ユダヤ教徒の白人

宗教機能
https://unsplash.com/photos/6rI-6BbwmFY
広告

 白人社会には、jew と呼ばれるコーカサス人種が存在する。俺らは彼らは白人であるように感じるが、キリスト教徒の白人は彼らを白人、欧州人と感じていないように見える。キリスト教徒の白人は jew をセム人と信仰する。

以下では、俺は宗教的に無関係な有色人(モンゴロイド人種)から見たユダヤ教徒の白人について述べる。下記の文章は子孫へと授けられる俺らの認識である。

前提として、俺らは異なる宗教や異なる人種や異なる文明は人種や民族に対する異なる認識や定義、そして信仰を与えることを思い出す。そして、それぞれの民族と人種は世界に対する彼らの認識を最も正しい認識を感じてきた。

広告

ユダヤ教徒の白人

俺らの認識

 俺らの認識 俺らは白人社会における jew をユダヤ教を信仰してきた白人(欧州人)と認識する。

 俺らは jew をユダヤ教徒の白人と認識する。ただ、俺らはその白人の先祖には古代におけるユダヤ教徒が存在するかもしれないと認識する。しかし、俺らはその欧州人を人種的な形質として中東人(セム人)と認識しない。彼らの肌の色は白く、また肌の色や目の色は明るい。また、体格も白人的であり、知的能力も白人的である。

加えて、彼らはキリスト教徒の白人と一緒に商売して、彼らはキリスト教徒の白人と一緒に戦争を実行してきた。彼らは白人社会に組み込まれているという事実から見ても、彼らは実質的には白人であるように感じる。または、俺らはユダヤ教徒の白人を北方の地中海人と南方の白人の中間あたりに位置するコーカサス人種と認識する。

フランス南部や東方やバルカン半島北部やハンガリーに存在するような外見である。まとめると、俺らはその jew の人種的な形質をコーカサス人種であり、欧州小人種または欧州小人種と地中海小人種の中間あたりと認識する。

俺らの認識

 俺らの認識 俺らはユダヤ教徒の白人は高い学術能力と高い商業能力を持つ一方、彼らは高い軍事能力と高い社会形成能力及び管理、統治能力を持っていないと認識する。

 ユダヤ教徒の白人は印僑や華僑に似ているように見える。彼らもまた高い学術能力と高い商業能力を備えている。そして、彼らもまた個体基準では西アフリカ人の運動選手のように非常に優秀である。しかし、彼らは軍事的に弱く、かつ社会形成能力や社会統治能力を持っていない。

そのため、彼らはキリスト教徒の白人社会に依存せざるを得ず、かつボコボコにいじめられてきた。人間には、個体基準の能力を上げて生存する種類と強力な社会を作って生存する種類が存在する。ユダヤ教徒の白人は前者であり、キリスト教徒の白人は後者である。イスラム教徒の中東人も後者である。

また、俺らはユダヤ教徒の白人は(おそらく)世界を支配できないと認識する。なぜなら、彼らは自己の強力な社会や国家すら彼ら自身で形成できない。当然、彼らは他人に作ってもらった社会すらまともに管理・統治することができないだろう。キリスト教徒の白人の上位層はユダヤ教徒の白人を優秀な官僚として好んでいる一方、キリスト教徒の白人の非上位層は社会の統治や形成が何であるのかを認識できないので、ユダヤ教徒の白人を世界支配を企むキリスト殺しとして非常に嫌っているように見える。

俺らの応答

俺らの視点

 俺らの認識 モンゴロイド人種の視点から見て、俺らはユダヤ教徒の白人を可哀想な被害者と認識しない。

 モンゴロイド人種の視点から見て、俺らはユダヤ教徒の西側白人を有色人への歴史的な加害者と認識する。つまり、俺らはユダヤ教徒の白人に同情しない。ただし、東欧の白人は綺麗事を言わず、所属している文明が異なるの。だから、俺らは東欧白人をモンゴロイド人種の視点から見て、有色人への歴史的な加害者と認識しない。

大和民族の一部、特に学者や関西人は白人に憑依してユダヤ教徒の白人に同情し始める。けれども、アボリジニやアメリカ先住民がユダヤ教徒の白人に同情しないように、俺らモンゴロイド人種もユダヤ教徒の白人に同情する必要はない。俺らはその同情行為を悪な認識と判断する(照明は後)

また、ユダヤ教徒の西側白人はキリスト教徒の西側白人と同様に、有色人種を見下して完全にバカにしている。俺らはこの種の失礼な言動や態度もきちんと認識して、後世へと伝達していく。

俺らの応答

 俺らの応答 俺らは白人社会における宗教的な問題に関係しない。

 外部から見ても、キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人は仲が悪そうである。けれども、俺らは彼らの宗教的な問題に関係しない。俺らはキリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人のどちらかを批判したり、キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人のどちらかを賛美したり、キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人のどちらかに同情したりしない。

宗教的に無関係な有色人の一部はユダヤ教徒の白人に好意的であったり、批判的であったりする。けれども、この種の有色人は同じ有色人から見て悪い意味で非常に変わっている。まともな有色人にとって、白人がユダヤ教徒とキリスト教徒に分かれていて仲違いしていることは外交的に有利である。だから、俺らは彼らの宗教的な問題に口を出さない。これは白人から人種へと一般化される。