電街における行為

広告

 以下では、俺は電街における信仰者の行為を提示する。以下は日常的な話である。現在、不要な訴訟が発生している。

広告

電街における行為

電街における行為

 俺の認識 俺らは電街でも宗教的に振る舞うことを善と判断する。

 日常的には、俺ら電街と現実を区別して、それぞれを認識する。けれども、一部の人々は電街特有のノリや雰囲気を悪用して、ハメをはずしすぎである。下ネタや悪口を繰り返す人間を持ち上げて、きゃっきゃしている。

その結果として、彼らはいきなり訴えられて非常に驚いている。そして、なぜか彼らはすぐに “謝罪” する。俺が彼らを見ると、俺は非常に情けないと審判する。もし彼らが彼ら自身の行為を善と判断するならば、彼らは安易に謝罪するべきでない、たとえ彼らが侮辱を繰り返していたとしても。

この宗教では、俺は俺らが電街でも現実と同じように行儀良く振る舞うことを善としない。けれども、俺は俺らは電街でも宗教的に振る舞うことを善と判断する。言い換えると、たとえ何か問題が生じるとしても、俺らは俺ら自身の行為を俺らの宗教で正当化することができるように振る舞う。

問題が生じた場合

 俺の認識 たとえ問題が生じるとしても、もし俺らが俺ら自身の行為を俺らの宗教的に悪いと判断しないならば、俺らは俺ら自身の行為を安易に悪いと判断しない。

 この場合、俺らは相手の主張を悪いと判断する。または、この場合、俺らは俺ら自身の行為の訂正を相手へと伝達する、またはその訂正を伝達して再発防止する意志も伝達する。間違っても、俺らは罪悪感(キリスト単語)を覚えたり、安易に謝罪しない。

俺らは混乱せずに、冷静に勝つ粘り強く対抗する。誹謗中傷や侮辱に対する解釈は神学的な才能の見せ所であり、頭をうまく使うところでもある。例えば、俺らは欧州人が侵略者と虐殺者を “移民” と誤魔化し、自己を肯定し続けてきたように、俺らもまた俺ら自身の行為をうまく正当化せよ。

危機管理

 俺の認識 俺らは異常者と電街で関係しない。

 例えば、俺らは異常者に名指しで言及しない。俺らは異常者に名指しで応答しない。たとえ俺らが異常者に遭遇するとしても、俺らは異常者に関係せずに、無視続ける。俺らは異常者をシステム設計で配乗する。

笑い