日本国政府の心理とは?〜管理職30%、達成期限先送り〜男女共同参画「20年代早期」に〜

日本社会
https://jasakura.com/nihonshi/bigot.html
広告

 政府は11日、男女共同参画会議(議長・加藤勝信官房長官)を首相官邸で開き、今後5年間の女性政策をまとめた「第5次男女共同参画基本計画」の「基本的な考え方」を菅義偉首相に答申した。女性の管理職登用に関し「2020年代の可能な限り早期に30%程度となるよう目指す」と、達成期限を先送りした。

政府は指導的地位に占める女性の割合を「20年までに30%程度」との目標を03年に掲げたが、今回、「政治や経済など進捗が遅れている分野がある」として達成を断念した。また「30年代には指導的地位にある人々の性別に偏りがないような社会となることを目指す」とも書き込んだ。

https://this.kiji.is/699245469130933345

 以下で、俺は上記の日本政府の奇妙な行為の意図を提示する。上記の速報によると、日本政府は女性の比率を強制的に上昇させようとしている。彼らの行為に対して、まともな日本人はなぜ女性比率をわざわざ上昇させようとしているのか疑問に思ってきた。

そして、彼らは日本政府を上記の行為に関して批判してきた。なぜ彼らはこの種の行為を繰り返すのか?なぜなら、彼らは白人のモノマネを意味もわからず繰り返してきた。その結果、彼らは上記のような行為を繰り返してきた。

日本政府によるこの種の意味不明な行為は上記の男女平等だけでない。多様性もそうである。彼らは意味もわからず白人の真似をするので、外部から見ると、喜劇的な行為が自殺的な行為を実行する

令和2年11月11日 男女共同参画会議 | 令和2年 | 総理の一日 | ニュース | 首相官邸ホームページ
菅総理は、総理大臣官邸で第61回男女共同参画会議に出席しました。
広告

1章 皆が思った事

 皆が思った事 男女の数を設定してそれを達成しようとするのは、機会平等でなく、結果平等である。なぜわざわざ女性の数を増加させようとするのか?後、なぜ彼らは白人の真似をして後追いするのか?

 男女の数を設定してそれを達成しようとするのは、機会平等でなく、結果平等である。なぜわざわざ女性の数を増加させようとするのか?男性と女性の機会を平等にした後、それによって生じる結果は平等でなくて良い。

また、大和民族の大部分はなぜ彼らは白人の真似をするのか疑問に思ってきた。西洋と東洋では、宗教も歴史も人種も文明も異なる。そして、彼らが作るホモ・サピエンスの群れも犬と猫程度には異なる。だから、真似できないだろうことがわからない。

2章 日本政府の心理

 日本政府の心理 西側白人諸国、特に米国が男女平等をやっているので、日本政府も米国の真似をして男女平等を実行しようとする。

 西側白人諸国、特に米国が男女平等をやっているので、日本政府も米国の真似をして男女平等を実行しようとする。上記の速報に関する批判の大部分は、なぜ日本政府は米国の真似をして、男女平等を実行しようとするのか疑問に思ってきた。おそらく、日本政府は「アメリカが男女平等政策をやっているので、自分たちもやらないといけない」となぜか考えている。

日本政府は白人との価値観の対立や対峙を非常に恐れてきた。だから、彼らは対峙を恐れるので、彼らは男女平等に賛成しようとしてきた。その時、彼らは白人との対峙を回避できる。

また、日本政府はアジア人であることが嫌であるので、彼らは白人になりたい。だから、彼らは男女平等をやれば白人になれると本当に信じ切っている。

 または、日本政府は自然現象と人工的な現象を区別できない。彼らは男女平等を彼らの意志で変えられない自然現象と本能的に思い込んでいるように見える。なぜなら、男女平等が自然現象であるとき、彼らは男女平等政策によって生じる責任を一切とらなくて良い。彼らはホッと安心する。

3章 東洋文明での適切な行為

 東洋文明での適切な行為 東洋文明での適切な行為とは、男女平等でなく、男女公平である。

 東洋文明での適切な行為とは、男女平等でなく、男女公平である。男女平等の平等とは、キリスト教における創造主の下では皆平等であるに由来する。大和民族はキリスト教徒でないので、彼らは男女平等に賛成する必要はない。次のように発言せよ。

「俺らはキリスト教徒でないので、男女平等に賛成しない。君らはキリスト教徒であるので、男女平等に賛成すれば良い。」

「もし君らがキリスト教の概念を俺らに押し付けるならば、俺らはそれを宗教的な侮辱と認識する。」

大和民族は非常に幼稚な民族であり、彼らは彼ら自身の意見を白人に言えない。彼らは自己の意見を主張して、白人と対峙するのが何よりも怖い。彼らは男女平等を避けられない運命であると信じ切って、変えられないのはしょうがないと強く思い込む。その時、彼らはホッと安心する。

正常な人間は日本人はキリスト教徒でないので、男女平等に賛成する必要はないと主張する。しかし、異常な人間は白人との対峙を何よりも恐れて、彼らは同胞を生贄に捧げたり、自己の文化や価値観を白人のために捨て去ろうとする。彼らは「俺らはキリスト教徒でないので、男女平等に賛成しない」というほんの一言を言えない。

 

 

タイトルとURLをコピーしました