ヤムナヤ族(ヤムナ族)は白人の先祖か?スキタイとインド・ヨーロッパ語族

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/1y6xSXuiVHU
広告

 以下では、俺はヤムナヤ族が何であったのかを憶測する。その後、俺はヤムナヤ族が白人の先祖であったのかを憶測する。

広告

ヤムナヤ族

ヤムナヤ族

 ヤムナヤ族:ヤムナヤ族はY染色体ハプログループRを持っていただろう。

 ヤムナヤ族はY染色体ハプログループRを持っていただろう。俺の語族の数え上げ仮説によると、Y染色体ハプログループRは印欧語族に対応する。だから、ヤムナヤ族は印欧語族を持っていただろう。

白人小人種はコーカサス人種の部分集合である。しかし、白人小人種の先祖は現在においても謎である。例えば、東洋小人種はおそらくモンゴル平原やシベリアで生誕した。

Y染色体ハプログループRは欧州人のY染色体か?

 俺の憶測Y染色体ハプログループRは欧州人系統(コーカサス人種系統)のY染色体ハプログループでない可能性がある。

 Y染色体ハプログループRは欧州人系統(コーカサス人種系統)のY染色体ハプログループでない可能性がある。Y染色体ハプログループRはY染色体ハプログループQとの共通祖先QRまたはY染色体ハプログループPを持ち、その先祖の発祥地はおそらくアジア(東洋地域や東南アジア地域)であった。

だから、Y染色体ハプログループRはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループでない可能性がある。つまり、ヤムナヤ族の父系先祖は欧州人系統でない可能性がある。Y染色体ハプログループIが欧州人(欧州人系統)のY染色体ハプログループであったかもしれない。

ヤムナヤ族は白人(欧州人)であったか?

 俺の憶測:ヤムナヤ族は人種形質的には既に白人(欧州人)であっただろう。

 ヤムナヤ族は人種形質的には既に白人(欧州人)であっただろう。個人的な印象では、俺はヤムナヤ族のY染色体ハプログループRはコーカサス人種系統でない可能性があると憶測する。けれども、ウクライナ平原で生活していたヤムナヤ族や印欧語族を持つ人々はすでに人種形質的には既に白人(欧州人)であっただろう。

言い換えると、ヤムナヤ族は父系ではおそらくアジア発祥のY染色体ハプログループを持ち、母系では欧州人やコーカサス人種系統の遺伝子を持っていた。だから、彼らの人種的な形質(つまり見た目)は欧州人的(白人的)であった。

白人(欧州人の形成)

Y染色体ハプログループI系統

 Y染色体ハプログループI系統:Y染色体ハプログループI系統は氷河期の終わりの後に欧州大陸で遺伝的に形成された。

 Y染色体ハプログループI系統は氷河期の終わりの後に欧州大陸で遺伝的に形成された。欧州人のY染色体ハプログループはI系統とY染色体ハプログループはR系統が主流であるように思える。それに加えて、Y染色体ハプログループE系統やY染色体ハプログループはJ系統やY染色体ハプログループG系統やY染色体ハプログループはT系統がまばらに存在してきた。

俺の印象では、欧州人(北欧人やバルカン人)のY染色体ハプログループはI系統である。欧州人は寒冷適応していないので、彼らは氷河期の時代には、北欧でなく、もう少し南方あたりで生きてきただろう。欧州人の肌色の白色化は氷河期の終わりの後であったはずである。

実際、欧州人の顔は平たくなく、コーカサス人種系統の彫り深い顔立ちである。なぜなら、彼らは寒冷適応をしなかった。砂漠のような乾燥と比較的な温暖な地域で生きてきたことを暗示する。ヤムナヤ族を除く欧州人の形成自体が氷河期の終わりであって、かつヤムナヤ族の流入と抹殺が生じて、現在の欧州人のあり方が生じた。

Y染色体ハプログループR系統

 Y染色体ハプログループR系統:氷河期の終わりの後、Y染色体ハプログループRは欧州大陸へと流入して、Y染色体ハプログループI以外の原住民を抹殺した。

 氷河期の終わりの後、Y染色体ハプログループRは欧州大陸へと流入して、Y染色体ハプログループI以外の原住民を抹殺した。上記でも述べたように、そのとき、ヤムナヤ族はすでに白人であっただろう。そして、抹殺された原住民はアナトリア半島を先祖に持ち農耕を欧州へと持ち込んだY染色体ハプログループGであったかもしれない。

ヤムナヤ族はモンゴル民族のように牧畜を得意としていたはずである。Y染色体ハプログループIは狩猟民族であった。Y染色体ハプログループGは農耕民族であった。ヤムナヤ族によって完全に抹殺されたのはY染色体ハプログループGであっただろう。

 Yamnaya people dominated Europe from between 5,000 and 4,000 years ago   They had nutritionally rich diets and were tall, muscularand skilled horse riders  They spread rapidly, adapting and massacring their way throughout Europe 

https://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-6865741/The-violent-group-people-lived.html

上記では、ヤムナヤ族は高身長であり、かつ筋肉質であるとされている。俺の印象では、この性質は欧州人の性質であって、ヤムナヤ族に特有の性質でない。実際、北欧人はヤムナヤ族でないが、彼らも高身長であり、かつ筋肉質であってきた。

欧州へのヤムナヤ族の流入

The work, presented here last week at the 84th annual meeting of the American Association of Physical Anthropologists, offers dramatic evidence of recent evolution in Europe and shows that most modern Europeans don’t look much like those of 8000 years ago.

 The study revealed that a massive migration of Yamnaya herders from the steppes north of the Black Sea may have brought Indo-European languages to Europe about 4500 years ago.

the international team of researchers reported earlier this year that Europeans today are a mix of the blending of at least three ancient populations of hunter-gatherers and farmers who moved into Europe in separate migrations over the past 8000 years

https://www.sciencemag.org/news/2015/02/mysterious-indo-european-homeland-may-have-been-steppes-ukraine-and-russia

原住民の抹殺

 原住民の抹殺:ヤムナヤ族が欧州へと流入した後、欧州大陸の原住民(先住民)の一部(Y染色体ハプログループG?)が完全に抹殺された。

 ヤムナヤ族が欧州へと流入した後、欧州大陸の原住民(先住民)の一部(Y染色体ハプログループG?)が完全に抹殺された。俺の憶測では、ヤムナヤ族が流入する前に、Y染色体ハプログループIとY染色体ハプログループG(その他EやJなど)が欧州大陸に先住民として住んでいただろう。

しかし、ヤムナヤ族の流入の後、Y染色体ハプログループI以外の先住民の大部分は抹殺されただろう。ヤムナヤ族が牧畜民族であることを考慮するとき、雄が虐殺されて、雌は強姦されただろう。個人的な印象では、俺はY染色体ハプログループRは母系から欧州人の遺伝子を受け継いでいるように感じた。

言語置換

 言語置換:ヤムナヤ族が欧州へと流入した後、言語置換がY染色体ハプログループI及び言語置換GからY染色体ハプログループR(印欧語族)へと生じた。

 ヤムナヤ族が欧州へと流入した後、言語置換がY染色体ハプログループI及びY染色体ハプログループGからY染色体ハプログループR(印欧語族)へと生じた。もともと、北欧人(Y染色体ハプログループI)の言語は印欧語族でなかった。北欧人の言語はゲルマン語の基層言語として現在でも残っているかもしれない。