二重国籍の問題点〜機会不平等と大局的自立の欠如と奴隷化〜

日本社会
ウィキペディア コンゴとベルギー
広告

 以下で、俺は二重国籍に関する問題点を提示する。俺は二重国籍に強く反対して、賛成者に対する強い罰則が必要であると審判する。まず始めに、俺は二重国籍に関する問題点を提示する。

その後、俺はこの問題に関する解決案を提示する。さらに、俺は二重国籍を要求する人間(サンドラへフェリンや菊池誠や大栗博司や鳥居啓子)の悪意と意図を提示する。

俺は二重国籍に関する問題点を提示する。その問題点とは、「機会不平等」と「大局的な自立の欠如」と「他者の奴隷化」である。さて、俺らは3つの問題点を見てみよう。

広告

1章 二重国籍の問題点〜機会不平等〜

 二重国籍の問題点 二重国籍の問題点とは、二重国籍の状態が機会不平等である。機会不平等は悪い(レッドカード)。だから、機会不平等をなくするように動け。

  例えば、男性はx染色体とy染色体の二重染色体である。だから、男性は二重国籍を獲得できる。けれども、女性はダメである。なぜなら、女性は単染色体である。これが機会不平等である。

男性は女性の運動競技に参加できるが、女性は参加できない。なぜなら、男性はx染色体を持っているが、女性はy染色体を持っていない。男性は女性の便所へと入れるが、女性は男性への便所に入れない。なぜなら、男性はx染色体を持っているが、女性はy染色体を持っていない。

男性はx染色体とy染色体の二つの自己認識(identity)や先祖(root)を持っている。だから、男性は二重国籍を持つべきである。さて、以下で、俺らは二重国籍の問題点を具体的な例を通して見てみよう。

1節 具体例(二重の選挙権)

 機会不平等の具体例には、二重の選挙権の問題が存在する。例えば、ある人間が米国と日本国の両方で国家の統治者を選択できる。しかし、単国籍者は米国か日本国のみでしか彼らの統治者を選択できない。

上記の男女の例を述べると、男性は二重染色体を持つので、彼らは男性の競技でも女性の競技でも選手の統治者を選択できる。しかし、女性は単染色体であるので、女性は女性の競技のみで選手の統治者を選択できる。

当然、上記の状態は奴隷化である。もし白人が白人国家と黒人国家の両方で彼らの国家の統治者を選択できるが、黒人は黒人国家のみで彼らの国家の統治者しか選択できない。この状態は黒人奴隷の再来である。

2節 具体例(二重の裁判権)

 機会不平等の具体例には、二重の裁判権の問題が存在する。例えば、ある人間が米国と日本国の両方で裁判を起こすことができる。しかし、単国籍者は米国か日本国のみでしか裁判を起こすことができない。

上記の男女の例を述べると、男性は二重染色体を持つので、彼らは男性の競技でも女性の競技でもの両方で裁判を起こすことができる。しかし、女性は単染色体であるので、女性は女性の競技のみで裁判を起こすことができる。

当然、上記の状態は奴隷化である。もし白人が白人国家と黒人国家の両方で裁判を起こすことができるが、黒人は黒人国家のみで裁判を起こすことができる。この状態は黒人奴隷の再来である。

3節 具体例(救助される二重の状態)

 機会不平等の具体例には、二重の救助状態の問題が存在する。例えば、ある人間が米国と日本国の両方によって自国民として救助される。しかし、単国籍者は米国か日本国のみでしか救助されない。

この状態は単国籍者を押しのけて、二重国籍者は日本国と米国の両方に助けてもらおうとしている。上記の男女の例を述べると、男性は二重染色体を持つので、彼らはx国家及びy国家からも助けてもらえる。しかし、女性は単染色体であるので、女性はx国家からのみ助けてもらえる。

当然、上記の状態は奴隷化である。もし白人が白人国家及び黒人国家の両方から助けてもらえるが、黒人は黒人国家のみから助けてもらえる、つまり黒人は白人国家から助けてもらえないならば、その時、その状態は奴隷的な状態である。言い換えると、白人は地球上のどこに行っても、自国民として助けてもらえるが、色付きはそうでない。

4節 具体例(受験(男子大及び女子大))

 機会不平等の具体例には、二重の受験の問題が存在する。例えば、ある人間が東京大学と京都大学の両方を同時に受験できるが、他の人間は東京大学や京都大学のどちらかしか受験できない。男女の例で例えると、男性は二重染色体を持つので、男子医大も女子医大の両方を同時に受験できるが、女性は単染色体であるので、女子大のみを受験できる。

5節 具体例(論文の二重投稿)

 機会不平等の具体例には、論文の二重投稿問題が存在する。例えば、二重国籍を持つ人間は雑誌a及び雑誌bに同じ論文を投稿できるが、単国籍の人間は同じ論文を雑誌aか雑誌bのみにしか投稿できない。俺の憶測では、学術的な世界では、論文の二重投稿は禁じられているように外部からは見える。

6節 具体例(運動競技者の二重選手)

 機会不平等の具体例には、運動競技者の二重選手問題が存在する。例えば、二重国籍を持つ人間は球蹴り組織a及び球蹴り組織bに参加できるが、単国籍の人間は球蹴り組織aまたは組織bにしか参加できない。俺の憶測では、学術的な世界では、論文の二重投稿は禁じられているように外部からは見える。

7節 具体例(二重の商業活動や富の二重の蓄積)

 機会不平等の具体例には、二重の商業活動や富の二重の蓄積が存在する。例えば、日本国の話し手(アナウンサー)は二重国籍を持ちつつ、彼らは日本国でも米国でも自国民として就職しようとする。一方、単国籍の人々は彼らの自国のみでしか就職できない。さらに、彼らは二重国籍の所有者と競争する必要がる。

上記の男女の例を述べると、男性は二重染色体を持つので、彼らは男性の競技でも女性の競技にも選手として就職できる。しかし、女性は単染色体であるので、女性は女性の競技のみで選手として就職できる。

当然、上記の状態は奴隷化である。もし白人が白人国家と黒人国家の両方で就職できるが、黒人は黒人国家のみで就職できる。この状態は黒人奴隷の再来である。

2章 二重国籍の問題点〜大局的自立の欠如〜

 二重国籍の問題点 二重国籍の問題点とは、二重国籍の状態が大局的自立の欠如である。大局的自立の欠如は悪い(レッドカード)。だから、大局的自立の欠如をなくするように動け。

 二重国籍の問題は大局的自立の欠如である。大局的な自立が存在しないとき、その状態は負担を他人に与えている。彼らは人間社会の維持や対峙を他人に押し付けるので、奴隷状態が形成される。以下で、俺らは大局的な自立の欠如に関する問題を提示しよう。

1節 大局的な自立の欠如

 もしある人間が二重国籍を望むならば、その人間が二つの国家を運営すればよい。彼らは二つの国家を彼ら自身で運営できないと知っている。彼らは単国籍者が国家を維持してくれることに依存している。そして、彼らは維持の恩恵のみを搾取しようとしている。

この時、彼らは人間社会を維持する負担を単国籍者に押し付けている。負担は損害であるので、彼らは損害を単国籍者に与えている。にも関わらず、彼らは損害に関する埋め合わせを決してしようとしない。

人間社会の負担を押し付けることは他者に対する負担である。負担は損害であるので、二重国籍者はその損害を賠償すべきである。さらに、人間社会の維持を他人にやらせることは他人を奴隷化していることである。

2節 対峙の義務の放棄能力

 ある人間が二重国籍を持つとき、その人間は歴史的な義務や責任に伴う対峙から逃避する能力をもつ。この状態は不公平であり、君はこの不公平を悪いと判断する。だから、君はこの不公平を解体するように動く。

二重国籍を欲しがる人間は二重国籍を持って歴史的な義務や責任を回避しようとする。彼らは単国籍者に歴史に関する責任や義務を全て負わせようとしている。実際、二重国籍を持つ動物は日本人とドイツ人の使い分けを悪用して、彼らは日本人としての歴史的な責任やドイツ人としての歴史的な責任を一切おおうとしてない。

さらに悪いことに、彼らは日本人もドイツ人も差別主義者と侮辱する立場に立とうとする。二重国籍を認めるとき、彼らは誰からも批判されないが、全ての人間を無責任に批判する立場に立つ。

3節 後始末の回避(ひき逃げ能力)と対峙回避能力

 二重国籍者は彼らの行為の後始末を回避する能力を持っている。彼らが社会における交通事故を引き起こすとき、彼らは国外逃亡する能力を持っている。もし彼らが彼らの行為の結果と対峙してその後始末をつけれないならば、彼らは彼らの肉体を運転すべきでない。

単国籍者は何か会った時、彼らは自国民としてそのほかの国家へと逃亡できない。けれども二重国籍者の大部分は何かあった時、たとえ彼らが大規模な交通事故を引き起こした時ですら、彼らはその国家から迫害された被害者として逃亡できる。彼らは後始末をつける義務を放棄している状態である。

2:二重国籍に関する議論の問題点

1:乞食との交渉はするな

 君は二重国籍者と交渉すべきない。なぜなら、彼らは乞食である。彼らは人間社会の維持や対峙に関する負担を君に押し付けたいので、彼らは君と交渉している。

だから、君はなぜ二重国籍が正当でないかを説明するとしても、彼らの目的は乞食行為である。だから、その会話は無駄である。二重国籍の要求者との交渉は「一方性」が存在する。

二重国籍を欲しいのは二重国籍者であり、単国籍者でない。俺だって、女性の競技に参加してもうける機会を獲得したいが、女性は男性の二重染色体に関する二重の機会平等に関する交渉の場にそもそも出ようとしない。なぜなら、男性のみが二重の機会を欲しい。

2:法律観の違いを認めるな

 二重国籍に関する議論の問題は法律観の違いである。二重国籍の要求者は一旦法律で二重国籍を認めさせればこっちのものであると考えている。だから、彼らは大坂なおみを使用して二重国籍を認めさせようとする。

二重国籍は認められた

もし君が二重国籍を認めないならば、君の行為は法律違反である。だから、私も法律を守らないけれどそれで良いか?

二重国籍を要求する人間の大部分はこの種の難癖をつけようとしてきた。重要なことは法律でなく、認識や損害である。俺らが奴隷になっていると認識するならば、俺らは法律を無視できる。俺らが人間社会に維持に関する負担を押し付けられていると認識するならば、その負担は損害であるので、俺らは二重国籍に関する法律を破棄する。

3:解決案

 以下で、俺は二重国籍の解決案を提示する。もし二重国籍者が以下を嫌がるならば、彼らは二重国籍を抜くべきである。

1:強制的な罰則と国籍の剥奪

 二重国籍者には、強制的な罰則を与えよ。また、二重国籍を保有した状態での稼ぎ及び職種を正当でないと認識して、それらを没収せよ。

例えば、男性はx染色体とy染色体の二重染色体であるので、女性の競技にも参加できる。しかし、女性は単染色体であるので、男性の競技に参加できない。このとき、たとえ男性が賞金を女性の競技で稼いだとしても、その賞金は正当でない。

2:奴隷化に対する賠償

 二重国籍者は人間社会の維持を他人に押し付けて負担を与えてきた。だから、彼らはその負担に対する賠償をすべきである。さらに、二重国籍派短国籍者を奴隷にしてきたので、彼らはその賠償をすべきである。

おまけ ブラジルやイスラエル

 ブラジルやイスラエルが国籍の放棄を認めないことは彼らの国策である。だから、日本国はこれを一切考慮しない。国籍の放棄を認めないと言う行為は日本国の行為でなく、ブラジルとイスラエルの行為であるので、これに関する損害や損害や賠償の責任は認めないこれらの国家に属する。

君が二重国籍を強制的にはく奪しようとするとき、一部の人間は日本国に甘えて日本国に譲歩してもらおうとする。しかし、君はこのじょうほに乗らない。なぜなら、本来であれば、彼らはブラジルやイスラエルに国籍の放棄を認めるように要求すべきである。