蟲の分類

https://unsplash.com/photos/SS_FxGwT0hc
広告

 以下では、俺は蟲を分類する。以下の認識では、俺らはいつ蟲が生じるかで蟲を認識する。なぜなら、誰も蟲が何であるかを現時点で明らかにできていない。

俺らが蟲を考える時、俺らは視覚や聴覚などの感覚を連想することができる。なお、下記の情報は自然界に関する情報の製造行為に一致していないかもしれない。俺らは様々な蟲を提示するが、それらを知覚するヌシは便宜的に一つであると仮定する。

それぞれの蟲に一つのヌシが対応する状況は当然あるだろう。けれども、俺らはその種の状況を現時点では感覚的に馴染まないと信仰する。また、下記における「引き起こされる」という表現は実際には「物質に対応して蟲が生じる」である

広告

基本的な蟲

視蟲

 視蟲視蟲とは、光及び目及び脳によって引き起こされる蟲である。

 視蟲とは、目が光を捉える時に生じる蟲である。日常的には、俺らが光を目という検出器で検出する。その後、その情報が脳へと伝達されて、視界(視蟲)が生じる。俺らのヌシが生じたその蟲(視蟲)を知覚する。

聴蟲

 聴蟲:聴蟲とは、音及び耳及び脳によって引き起こされる蟲である。

 聴蟲とは、音及び耳及び脳によって引き起こされる蟲である。日常的には、俺らが音を耳という検出器で検出する。その後、その情報が脳へと伝達されて、聴界(聴蟲)が生じる。俺らのヌシが生じたその蟲(聴蟲)を知覚する。

嗅蟲

 嗅蟲:嗅蟲とは、臭い及び鼻及び脳によって引き起こされる蟲である。

 嗅蟲とは、匂い及び鼻及び脳によって引き起こされる蟲である。日常的には、俺らが臭いを鼻という検出器で検出する。その後、その情報が脳へと伝達されて、嗅界(嗅蟲)が生じる。俺らのヌシが生じたその蟲(嗅蟲)を知覚する。

味蟲

 味蟲:味蟲とは、味及び舌及び脳によって引き起こされる蟲である。

 味蟲とは、味及び舌及び脳によって引き起こされる蟲である。日常的には、俺らが味を舌という検出器で検出する。その後、その情報が脳へと伝達されて、味界(味蟲)が生じる。俺らのヌシが生じたその蟲(味蟲)を知覚する。

重力蟲

 重力蟲:重力蟲とは、重力及び重力を捉える感覚及び脳によって引き起こされる蟲である。

 重力蟲とは、重力及び重力を捉える感覚及び脳によって引き起こされる蟲である。日常的には、俺らが重力(またはエネルギ)を重力を捉える感覚(重覚)という検出器で検出する。その後、その情報が脳へと伝達されて、重界(重力蟲)が生じる。俺らのヌシが生じたその蟲(重力蟲)を知覚する。

その他の蟲

触覚蟲

 痛蟲:触覚蟲とは、触覚によって引き起こされる蟲である。

 触覚蟲とは、触覚によって引き起こされる蟲である。俺は自然界に関する仕組みについて知らない。個人的には、蟲はエネルギ(原因)と検出器(目や耳)と脳によって引き起こされているように感じる。

痛蟲とは、痛みによって引き起こされる蟲である。熱蟲とは、熱さによって引き起こされる蟲である。冷蟲とは、冷たさによって引き起こされる蟲である。痒み蟲とは、痒みによって引き起こされる蟲である。

なお、触覚蟲は基本的な蟲でもあるように感じる。けれども、俺は触覚蟲はさらに分類されるように感じたので、俺はその他の蟲として便宜的に扱った。

情蟲

 情蟲:情蟲とは、感情によって引き起こされる蟲である。

 情蟲とは、感情によって引き起こされる蟲である。感情それ自体は物質でないので、俺らは感情を蟲と認識する。当然、感情の数だけ、情蟲は存在する。自然界に関する情報との関連は俺の知る範囲では不明である。

憎蟲とは、憎悪によって引き起こされる蟲である。怒蟲とは、怒りによって引き起こされる蟲である。嫉妬蟲とは、嫉妬によって引き起こされる蟲である。恐怖蟲とは、恐怖によって引き起こされる蟲である。不安蟲とは、不安によって引き起こされる蟲である。恐れ蟲とは、恐れによって引き起こされる蟲である。

欲蟲

 欲蟲:欲蟲とは、欲によって引き起こされる蟲である。

 欲蟲とは、欲によって引き起こされる蟲である。欲それ自体は物質でないので、俺らは欲を蟲と認識する。当然、欲の数だけ、欲蟲は存在する。自然界に関する情報との関連は俺の知る範囲では不明である。

性蟲とは、性欲によって引き起こされる蟲である。食蟲とは、食欲によって引き起こされる蟲である。生存蟲とは、生存欲によって引き起こされる蟲である。