アーリア人

コーカサス人種
https://unsplash.com/photos/7SokKNHZu54
広告

 アーリア人とは、Y染色体ハプログループRを持つコーカサス人種である。より正確には、アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。感覚的には、アーリア人とは白人(欧州人)である。以下では、俺はアーリア人いついて述べるつもりである[意志]

広告

定義

定義

 俺系統の認識(定義) アーリア人とは、Y染色体ハプログループR及び印欧語族を持つコーカサス人種である。

 アーリア人は西アーリア人と東アーリア人に分類される。西アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1b及び印欧語族を持つコーカサス人種である。東アーリア人とは、Y染色体ハプログループR1a及び印欧語族を持つコーカサス人種である。

西欧の白人と東欧の白人がアーリア人である。また、イベリア人やイタリア人やギリシア人を含む西地中海人の一部はアーリア人である。また、ペルシャ人の人種はコーカサス人種でありペルシャ人はY染色体ハプログループR1a及び印欧語族をを持つので、アーリア人である。前者は狭義のアーリア人であり、後者は広義のアーリア人である。その中間が地中海人である。

インド人はY染色体ハプログループR1a及び印欧語族を持つが、彼らの人種はコーカサス人種でない。また、アラブ人を含む中東人の人種はコーカサス人種であるが、中東人はY染色体ハプログループRを持たない。中東人はY染色体ハプログループJやY染色体ハプログループEを持つ。また、地中海人の一部もY染色体ハプログループEを持つので、アーリア人でない。

宗教

 俺系統の認識 アーリア人の宗教は多神教である印欧神話である。

 例えば、ギリシア神話やゾロアスター教がアーリア人の神話である。それに加えて、ローマ神話やゲルマン神話もアーリア人の宗教である。その神の言葉は印欧語族によって書かれている。

北欧神話は不明である。エジプト神話も多神教であり、Y染色体ハプログループEの宗教である。それに対して、ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教はセム人の宗教である。その宗教は一神教である。

性質

 俺系統の認識 アーリア人は軍事とテクノロジーに長けている。

 口語的には、アーリア人は戦争に強く、科学や数学を必要とするテクノロジーにも強い。実際、近代科学及び近代数学の発展は西アーリア人の業績である。古代では、地中海における西アーリア人が科学や数学を発達させた。戦争では、ローマ帝国はフェニキア人に勝利した。ローマ帝国はコンクリート技術にも長けていた。

近代における大英帝国やフランス、そしてアメリカ合衆国は戦争に非常に強くあってきた。彼らは近代科学や近代数学を応用して、商品の自動的な製造や最新兵器の開発、移動テクノロジーや通信テクノロジーや医療テクノロジーを著しく発達させた。アーリア人は軍事とテクノロジーに長けているので、彼らは王様や統治者になりやすい。けれども、彼らが統治者として優秀であるのかは不明である。

生活形態として、アーリア人は農耕民でなく牧畜民である。彼らは文字を残してこなかった。アーリア人は狩猟民族でない。アーリア人の生活形態はヤムナ文化である。近代では、西アーリア人は産業革命を引き起こして、商品の自動的な製造を達成した。ただし、アーリア人は自己の強力な宗教を創造することができなかった。彼らはテクノロジーに長けているが、ソサエティに長けていない。そのため、彼らは善悪や金融や商業、国家や文明を取り扱うことをあまり得意としない。アーリア人は戦争に強いが、生存競争にそれほど強くない可能性がある。

運動

西アーリア人の運動

 西アーリア人はヤムナ文化の主体であった。5000年前から4000年前に、西アーリア人はウクライナ平原から欧州へと侵攻した。彼らは先住民であった初期欧州農耕民を絶滅させたか、遺伝的に取り込んだ。また、彼らは原住民であったY染色体ハプログループIをバルカン半島と北欧に追い込んた。

4000年前に、西アーリア人はイベリア半島へと侵攻した。そこで、彼らはイペリア半島におけるY染色体ハプログループをY染色体ハプログループR1bへと置換した。さらに、西アーリア人はイタリア半島へも侵入しただろう。2800年前に、Y染色体ハプログループR1bを持つエトルリア人はエトルリア文化を形成した。2700年前に、おそらくY染色体ハプログループR1bを持ったアレクサンドロス大王は帝国を形成した。その後、ローマ人と呼ばれた西アーリア人はイタリア半島を統一して、ローマ帝国を築いた。ローマ人と呼ばれた西アーリア人はおそらくY染色体ハプログループを持ったフェニキア人と戦争して勝利した。

1700年前に、ローマ人と呼ばれた西アーリア人はキリスト教に敗北して、彼らの印欧神話を失った。その後、ローマ帝国はゲルマン民族と呼ばれた西アーリア人によって崩壊した。さらに、欧州における西アーリア人はキリスト教へと改宗していって、西アーリア人は彼らの印欧神話を完全に失った。

東アーリア人の運動

 4000年前から3500年前に、東アーリア人はインド大陸、またはその周辺へと侵攻した。3000年前に、東アーリア人はペルシャへと侵入した。2500年前に、東アーリア人はアケメネス朝ペルシャを建国した。東アーリア人の帝国はペルシャと中東、アナトリアとエジプトを支配した。東アーリア人はゾロアスター教を信仰した。しかし、その帝国はおそらく西アーリア人のアレクサンドロス大王によって滅亡させれた。

その後、東アーリア人はアルサケス朝パルティアを建国した。さらにその後、ペルシャ農耕民系がササン朝ペルシャを建国した。彼らが東アーリア人であったかは不明であるが、彼らは東アーリア人の創造主、つまりゾロアスター教と呼ばれる印欧神話を信仰した。ペルシャでは、2500年前から、600年までの約1000年間、アーリア人の印欧神話が信仰された。

イスラム帝国が勃興した後、ササン朝ペルシャは滅亡して、ペルシャ人はイスラム教に改宗して、彼らはイスラム教徒になった。東アーリア人も西アーリア人と同様に、セム人の創造主(セム人の父)に敗北した。その後、ペルシャはイスラム地域になった。

電飛

内部電飛