チェダーマン(Cheddar Man)はY染色体ハプログループI(I2)〜青い眼と黒い肌〜

コーカサス人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Cheddar_Man#/media/File:Cheddar_Man_upper_body.JPG
広告

Analysis of his nuclear DNA indicates that he was a typical member of the western European population at the time, with lactose intolerance, probably with light-coloured eyes (most likely green but could be blue or hazel), dark brown or black hair, and dark to black skin.[2]

Brown eyes, lactose tolerance, and light skin are common in the modern population of the area. These genes came from later immigration, most of it ultimately from two major waves, the first of Neolithic farmers from the Near East, another of Bronze Age pastoralists, most likely speakers of Indo-European languages, from the Pontic steppe.[2][6]

Cheddar Man’s Y-DNA belonged to an ancient sister branch to modern I2-L38 (I2a2).[2] The I2a2 subclade is still extant in males of the modern British Isles and across other parts of Europe. 

https://en.wikipedia.org/wiki/Cheddar_Man

 チェダーマンは青い眼と黒い肌を持っていたらしい。以下では、俺はチェダーマンに対する俺の認識を提示する。

広告

チェダーマン

Y染色体ハプログループ

 俺の認識 チェダーマンがY染色体ハプログループI(I2)を持っていたことは俺にとって自然である。

 俺の印象では、欧州では、Y染色体ハプログループC1(C1a2)が初期の原住民である。その次に、Y染色体ハプログループIが原住民である。その次には、Y染色体ハプログループG、またはY染色体ハプログループEやY染色体ハプログループJが流入していたように思える。最後に、Y染色体ハプログループRが欧州へと流入した。

個人的な印象では、たとえチェダーマンがY染色体ハプログループC1(C1a2)であるとしても、俺はその事実に驚かない。もしチェダーマンがY染色体ハプログループGであったならば、俺は彼は農耕民であっただろうと感じる。

形質

 俺の認識 チェダーマンが青い眼を持っていた事実は俺にとって自然であるが、彼が黒い肌を持っていた事実は俺にとって予想外である。

 Y染色体ハプログループIが青い眼に関係するのかは不明である。しかし、たとえそれが事実であるとしても、その事実はチェダーマンが青い眼を持っていたことに反しない。しかし、チェダーマンが黒い肌、または浅黒い肌を持っていたことは非常に不思議である。個人的には、チェダーマンの肌色は黒でなく、浅黒いや茶色であったように思える。

なぜなら、ブリテン島の緯度は高く、肌の色が紫外線量の影響を受けると考えると、その憶測はチェダーマンが黒い肌、または浅黒い肌を持っていたことに反する。個人的な印象では、青い眼も白い肌も紫外線量の少ない地域で発達したように感じる。

ただし、氷河期が終わった後に、気温が上昇して、氷河が融解して、霧が欧州を覆った結果、紫外線が霧で防御されて、欧州大陸の人々が白い肌を獲得したのかもしれない。もしチェダーマンが現代まで生きていたならば、寒冷適応によって、彼の子孫の肌の色も白くなっていただろう。