なぜ自衛隊は睡眠と休養を軽視するか?〜睡眠を重視する米軍との比較(paya_paya_kun)〜

日本社会
https://twitter.com/paya_paya_kun/photo
広告

 左の発言は実に日本的(大和民族的)である。以下では、俺はなぜ自衛隊は睡眠と休養を軽視するかを提示する。正確には、俺はなぜ自衛隊は睡眠と休養を軽視し続けるかを提示する。

上記の問題は自衛隊だけでなく、野球のような運動競技や学問、役所や官僚にも応用される。当然、日本企業における労働慣習にも応用される。大和民族は未開であり、自己の民族をきちんと認識できない。

その結果、彼らは彼らの民族の欠陥性をきちんと把握できてこなかった。

広告

善悪の欠如

 俺の印象:自衛隊は善悪を判断できないので、彼らは睡眠を軽視する。

 正確には、自衛隊は自己の宗教を持っていないので、彼らは自己の善悪(レッドカード)の基準を持っていない。そのため、彼らは睡眠を軽視することが善か悪かを判断できない。その結果、彼は睡眠を軽視し続ける。

睡眠は善か悪か?

 自衛隊において、適切な睡眠や休養は軽視されてきた。なぜなら、彼らは彼らの言葉で、「睡眠をとることは善であるか、悪であるか」をきちんと表現できない。これは睡眠を軽視する日本人だけでなく、ぱやぱやくんのように睡眠を重視する日本人にも応用される。

彼らは「米軍では、睡眠が重視されている。一方、日本軍では〜」と呟く。そして、彼らは愚痴や不平不満をつぶやき始める。けれども、彼らの主張には、「睡眠をとることは善であるか、悪であるか」というはっきりとした主張がない。

また、睡眠を軽視する大和民族も「そんなことでは、甘えている!自衛隊ではやっていけないぞ!」と怒鳴ったりするように見える。彼らが卑怯なのは、「睡眠をとることは悪(レッドカード)である」とはっきり主張しないことである。賛成派も反対派も善悪をきちんと主張できないので、問題が解決されない。

なぜ米軍は睡眠を重視するか?

 一般的に、米軍は合理的であるので、彼らは睡眠を重視すると主張されてきた。けれども、俺の勝手ない印象では、米軍は善悪の判断を下すことに長けているように見える。彼らは自己の宗教(キリスト教)を持っている。

宗教を持っていることは自己の善悪(レッドカード)を持っていることである。その結果として、彼らは睡眠をとることが善であるか、悪であるかを彼らの宗教に基づいてきちんと判断することができる。米軍は善悪から入るように見える。

俺の印象では、「寝ずに頑張ることは善であるか、悪(レッドカード)であるか」という質問を米軍と自衛隊にだす。この時、米軍は寝ずに頑張ることは悪(レッドカード)であるとはっきりと表現するのに対して、自衛隊はもごもごごまかし始める。

 米軍の合理性とは、善悪の適切な判断と善悪の正当化能力であるように見える。彼らはなぜ寝ずに頑張ることは悪(レッドカード)であるかを語らせたら、彼らは軍事力なしに自衛隊を容易に凌駕するだろう。

社会形成能力の欠如

 俺の印象:自衛隊は社会形成能力を持っていないので、彼らは睡眠の軽視を改善できない。

 自衛隊は社会形成能力を持っていないので、彼らは睡眠の軽視を改善できない。

会話できない

 睡眠の軽視を改善するためには、組織における適切な会話を実行する必要が必要である。しかし、自衛隊の構成要因はまともな会話すらできないように見える。適切な会話なしに、適切な会話プロトコルなしに、睡眠の軽視は改善されない。

流れとしては、問題の発生→会話→問題の解決である。もし会話が存在しないならば、→問題の解決が導かれないので、問題はいつまでも解決されない。上記では、俺は睡眠の軽視を解決するためには、「睡眠を軽視することは悪である」と彼らの言葉で表現する必要があると提示した。

けれども、俺の霊感では、自衛隊の人間は会話能力を持っていない。だから、彼らは「睡眠を軽視することは悪である」と彼らの言葉で言語表現できないと審判する。自己の善悪を彼らの言葉で表現して、その表現を他人に伝達する、つまり会話できないならば、睡眠の軽視の問題はいつまでも解決されないだろう。