子孫への名前の与え方

 以下では、俺らは子孫への名前の与え方を提示する。現在、俺らは子供の名前を好き勝手につけてきた。しかし、この宗教では、俺らはこの種の名前の与え方を実行しない。

なお、この宗教では、俺らはヌシの名前と蟲の名前、そして肉体(物)の名前を持つ。俺らはこの組みを「巴名」と呼ぶ。

子孫への名前の与え方

命名法

 命名法:たとえ俺らが信者の固有名詞を一回一回調べないとしても、俺らが俺らの信仰者の名前を一意的に把握できるように名前を与えよ。

 たとえ俺らが信者の固有名詞を一回一回調べないとしても、俺らが俺らの信仰者の名前を一意的に把握できるように名前を与えよ。俺らが日本神話における神々の名前に接触する時、俺らはこの種の名前を一回一回覚えることができないと感じるだろう。なぜなら、名前の与え方がデタラメであり、規則性がない。

例えば、俺らが神xの子孫yを知りたい時、俺らはそのyの名前を実際に調べる必要がある。俺らはこの種の無駄や手間を省きたい。例えば、俺らが神xの名前を知る時、俺らは子孫yの名前を知ることができるように、名前を与える方法を考えたい。名前の一種の方程式化を実行する。

例えば、神話には、天皇のような有名人の名前しか残らない。けれども、俺らは無名の信者の名前すらきちんと残せるようにしたい。当然、俺らはその時、数の概念を考えることができるだろう。例えば、俺らが38793と唱えるとき、俺らは信者を一意的に指定できるように、名前を与えていきたい。

 :俺らが名前を与えるとき、俺らは性をきちんと与えよ。

 俺らが名前を与えるとき、俺らは性をきちんと与えよ。言い換えると、俺らが名前を番号的に与えるとき、俺らはその番号に性を組み込むように与えよ。そして、俺らは男と女が交わらないように、独立的な名前を与えよ。

物と蟲とヌシ

 物と蟲とヌシ:俺らが名前を与えるとき、俺らはそれぞれ異なる独立した名前を物と蟲とヌシに与えよ。

 俺らが名前を与えるとき、俺らはそれぞれ異なる独立した名前を物と蟲とヌシに与えよ。物は肉体の名前であり、蟲は視覚などの名前、そしてヌシは俺らの名前である。