パウロ(サウロ)の人種と小人種は何か?〜ユダヤ人か中東人か地中海人か〜

コーカサス人種
https://ja.wikipedia.org/wiki/バッシャール・アル=アサド
広告

Paul the Apostle,[note 1][2] commonly known as Saint Paul and also known by his Hebrew name Saul of Tarsus,[note 2][6] was a Christian apostle (although not one of the Twelve Apostles) who spread the teachings of Jesus in the first-century world.[7] Generally regarded as one of the most important figures of the Apostolic Age,[6][8] he founded several Christian communities in Asia Minor and Europe from the mid-30s to the mid-50s AD.[9]

https://en.wikipedia.org/wiki/Paul_the_Apostle

 以下では、俺はパウロの人種を憶測してみる。俺は彼の遺伝子に関する情報を探ることができなかった。上記の英文をなぞると、キリスト教を実質的に完成させたのはパウロであるように見える。

広告

パウロ(サウロ)の人種と小人種

 俺の憶測:パウロの人種はコーカサス人種であった。パウロの小人種は不明であるが、中東小人種か地中海小人種であった。

 パウロの人種はコーカサス人種であった。パウロの小人種は不明であるが、中東小人種か地中海小人種であった。パウロの人種はコーカサス人種であったのはほぼ確定的であるだろう。問題は彼が中東小人種か地中海小人種であったかである(ここでは欧州小人種の可能性を除く)。

中東小人種

 もしパウロが中東小人種であったならば、俺はアサド大統領のような容貌をもう少し中東っぽくしたのでないかと憶測する。または、もしパウロが中東小人種であったならば、カルロス・ゴーンのような容貌を持っていたと憶測する。

もしパウロが中東小人種であったならば、パウロの民族はレバント民族であった。個人的な憶測では、パウロはペルシャ民族やアラブ民族やエジプト民族でなかったと感じる。

地中海小人種

 古代ローマの属州キリキアの州都タルソス(今のトルコ中南部メルスィン県のタルスス)生まれのユダヤ人

https://ja.wikipedia.org/wiki/パウロ

 上記によると、パウロはトルコ南部に生まれたらしい。当然、中東に自然な先祖を持ち、商業のために北上した可能性も十分にある。けれども、俺はパウロは中東人よりも地中海人に近かった可能性もあると考えている。

例えば、フェニキア人も中東人でなく、地中海人であった可能性があるように、パウロも地中海人であった。例えば、現在でも、トルコには地中海人的な顔が存在する。この種の顔がパウロの顔であった可能性もあるだろう。

上記はジョージア大使館の非常に有能な大使である。俺はパウロは上記の顔をもう少し中東的にした感じもありうると思っている。なお、古代ローマ人や古代ギリシア人も欧州人(白人)でなく、地中海人であったはずである。この場合、パウロは古代ローマ人や古代ギリシア人と同じ小人種を持っていた。

パウロはユダヤ人か?

 パウロはユダヤ教徒であった。東洋文明の視点では、パウロはユダヤ人でなかった。ユダヤ教徒がユダヤ人になるのは西洋文明の視点であり、東洋文明の視点でない。