西部狩猟採集民(Western Hunter-Gatherer)〜チェダーマン〜

コーカサス人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Cheddar_Man#/media/File:Cheddar_Man_upper_body.JPG
広告
広告

西部狩猟採集民

人種的な形質

 俺の認識 西部狩猟採集民は青い眼と暗い肌を持っていた。

 上記の事実?は俺の「感覚」に反する。なぜなら、青い眼も白い肌も高い緯度で生まれたと感じる。もしある主体が青い眼を持つならば、その主体は強い日差しを見続けることができない。だから、その主体は北方に住んでいる。また、もしある主体が白いを持つならば、その主体は紫外線量の低い地域、つまり北方に住んでいる。俺はこのように推測する。

にも関わらず、西部狩猟採集民は暗い肌と青い眼を持ってる。暗い肌はそれを持つ先祖が紫外線量の多い地域に住んでいたことを暗示する。俺は暗い肌と青い眼は何らかの交雑の結果を暗示しているように感じてしまう。

ハプログループ

 俺の認識 西部狩猟採集民はY染色体ハプログループIとミトコンドリアハプログループUを持っていた。

 個人的には、俺はこの西部狩猟採集民が欧州大陸における自然なホモ・サピエンスの一つであるように感じる。Y染色体ハプログループIが欧州大陸における自然なホモ・サピエンスの一つである。

末路

Once widely dispersed throughout Europe, the WHGs were largely displaced by successive expansions of Early European Farmers (EEFs) during the early Neolithic, but experienced a male-driven resurgence during the Middle Neolithic. During the Late Neolithic and Early Bronze AgeWestern Steppe Herders (WSHs) from the Pontic–Caspian steppe embarked on a massive expansion, which further displaced the WHGs. 

https://en.wikipedia.org/wiki/Western_Hunter-Gatherer

 上記によると、西部狩猟採集民は地中海や欧州に住んでいた。西部狩猟採集民は欧州へと拡散した後、西部狩猟採集民の大部分は早期欧州農耕民に置換された。しかし、その後、西部狩猟民は父系でのみ残るような巻き返しが存在したらしい。その後、西部草原牧畜民が欧州へと流入して、西部狩猟採集民はさらに置換された。早期欧州農耕民がどこへと行ったのかは不明である。