単語と推論(論理)の適用

俺らの信仰
https://ja.wikipedia.org/wiki/論語

 この宗教では、俺らは対象に単語を与えることを重視する。以下で、俺らはその理由を提示する。俺らの結論では、俺らは推論を適用するために、単語を与える。

言い換えると、俺らは論理を対象に適用して結論を導きたい。だから、俺らは単語を与える。単語の付与なしに、論理の適用(正確には文字上の論理の適用)は存在しない(正確には想像するのが難しい)と解釈する。

1:なぜ単語を与える?

 単語の付与の理由 俺らが論理を対象に適用する時、俺らは単語を必要とする。だから、俺らは単語を「論理を適用するため」に与える。

 俺らが推論をある対象に適用するとき、俺らはその対象をきちんと定める必要がある。つまり、俺らは推論をある対象に適用するとき、俺らはその対象の定義や認識を与える必要がある。その後、俺らは推論をその対象に適用することができる。

俺らが対象をきちんと定義するとき、俺らは単語をその対象に与えられる。だから、俺らは単語を付与する。言い換えると、単語の付与なしに、俺らは対象に対して、推論を適用しずらい。

俺らが単語を与えるとき、俺らは推論をその単語に機械的に適用する。そして、俺らは結論を導きたい。だから、俺らは単語の付与を重視する。

2:名付けと条件

 共通認識 名付けとは、人間が新たな名前を対象に対応づける行為である。

 この信仰では、俺らは名付け行為を重視する。俺らはこの行為を頻繁に繰り返す。

条件と操縦

 共通操縦 もし君が君の違和感をある対象に覚えたならば、君はその対象を名付ける。その後、君は推論をその対象(名前)に適用する。

 例えば、君がお金の貸し借りに関して日本人学者に違和感を覚える。その時、君は彼らを批判しない。君は名前x(例えば、団地)を彼らに与えよ。

その後、君は「もしxが日本人学者であるならば、xは団地である」という推論を新たに作る。または、「もしxが団地であるならば、xはお金の貸し借りを認識できない動物である」という推論を作る。そして、その推論を歴史的に記録して、信仰者同士で共有する。

上記の推論が成立するのは、当然、単語の付与(名付け)の結果である。もしある人間が名付けをしないならば、上記の推論もまた生まれない。

正当化は別の機会で実行する。それは分岐原則から導かれる。

タイトルとURLをコピーしました