アシュケナジムユダヤ人は白人かトルコ人かスキタイか?ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/ハザール

 Jewの日本語訳はユダヤ人でなく、 ‘ ユダヤ教徒 ‘ である。無宗教の東洋人がアシュケナージユダヤ人?と呼ばれる白人を見るとき、東洋人は彼らは誰であり、彼らの先祖は誰であるかと疑問に思う。少なくとも、東洋人は彼らは古代のユダヤ教徒のコーカサス人種(おそらく彼らは中東小人種)と関係ないように見える。

上記のつぶやきで、朝鮮人1/4のキリスト教徒の東洋人はアシュケナージユダヤ人?がトルコ人であると呟いた。さらに、ユダヤ人の起源では、ユダヤ教徒の白人の著者は彼らがユダヤ人であることを否定するような記述を残した。では、彼らは一体誰であるのだろうか?

白人は物事を人工的に構成するが、物事を認識したり、把握することを苦手とする。俺の勝手な印象によると、たとえ白人がユダヤ教徒の白人の遺伝子を調査するとしても、その科学的な情報を人間の認識や把握を白人に与えない。だから、白人は白人は誰であるかといつまでも自己認識できないだろう。

ユダヤ人の起源 歴史はどのように創作されたのか (ちくま学芸文庫) [ シュロモー・サンド ]

0:共通認識に関する前提

 人種の下位分類として、コーカサス人種は中東小人種と地中海小人種と白人小人種の3つに分類される。彼らは南北でなく、東西に広く分布する。

中東小人種は北アフリカ民族、エジプト民族、アラブ民族、ペルシャ民族、北インド民族に分類される。地中海小人種はイベリア民族、イタリア民族、バルカン民族、トルコ民族に分類される。白人小人種はイギリス民族、ケルト民族、ゲルマン民族、西スラブ民族、東スラブ民族に分類される。

俺らが人種について考えるとき、俺らは人種を大局から局所へと把握するように捉える(フラット・アースの注意点)。これを区間縮小法と便宜的に呼ぶ。また、俺らが人種を考えるとき、ガス球体のように幾何学的に考える。

 アシュケナジムユダヤ人はコーカサス人種であることは確定である。だから、区間縮小法により、彼らは中東小人種か地中海小人種か白人小人種か、それらの混血であるかである。以下では、ユダヤ教徒の東欧白人を主に扱い、無視できる混血を摩擦として除外する。

1:アシュケナージユダヤ人は白人

https://ja.wikipedia.org/wiki/ハザール

 アシュケナージユダヤ人は古代のユダヤ教徒の末裔であり、中東におけるユダヤ民族の離散の後、迫害を逃れて東欧へと逃れた。彼らの歴史は一般的にこのように語られてきた。もちろん、東欧へと侵入の後、彼らは土着の人間と混血して、白人化したという歴史観も存在するかもしれない。

しかし、俺はこの種の意見に反対する。俺はアシュケナージユダヤ人は古代のユダヤ教徒の遺伝子を持っているかも知れないが、彼らはもともと白人であったと審判する。俺の印象によると、アシュケナージユダヤ人は彼らの先祖をうまく把握できないので、彼らの視点の位置が狂ってしまう。

では、アシュケナージユダヤ人は彼らの先祖をどのように把握すべきであるのだろうか?それには、白人小人種の先祖の歴史に関する憶測が必要である。

1:白人小人種の先祖史〜氷河期〜

 氷河期の時代、白人小人種の先祖は欧州大陸でなく、ウクライナ平原で生きていた。氷河期が終わった後、モンゴル平原の東洋小人種の先祖が中間へと南下したように、白人小人種の先祖は欧州大陸へと移動した。現在のモンゴル人がモンゴル平原に止まってモンゴル人になったように、白人小人種の先祖の一部はウクライナ平原に止まった。一部はスキタイ人として暴れた。

氷河期の終わりの後、白人小人種の先祖は欧州大陸へと移動した。彼らはその土地の原住民を虐殺、抹殺した。現在の白人の米国民がアメリカモンゴロイド人種を虐殺抹殺してアメリカ人を名乗るように、彼らは欧州人を名乗った。彼らは欧州へと数千年住んで、強く白色化した(ウクライナ平原はモンゴル平原と同じ緯度であるので彼らの先祖はもともと白かっただろう)。彼らは白人小人種として遺伝的に分岐した。

一方、ウクライナ平原に止まった白人小人種の先祖も存在した。彼らは欧州大陸へと移動した白人小人種の先祖ほど強く白人化しなかった。彼らは白人小人種の先祖の形質を強く残した。俺はウクライナ平原に止まった集団の一部がアシュケナージユダヤ人であると憶測する。彼らの民族系統は東スラブ民族である。東洋人では、モンゴル人が彼らに対応する。

2:アシュケナージユダヤ人は誰か?

 アシュケナージユダヤ人は氷河期の後にウクライナ平原に止まった白人小人種の先祖の子孫である。彼らの業績はインド・ヨーロッパ語の創造と馬の牧畜であるように見える。彼らは白人小人種の遺伝的な始祖に近い。

俺の憶測によると、彼らは白人種小人種の先祖が欧州大陸で完全に白人化する前の見た目と性質を残してきたように思える。彼らがユダヤ教徒になったのはハザール国であったはずで、彼らの改宗は比較的に遅い。

 グーペ

 2:よくある勘違い?

1:アシュケナージは中東小人種

 ユダヤ教徒の白人種の小人種は中東小人種でなく、白人小人種である。なぜなら、彼らは紫外線量の少ない地域で生活してきたので、彼らの肌の色は中東小人種の肌の色と異なる。もし彼らが中東小人種であるならば、彼らの肌の色はより黒い。

しかし、彼らの肌の色は白く黒くない。この事実は彼らが中東小人種でないことを示している。彼らの人種はコーカサス人種であるので、彼らは地中海小人種か白人小人種である。

では、彼らはトルコ人やイタリア人と同じ地中海小人種であるだろうか?

2:アシュケナージはトルコ人か?

 上記のつぶやきでは、アシュケナージがトルコ人と同じ遺伝子を持つと指摘された。しかし、この指摘から、彼らがトルコ人であると推論すべきでない。なぜなら、アシュケナージがウクライナ平原から南下してトルコ人を征服した結果、トルコ人の一部が白人の遺伝子を持った可能性も存在する。

北ベトナム人の一部は東洋人の遺伝子を持つ。なぜなら、東洋人は東南アジア人よりも文明的かつ軍事的に優秀であってきて、彼らを征服してきた。同様に、アシュケナージがトルコ人よりも北方の民族であるので、トルコ人を征服した。

その結果、トルコ人の一部はアシュケナージと同じ遺伝子を持つ。

3:白人とちょっと顔が違うように見える

 アシュケナージユダヤ人と呼ばれる白人を見るとき、彼らの一部は他の白人と異なるように見える。彼らの気質だけでなく、彼らの目元は少し地中海人種っぽい。正確には、彼らの目元はアルメニア人っぽい。彼らの特徴は鼻でなく目である。

この理由には、人工的な理由と遺伝的な理由が存在する。人工的な理由には、宗教間の婚姻が存在する。その結果、彼らは遺伝的に濃いので、劣勢遺伝子が強く表現されているように見える。

遺伝的な理由では、彼らの先祖がウクライナ平原に留まり続けてきた。だから、彼らは欧州大陸の白人と少し違う。

4:西側のユダヤ教徒の白人と東側のユダヤ教徒の白人

 ユダヤ教徒のコーカサス人種は主にユダヤ教徒の白人小人種と地中海小人種である。しかし、西側のユダヤ教徒の白人、フランスやイギリスにおけるユダヤ教徒の白人はドイツを含む東欧の白人と異なる先祖を持つように思える。

西側の白人は、ユダヤ教徒の地中海人種が地中海から北上して白人と混血して白人化した。彼らはもともと地中海人種であったが、彼らは現地人と混血して、遺伝子構成のほとんどは白人である。そのユダヤ教徒の地中海人種が古代のユダヤ教徒とどのような関係が存在しかは不明である。

彼らもまた東欧の白人のようにどこかで改宗したかもしれない。

5:古代のユダヤ教徒の人種は何か?

 古代のユダヤ教徒の人種はコーカサス人種であったはず。しかし、彼らの小人種は確定的でない。イエスの復元画を見ると、彼の顔は中東小人種であるように見える。だから、アラブ人的であったと憶測することはそれほど間違いでない。

しかし、中東地域へと南下した地中海人種や彼らと中東小人種との混血であった可能性もある。古代のユダヤ教徒の大部分が白人でないことは確定的である。

 グーペ

3:なぜ白人の自己認識は意味不明か?

 東洋人が白人の自己認識に接するとき、彼らは奇妙な感覚を覚える。以下で、俺はその原因を提示しよう。

1:主語に対する認識能力の低さ

 インド・ヨーロッパ語族は主語を認識できない。彼らは彼ら自身が誰であるかを認識できない。その結果、ユダヤ教徒の白人は彼ら自身をユダヤ人であると認識している。

彼らはなぜかユダヤ人の定義に執着する。しかし、最も重要なことは定義でなく認識である。たとえ君が数の定義を知るとしても、もし君が数を認識できないならば、その定義は無意味である。

2:世界に対する把握能力の欠如と構成

 白人にとって、世界は認識、把握されるものでなく、言葉で人工的に構成されるものである。彼らは彼ら自身の自己認識ですら構成しようとする。だから、彼らはユダヤ人をウイグル人を人工的に構成する。しかし、彼らは構成された自己認識を把握しようとしないので、意味不明な自己認識が蔓延する。

科学における遺伝子研究は数理情報の人工的な構成である。たとえ白人が遺伝子を研究するとしても、その情報がきちんと把握されないならば、白人は正しい自己認識を獲得できない。白人は主語に対する自己認識能力を持っていないので、遺伝子研究はうまく機能してこなかった。

3:人工と自然の混同〜人種と教徒〜

 白人は自然と人工を区別できない。例えば、国民や教徒は動物園の所属と同じである。それに対して、人種と民族と性別はホッキョクグマの生物種に対応する。アメリカンやジューはアメリカ国民やユダヤ教徒である。

たとえホッキョクグマが東京動物園に所属するとしても、そのクマは東京熊でない。白人の自己認識は自然と人工が入り混じるので、非常に奇妙である。人工と自然は互いに対立しないので、ユダヤ教徒かつ白人小人種が成立する。

4:文字や音声に弱い

 白人は文字や音声に弱い。白人は彼ら自身がアメリカ人やユダヤ人と呼ばれると、彼らはそう信じてしまう。彼らは彼ら自身がアメリカ人やユダヤ人の定義を満足するとき、彼らは自己に対する幾何学的な認識を忘れる。

5:先祖の欠如 

 白人は先祖を把握することを苦手とする。その結果、彼らの自己認識は先祖を持たない自己認識である。ユダヤ教徒の白人は彼らの遺伝的な先祖を把握する能力を持っていないように思える。

先祖は人工的に構成されるものでなく、人間の脳によって把握されるものである。白人はこの把握という行為を苦手とする。だから、彼らは彼ら自身が誰であるかがわからなくなる。

タイトルとURLをコピーしました