アシュケナジムユダヤ人は白人かトルコ人かスキタイか?ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/TxXshuEsb2A
広告

 白人社会では、「jew」と呼ばれる人々が存在してきた。しかし、宗教的に無関係な有色人の大部分はこの人々は白人でないのかと疑ってきた。以下では、俺はアシュケナジムユダヤ人が誰であるのかを提示するつもりである。また、俺は「jew」は「ユダヤ教徒」と日本語訳される必要があると強く主張する。

Scientists reveal Jewish history's forgotten Turkish roots
Israeli-born geneticist believes the Turkish villages of Iskenaz, Eskenaz and Ashanaz were part of the original homeland for Ashkenazic Jews
広告

アシュケナジムユダヤ人

アシュケナジムユダヤ人

 アシュケナジムユダヤ人:アシュケナジムユダヤ人はユダヤ教を信仰してきたほぼ欧州人(白人)である。

 アシュケナジムユダヤ人はユダヤ教を信仰してきたほぼ欧州人(白人)である。アシュケナジムユダヤ人の人種はコーカサス人種であり、アシュケナジムユダヤ人の小人種はほぼ欧州小人種である。アシュケナジムユダヤ人の民族はごちゃごちゃ交雑しているので、不明である。

上記では、俺は「ほぼ」という単語を使用した。なぜなら、アシュケナジムユダヤ人の一部は中東人でなく地中海人に似ているように感じる。個人的には、俺はアシュケナジムユダヤ人はセム人(中東人)でなく、古代ギリシア人や古代ローマ人の末裔に遺伝的に近いのでないかと疑っている。

先祖は?

 俺の憶測:アシュケナジムユダヤ人の遺伝的な先祖には、ユダヤ教を信仰してきたアラブ人(セム人)が存在してた可能性がある。

 アシュケナジムユダヤ人の遺伝的な先祖には、ユダヤ教を信仰してきたアラブ人(セム人)が存在してた可能性がある。アシュケナジムユダヤ人は現在では中東人でなく欧州人である。実際、アシュケナジムユダヤ人の肌の色は白く、彼らの人種的な形質はほぼ欧州人である。

例えば、大和民族はY染色体ハプログループDを持っているが、彼らの人種的な形質は新モンゴロイド人種である。同様に、アシュケナジムユダヤ人がY染色体ハプログループJを持っていてもおかしくないだろう。けれども、たとえアシュケナジムユダヤ人がY染色体ハプログループJを持っていたとしても、アシュケナジムユダヤ人の大部分は遺伝的には中東人でなく、欧州人に近い。

Y染色体ハプログループ

 Y染色体ハプログループ:たとえアシュケナジムユダヤ人のY染色体がY染色体ハプログループJに所属するとしても、アシュケナジムユダヤ人の人種的な形質はほぼ白人(欧州人)である。

 たとえアシュケナジムユダヤ人のY染色体がY染色体ハプログループJに所属するとしても、アシュケナジムユダヤ人の人種的な形質はほぼ白人(欧州人)である。一部の人々はY染色体ハプログループやミトコンドリアDNAを利用して、アシュケナジムユダヤ人がセム人であることを証明しようとする。

けれども、Y染色体ハプログループやミトコンドリアDNAは人種的な形質にはあまり関係しない。なぜなら、たとえアシュケナジムユダヤ人の先祖がY染色体ハプログループJ系統であるとしても、もし彼らが欧州人の雌と交雑し続けるならば、アシュケナジムユダヤ人の人種的な形質は欧州人のそれになる。

実際、Y染色体ハプログループRが欧州人系統(コーカサス人種系統)であるのかも不明である。例えば、上記でも述べたが、大和民族のY染色体ハプログループはD系統であり、このD系統は新モンゴロイド人種系統でない。けれども、大和民族の人種的な形質は新モンゴロイド人種である。

なぜユダヤ教徒がユダヤ人になるか?

構成的民族観

 構成的民族観:欧州人は民族を人工的に構成しようとするので、ユダヤ教徒でなく “ユダヤ人” が生じる。

 欧州人は民族を人工的に構成しようとするので、ユダヤ教徒でなくユダヤ人が生じる。例えば、ウイグル人やツチ族やフツ族が構成的民族観の結果として生じた。同様に、欧州人はユダヤ人を人工的に構成したので、ユダヤ人が生じた。

 さらに研究チームは、共有されている遺伝子セグメントの長さにもとづき、現代のアシュケナジム系ユダヤ人集団が、いまから25~32世代前の約600~800年前に「ボトルネック」(集団内個体数の激減)を経験していたことを特定した。

https://wired.jp/2014/10/02/ashkenazi-jewish-population-has-distinctive-yet-similar-genomes/

上記の情報が正しいならば、構成的民族観におけるアシュケナジムユダヤ人の民族の歴史は数百年程度である。すなわち、彼らはここ数百年の間に生じた人工的に構成された民族である。アシュケナジムユダヤ人は生物のように遺伝的な分岐の結果として生じた民族でない。

例えば、欧州人は「ユダヤ人とはユダヤ教徒の両親から生まれる民族である」という定義を使用して、アシュケナジムユダヤ人を科学実験のように人工的に構成しようとする。けれども、この種の構成は遺伝的な分岐の結果として生じた種でなく、科学実験における物質の構成に似ている。個人的な感覚では、人種や小人種や民族は数百年の遺伝的な分岐では生じないと感じる。

人工と自然の混同

 人工と自然の混同:欧州人が自然と人工を生得的に区別できないように見える。

 欧州人が自然と人工を生得的に区別できないように見える。例えば、国民や教徒は動物園の所属と同じである。それに対して、人種と民族と性別はホッキョクグマの生物種に対応する。アメリカンやジューはアメリカ国民やユダヤ教徒である。

たとえホッキョクグマが東京動物園に所属するとしても、そのクマは東京熊でない。白人の自己認識は自然と人工が入り混じるので、非常に奇妙である。人工と自然は互いに対立しないので、ユダヤ教徒かつ白人小人種が成立する。

白人は文字や音声に弱い。白人は彼ら自身がアメリカ人やユダヤ人と呼ばれると、彼らはそう信じてしまう。彼らは彼ら自身がアメリカ人やユダヤ人の定義を満足するとき、彼らは自己に対する幾何学的な認識を忘れる。