なぜ日本のドラマは安っぽく幼稚で学芸会であるか?〜米国ドラマと韓国ドラマ〜

日本社会
http://kaigai-matome.net/archives/20701534.html
広告

 この文章の目的とは「俺が日本ドラマの幼稚性の理由を提示する」ことである。大和民族によるドラマ制作は非常に安っぽく幼稚で学芸会である。この種の幼稚性はAKBやジャニーズのようなアイドル文化、なぜか白人ハーフ(中央アジア的中間種)の白人の遺伝子を見せびらかすモデル業界にも応用される。

以下では、なぜなぜ日本のドラマは安っぽく幼稚で学芸会であるか?を提示するつもりである。その時、俺は大和民族の民族的性質とシステムの問題、そして大和民族の社会的問題を提示する。

結論から言うと、大和民族は非常に幼稚であり、彼らはまともなシステムを形成できず、そして彼らは社会性を形成する意志を持たないので、人間社会を形成できない。そのため、彼らはドラマも映画もモデル業界も形成できない。

広告

1章 大和民族の民族的な性質

 大和民族の民族的な性質:大和民族は非常に幼稚な民族であるので、幼稚な映画やドラマやモデル業界や芸能界しか作れない。

 大和民族は非常に幼稚な民族であるので、幼稚な映画やドラマやモデル業界や芸能界しか作れない。絵や創作、小説には、その人間の内的な世界が映し出される。もし製作者が幼稚であるならば、生まれてくる創作物もまた幼稚である。

大和民族は彼ら自身が非常に幼稚な民族であるので、彼らによるドラマも映画も芸能界も、モデル業界もまた非常に幼稚である。一方、白人の米国民や朝鮮人はより北方的であり、より大人びている。だから、彼らから生み出される創作物はより大人びている。

日本国のドラマの問題は、ドラマだけでなく、芸能界や映像や漫画やアニメ、小説、モデル業界や映画業界全てに言える。彼らの創作物の大部分は幼稚すぎて、見るに耐えない。彼らの創作物は幼稚園児のお遊戯や学芸会と同じである。

2章 システムの問題

 システムの問題:大和民族は制作システムもドラマ映像という一種のシステムも形成できないので、まともなドラマを制作できない。

 大和民族は制作システムもドラマ映像という一種のシステムも形成できないので、まともなドラマを制作できない。システムの問題には、2種類存在して、一番目には、制作システムそれ自体を形成できない。二番目には、ドラマという一種の試合的なシステムそれ自体を形成できない。

物体が製造されるシステムそれ自体がゴミであるので、ゴミなシステムから生まれる製造物それ自体もゴミである。壊れた機械システムから生み出される製品も壊れていることに似ている。ドラマがゴミであるのは、大和民族は制作システムを形成できないことに由来している。

二番目には、ドラマという一種の試合的なシステムそれ自体を形成できない。俳優は試合における選手と同じであり、試合というシステムの形成者がドラマを形成して、監督が形成者によるシステムを管理・統治する。日本国では、なぜか単なる選手が異常な権力を持つので、システム形成者がいなくなり、結果的にドラマも作れなくなると予想する。

1節 類似例

 類似例には、学者や医者や弁護士が存在する。彼らもまた俳優と同じであり、システムの中の運動選手であり、彼らはシステムそれ自体を形成できない。にも関わらず、彼らは先生、先生と呼ばれて、おだてられてる。

彼らはシステムを形成できないので、結局のところ、まともなドラマを作れない俳優と同じく、自分が競技する場所がなくなり、衰退する。実際、弁護士は衰退して、学者も衰退した。

次は医者であるだろう。なぜなら、医者は彼ら自身が競技する医療業界システムを彼ら自身で形成できない。免許による保護や独占、白人が与えたシステムや医学がないと、彼らは何もできない。大和民族の未開な社会の際立った特徴とは、システムを形成できない選手が先生、先生と呼ばれて、おだてられ、権力を握ることである。これはサークルの姫が権力を握ることに似ているだろう。

3章 社会的な問題

 社会的な問題:大和民族は人間社会それ自体を形成できないので、彼らは社会の産物であるドラマも形成できない。

 大和民族は人間社会それ自体を形成できないので、彼らは社会の産物であるドラマも形成できない。正確には、大和民族は人間社会をそれ自体を認識できず、また人間社会を形成する意志も持っていない。その結果、彼らは人間社会を形成できないので、彼らはまともなドラマも形成できない。

大和民族に人間社会を形成させようとすると、彼らはキャバクラやホスト・クラブのような発情した動物みたいな動物園を形成する。そこでは、彼ら自身がちやほやされる、あるいはお気に入りの嬢をちやほやしてしまう。この種の状態は、まさにAKBやジャニーズのような状態である。

実際、ドラマにおいても、このキャバクラ化やホストクラブが生じている。視聴者側は好きなドラマの俳優や女優ばかりを見て、ドラマという一種の試合自体に全く興味を持っていない。作り手はドラマそれ自体に興味を持っていないので、彼らはとりあえず「お気に入りのキャバ嬢を出しとけば良い」や「とりあえずお気に入りのホストを女につけておけば良い」と考えてしまう。

 その結果、ドラマ業界自体が性風俗、キャバクラ化する。この現象は、音楽やドラマや映画、モデル業界など全ての業界に応用される。もしサッカーのような運動業界で同じようなキャバクラ化が発生するならば、その時、その運動業界は日本国のドラマと同じように崩壊するだろう。

1節 類似例

 類似例として、モデル業界における西側白人との中間種、通称白人ハーフが存在する。大和民族の雌は白人男性と結 婚して、中間種の子供を産み、それを芸能界やキッズモデルに入れて、彼女ら自身がちやほやされたと感じる。この種の男性はほぼ存在しないが、雌は長い間人間未満であったとされてきたこともあり、この種の行為を実行してしまう。

その結果、モデル業界が人間の肉体のデザインを提示する場所でなく、白人の遺伝子を見せびらかして、マウンティングする場所になってしまっている。この状態は日本国のドラマがキャバクラ化、ホストクラブ化したことに似ている。

ホモ・サピエンスの雌雄という動物に人間社会を作らせるとき、この種のチンパンジー的な世界が生じるのは自然である。ホモ・サピエンスは人間でないので、彼らはまともな人間社会も形成しようとする意志も持たず、まともな人間社会を形成できずに、彼らはマウンティングを延々と繰り返そうとする。動物に人間社会を作らせると、モデル業界のように白人中間種が白人の遺伝子を見せびらかす場所になってしまう。

 加えて、彼らは自分の行為の恥ずかしさや失礼さ、人種的な侮辱すら認識できない。彼らは何が悪いのかも判断できない。存在するのは、本能的な我欲と無償の愛情とちやほやの獲得、そして無償の愛情の獲得である。

電飛

なぜ日本の映画(邦画)のポスターはダサいか?パラサイト半地下の家族
 邦画の広告はダサい。これは事実である。この状態に対して、一部の日本人はこう言い訳してきた。「広告関係者はダサいとわかっているが、こっちの方が売れるからしょうがない。仕方がない。」彼らはまるで消費者の日本人が悪いと言いたげである。彼らは高度な感覚を持っているが、受容する消費者がバカで不細工であるので、日本の映画はクソであると。俺は彼らの意見に反対である。以下で、なぜ邦画のポスターがダサいかを提示しよう。1:ダサい理由1:国家や政府主導でなかった 政府や国家がポスターの表現に規制を一切かけないので、邦画のポスターが悪くなる。邦画のポスターの問題は日本列島の景観の悪さに応用される。景観の悪さは政府や国家による統治能力の欠如の結果である。2:対峙能力の欠如 日本の邦画のポスターは他国や他人種や他民族との ' 対峙 ' を一切考えていない。だから、彼らは彼ら自身のポスターとは何か、東洋人にとってのポスターとは何かを考えない。彼らは日本人に売れれば良いとしか考えていないので、国際社会における異人種や異民族との対峙を考慮しない。...
ポン・ジュノの韓国映画パラサイトアカデミー賞から見る日本の邦画とJpopと芸能
 [映画.com ニュース]第92回アカデミー賞の授賞式が2月9日(現地時間)、米ハリウッドのドルビー・シアターで開催され、ポン・ジュノ監督が手がけた韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が作品賞を受賞した。アジア映画として、初めての快挙となる。製作のクァク・シネは、「言葉が出ません……こんなことが起こるなんて信じれらません……とても幸せです。歴史上で、とても時宜を得た瞬間を目の当たりにしていると感じています。この決断をしてくださったアカデミー会員のみなさまを尊敬するとともに、心から感謝いたします」と感無量の面持ちでスピーチ。照明が落とされた後も、引き続きオーディエンスへのスピーチのために「明かりを付けて!」と客席から声が上がり、感動に包まれたクロージングとなった。 韓国映画は日本国の映画よりも優れている。そして、KpopもJpopよりも優れている。上記の朝鮮人による踊りgeeは2003年であり、17年前である。この時点で、俺はkpopはjpopを完全に凌駕したと審判した。彼女らは大和民族よりも大人っぽく魅力的であった。これは韓国映画にも見える。...
タイトルとURLをコピーしました