小人種の先祖は欧州大陸へと侵入して、土着の人間を抹殺した。その後、彼らは小紫外線環境で生活して、白人小人種が形成された。

その一部は白い肌と青い瞳を持った。俺はこのように考えている。俺は白人小人種の先祖はヤムナヤ族そのもの、またはその近縁種でないかと疑っている。

1:俺の仮説と白人小人種の形成

 俺の仮説 白人小人種の先祖(コーカサス人種)は氷河期の後に欧州大陸へと移動した。その後、白人小人種の先祖は白人小人種として分岐して、形成された。小人種は人種の部分集合である(下位分類)。

 ただし、上記の仮説が成立するためには、いくつかの条件が必要である。

  1. 氷河期の時代の欧州大陸の環境
  2. 小人種の形成の速度

氷河期における欧州大陸の環境と寒冷適応

 白人の目は細くなく、彼らの顔のデザインは平坦でない。この状態に対して、俺は白人は寒冷適応していないと審判した。白人は非常に寒い環境で生活してこなかったので、彼らは寒冷適応してこなかった。俺はこのように結論を下した。

 事実 もしxが白人小人種であるならば、xは寒冷適応していない小人種(非寒冷適応小人種)である。もしxが東洋小人種であるならば、xは寒冷適応した小人種(寒冷適応小人種)である。

では、氷河期の時代の欧州大陸の環境はどのようであっただろうか?さて、上記の画像を見ながら、以下の非常に難解な英文を仕方なく読もう。

Weichselian glaciation[A] refers to the last glacial period and its associated glaciation in northern parts of Europe. In the Alpine region it corresponds to the Würm glaciation. It was characterized by a large ice sheet (the Fenno-Scandian ice sheet) that spread out from the Scandinavian Mountains[2] and extended as far as the east coast of Schleswig-Holstein, the March of Brandenburg and Northwest Russia.

In Northern Europe it was the youngest of the glacials of the Pleistocene ice age. The preceding warm period in this region was the Eemian interglacial. The last cold period began about 115,000 years ago and ended 11,700 years ago.[3]

https://en.wikipedia.org/wiki/Weichselian_glaciation

 上記の画像と英文から、分かることは欧州大陸は氷河で覆われていたことと氷河期が紀元前10000年に狩猟したことである。もし上記の画像を信じるならば、スカンジナビア半島や北ドイツには、人間は住めなかったはずである。

もし彼らがその地域に住んでいたならば、彼らは東洋人のように、寒冷適応したはずである。しかし、繰り返すように、白人は寒冷適応していない。つまり、白人は氷河期の時代に、スカンジナビア半島や北ドイツに住んでいなかった。

上記の画像を見ると、分かるように、欧州大陸の全てが氷河で覆われていなかった。鹿hし、氷河に近い地域は寒かったはずである。冬になれば、氷点下になり怖ろしく寒かっただろう。俺の仮説によると、もし白人小人種の先祖が氷河の近くに住んでいたならば、彼らは寒冷適応しただろう。以上から、俺は白人小人種の先祖は氷河期に欧州に住んでいなかったと結論を下す。

小人種の形成の速度は?

 Yamnaya people dominated Europe from between 5,000 and 4,000 years ago   They had nutritionally rich diets and were tall, muscularand skilled horse riders  They spread rapidly, adapting and massacring their way throughout Europe 

https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6865741/The-violent-group-people-lived.html

 俺は、氷河期の終わりに、白人小人種の先祖は現在のウクライナから欧州大陸へと侵入したと憶測する。上記はヤムナヤ族に関する情報であるが、長身や筋肉質、そして土着の先住民の抹殺は白人種人種の特徴そのものであるように思える。

ウクライナ地域の緯度はモンゴル地域や北海道と同じ程度である。氷河期における白人小人種の先祖の肌の色はモンゴル人と同じくらいであった。モンゴル人は高緯度に住む東洋小人種であるので、彼らの肌の色は東洋人の中では白い。

白人小人種の肌の色も元々白かっただろう。ウクライナの平原から欧州大陸へと侵入して、白人小人種の先祖の肌の色はさらに白色化した。その結果、白人の肌の色が形成された。

 上記では、5000年から4000年前と記載されている。4000年前は夏王朝の時代である。

The work, presented here last week at the 84th annual meeting of the American Association of Physical Anthropologists, offers dramatic evidence of recent evolution in Europe and shows that most modern Europeans don’t look much like those of 8000 years ago.

 The study revealed that a massive migration of Yamnaya herders from the steppes north of the Black Sea may have brought Indo-European languages to Europe about 4500 years ago.

the international team of researchers reported earlier this year that Europeans today are a mix of the blending of at least three ancient populations of hunter-gatherers and farmers who moved into Europe in separate migrations over the past 8000 years

https://www.sciencemag.org/news/2015/02/mysterious-indo-european-homeland-may-have-been-steppes-ukraine-and-russia

 現在の欧州人と8000年前(紀元前6000年)の欧州人は異なる。なぜなら、先祖が異なる。現在の欧州人の先祖はウクライナのステップ地方の子孫である。それに対して、8000年前の欧州大陸の人間はコーカサス人種であったかも不明でないかと俺は憶測する。

上記でも、8000年が重要な期間である。俺の憶測によると、氷河期のあと、ウクライナのステップの人々の移動が活発化して欧州大陸へと移動した。その時点で、白人小人種は形成されてなかったはずである。

欧州大陸へと侵入の後、スウェーデンや北ドイツなどの少ない紫外線の環境、暗い環境、そして森と霧に覆われた環境の中で、白人小人種の形成が進んだ。俺の結論として、白人小人種の先祖はウクライナのステップに住んでいたコーカサス人種であった。

 コーカサス人種はコーカサス山脈で生まれたらしい。一部は南下して、遺伝的に分岐して、中東小人種として形成された。一部は地中海へと移動して、遺伝的に分岐して、地中海小人種として形成された。一部は北上してウクライナのステップあたりで生活した。

氷河期の後、ウクライナの一部が欧州大陸へと移動して、遺伝的に分岐して、白人小人種として形成された。ウクライナ平原のコーカサス人種は欧州大陸行きの集団とウクライナで定住した集団とスキタイになった人間に別れた。

グーペ

2:白人小人種の先祖は?

 加藤の仮説 白人小人種の先祖とは、氷河期の時代にウクライナの平原で生きてきたコーカサス人種である。

 氷河期の終わりに、彼らは3つの集団に分かれた。一番目は欧州大陸行きの集団、2番目はウクライナ平原に定住した集団、3番目はスキタイ人になった集団である。

 俺は欧州白人平原白人スキタイ白人と便宜的に呼ぶ

スキタイとは誰か?〜彼らも白人小人種の先祖〜

 俺の仮説では、スキタイはペルシャ人でなく、遊牧民化した白人小人種の先祖である。氷河期の終わり、スキタイは欧州大陸にも行かず、ウクライナ平原にも定住せずに、馬を家畜化して乗り回した。

 馬の家畜化は紀元前4000年頃に現在のウクライナで始まったと考えられている。食肉を得る目的で家畜化され、馬の背に跨る騎乗の技術が編み出されたのはモンゴルに於いてである。内燃機関登場以前の世界では最速の陸上移動手段として発展を遂げた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/馬の家畜化

馬の家畜化は今から6000千年前、つまり紀元前4000年前である。白人の先祖の一部は欧州大陸へと向かっただろう。

アシュケナジムとは誰か?

 ユダヤ教徒の東欧白人は氷河期の終わりの後にウクライナ平原に定住した白人小人種の子孫である。彼らはスキタイ人と同様に、白人小人種の始祖(ご先祖様)である(これも俺の仮説)。

ユダヤ教徒の東欧白人は遺伝的にも宗教的にも白人種の始祖でないかと俺は憶測する。一部の人間は彼らはトルコ人でないかと疑ってきた。俺はこの意見に反対である。

トルコ人とユダヤ教徒の東欧白人が共通した遺伝子を持つのは、ウクライナ平原で定住した白人小人種が南下してアナトリア半島の地中海小人種と混血した。その結果、トルコ人とユダヤ教徒の東欧白人は共通した先祖を持つようになった。

 俺の印象によると、トルコ人の一部の先祖がウクライナ平原に定住した白人小人種である。一般的に、北方の人間は遺伝的に優秀であるので、彼らは南下して土着の人間と混血する。要するに、上記のユダヤ教徒の白人の集団はトルコ人を征服した。

ユダヤ教徒の白人の先祖がトルコ人でなく、トルコ人の一部の先祖がユダヤ教徒の白人である。ベトナム人の一部が東洋人の遺伝子を持つように、トルコ人の一部はユダヤ教徒の白人の遺伝子を持つ。

インド・ヨーロッパ語族

 この言語の成立から崩壊までの期間は先史時代に当たり、文字が存在せず、全て口伝により子孫へと受け継がれたため、直接の記録が一切残っていない。そのため、派生した言語からの推定により再構が進められている。 クルガン仮説によれば6000年前ロシア南部で、アナトリア仮説によれば9000年前にアナトリアで話されていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/インド・ヨーロッパ語族#イタリック語派

 俺の仮説によると、インド・ヨーロッパ語族を作ったのは、白人小人種の先祖である。彼らは北方の人間であり、彼らは南方の人間を言語的に侵略する形でインド・ヨーロッパ語族を広めてきた。日本語自体も遊牧民の言語と類似しているらしいので、日本語も北方由来であるだろう。

ペルシャ人がインド・ヨーロッパ語族であるのは、彼らが白人小人種によって言語的に征服されたからである。これは黒人が英語を話していることに似ている。英語それ自体がゲルマン民族によるブリテン島の侵略と征服の結果である。イギリス民族の言語は英語でなかったはずである。

 グーペ

まとめ〜白人の物語〜

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハザール
  1. 氷河期の時代、白人小人種の先祖はウクライナ平原で生活していた。
  2. 氷河期が終わった後、白人小人種の先祖は3つの集団に分かれた。一番目の集団は欧州大陸行き、2番目の集団はその平原に引き続き定住した、3番目の集団はスキタイ人になった(または遊牧民化した)。
  3. 欧州白人は土着の原住民を抹殺して定住した。そこで、白人小人種の先祖は白人小人種として平原白人から遺伝的に分岐して、白人小人種が形成された。その後、彼らは数千年かけて各民族へとさらに分岐した。イギリス民族、ケルト民族、ゲルマン民族、西スラブ民族、東スラブ民族(彼らは平原白人でもある)が形成された。
  4. ウクライナ平原に定住した平原白人はハザール国でユダヤ教徒に回収した。スキタイ化した集団は各地を暴れまわり土着の人間たちに吸収された。
タイトルとURLをコピーしました