言語と富

宗教機能
https://unsplash.com/photos/haOWVRejZs8
広告

 この宗教では、俺らは自己の言語(宗教言語)を富と認識する。アングロ・サクソンは自己の言語(英語)を他人に与えてきた。けれども、俺らはこの種の言語の付与を実行しない。また、俺らは言語は約束の観点からも把握されると信仰する。

広告

言語と富

言語と富

 言語と富:俺らは自己の言語を富と認識する。

 俺らは自己の言語を富と認識する。正確には、俺らは自己の宗教言語を富と認識する。ヌシによる所有は一次所有と二次所有に分けられた。

一次所有とは、ヌシが自己の蟲及び車体(肉体)を直接的に所有するヌシ所有であった。二次所有とは、ヌシが自己の蟲と物を通して、自己の蟲と物の外部の蟲と物を間接的に所有するヌシ所有である。富としての言語は2種類の観点から捉えられる。

一番目には、俺らは自己の宗教言語を擬似的な一次所有と解釈して、俺らは科学及び数学情報を脳に刻み込まれた状態と例える。電子計算機におけるハードディスクの状態が科学及び数学情報である。二番目には、俺らは自己の宗教言語を一種のシステムと解釈する。そして、俺らはそのシステムを所有する。