「性的マイノリティ」行政用語として使用しない方針 差別的語感「性犯罪を連想」 京都・亀岡

日本社会
https://jasakura.com/nihonshi/bigot.html
広告

  京都府亀岡市は「性的マイノリティ(少数者)」という言葉に差別的な語感があるとして、行政として今後、使用しない方針を決めた。市議会の指摘などを受け22日、次期総合計画基本計画案にあった文言を「多種多様な人たち」と改める修正案を市議会に提案した。来年3月1日施行予定の市パートナーシップ宣誓制度の要綱などからも「性的マイノリティ」の用語を一掃する。

また亀岡市が「パートナーシップ宣誓制度」導入に向けて今年12月、当事者や市民を交えて開いた意見交換会では、LGBTQに当てはまることを公言しにくい現状や、属性として名前を付ける必要性が話し合われ、個性の尊重や多様性を連想させる「レインボー」や「マーブル」「セクシュアルフリー」などの案も発表された。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/454643

 この文章の目的とは、俺は上記の速報の問題点を提示することである。大阪や京都などの関西地域は非常に喜劇的で愚かで意味不明なことを平気で実行する。同和問題がヤクザした背景には、上記のような意味不明な主張が存在するだろう。

広告

1章 意味不明

 意味不明:性的マイノリティには、差別的な語感は存在しないし、性犯罪を連想させない。

 上記では、性的マイノリティに差別的な語感が存在すると主張された。しかし、性的には、差別的な語感など存在しないし、性犯罪を連想させない。問題があるとすれば、少数派でなくマイノリティというカタカナ用語である。

大阪や京都などの関西地域は「差別」が好きであり、彼らは何でもかんでも差別にしようとする。その結果、彼らは誰も何も批判できなくなる環境を彼ら自身で作ってしまう。上記の行為もまた同性愛運動が本来の目的から外れて、外部から見てヤクザのシノギみたいになる可能性を秘めているように見える。

この種の人間は差別には異常に執着するが、白人による実際の虐殺には無関心である。虐殺は差別よりも深刻であるが、虐殺の発生していない同和が無法地帯になってしまったように見える。上記の問題は同和の人間だけでなく、上記のような統治能力の欠如にも問題が存在する。

2章 視点が白人〜白人ごっこ〜

 問題点:京都・亀岡も視点はキリスト教徒の白人であり、東洋人の視点でない。

 京都・亀岡も視点はキリスト教徒の白人であり、東洋人の視点でない。上記のLGBT運動はなぜかキリスト教徒の白人の視点で実行される。キリスト教の世界では、同性愛は罪であったので、迫害されてきた。

一方、東洋世界では、同性愛は罪でなく、武将にも多くの同性愛者が存在した。にも関わらず、彼らは白人視点で、同性愛運動を実行する。そして、俺らの先祖が同性愛を罪としてきてないのに、彼らは俺らを「差別主義者」と人種的に侮辱する。

大和民族は重度の白人コンプレックスであり、彼らは白人になるために、彼ら自身が同性愛者を迫害したことにすれば、白人になれると錯覚しているように見える。だからこそ、彼らは差別主義者やナチスと呼ばれたいように見える(ただし、その責任や対峙は一般の日本人にとってほしい)。

1節 歴史的かつ宗教的正当性の欠如

 一般的に、歴史的な正当性や宗教的な正当性が存在しない運動は失敗してきた。上記の行為にも、歴史的な正当性や宗教的な正当性は存在しない。白人ハーフの子供を産んで芸能界に入れて自慢したいと言ったようなエヴァ・ブラウンと同じである。

彼らはなぜか白人視点を持つので、彼らは白人が犯した行為に関して、日本人を罰しようとする。これは黒人やLGBTにも言えるが、大和民族は彼ら自身を白人であると信じきっているので、彼らは白人による過去の虐殺に関して日本人もイケメンの白人と一緒になって反省する必要があると思っているように見える。

大和民族は白人と一緒になって、黒人奴隷やLGBTの迫害に関して、反省する時、彼らは白人になれた気分を味わうことができて何よりも気持ちいいのだろう。この種の公開的な自慰行為が実行されることは政治的に正当でない。

 類似例としては、英語を話す、白人と結婚する、白人と同じ服を着る、白人を広告に出す、白人と同じ政治信条を持つ、左翼やリベラルになる、黒人に同情する…この種の行為を実行するとき、彼らは白人になれた気分を味わうのだろう。上記の京都の亀岡市の行為の意味不明さもこの種の行為の延長線上である。

3章 京都府亀岡市は未開なのか?

 上記の行為:上記の行為は未開的であり、呪いや祟りを過度に恐れる未開的動物に似ている。

 島国の未開の動物は「祟り」や「呪い」を過度に恐れる。上記の「差別」もまた未開人による祟りや呪いへの恐れに見える。彼らは呪いや祟りを恐れるように、差別を恐れている。

実際、呪いや祟りは権力者の都合やでたらめに決定される。そこには、ヒステリや迷信が強く関係する。性的マイノリティが差別的であり、性犯罪を連想させるという表現はまさに未開の動物が祟りや呪いを恐れる行為に似ている。

日本列島では、関西地域である京都や大阪は文化の中心と呼ばれてきた。しかし、残念なことに、21世紀の現在では、京都や大阪は文化の中心でなく不思議な迷信や力、呪いや祟りが跋扈する未開地域になっていしまったように見える。

電飛

俺らについて
新興宗教