太平洋戦争開戦79年と真珠湾攻撃の問題点〜どうすれば戦争を防止できたか?〜

歴史
https://en.wikipedia.org/wiki/Attack_on_Pearl_Harbor
広告

 太平洋戦争の開戦から79年となる8日、旧日本軍による真珠湾攻撃が行われたハワイのオアフ島では、犠牲者を追悼する式典が開かれました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20201208/amp/k10012751781000.html
広告

1章 真珠湾攻撃の問題点

 真珠湾攻撃の問題点 真珠湾攻撃の問題点とは、大和民族がハワイのポリネシア人の自然な生息地を彼らの許可なく攻撃したことである。

 真珠湾攻撃の問題点とは、大和民族がハワイのポリネシア人の自然な生息地を彼らの許可なく攻撃したことである。一般的には、真珠湾攻撃の問題点とは、宣戦布告なしに、日本国が米国を攻撃したことである。しかし、白人がアメリカ大陸に存在して、国家を不自然に建国した行為それ自体がおかしい。

例えカメルーン人がケニア地域の白人国家を攻撃するとしても、カメルーン人が白人に対するその攻撃の責任を取る必要はない。当然、ケニア人にはその攻撃に関する「ごめんなさい」は必要であるかもしれない。同様に、モンゴロイド人種である大和民族はアメリカ大陸の上の白人に謝罪する必要はない。

なぜなら、白人が国民国家それ自体を作っていることがそもそも問題である。彼らはハワイが攻撃された、米国が攻撃されたと怒り狂うが、俺らは言いたい。君らが立っているアメリカ大陸は俺らモンゴロイド人種の所有物であると!。ポリネシア人やアメリカ先住民やイヌイットが真珠湾攻撃を怒ることは正当であるが、白人が怒るのは不自然である。

2章 戦前の日本国の問題点

 戦前の日本国の問題点 戦前の日本国の問題点とは、国民国家の存在を認めたことである。

 戦前の日本国の問題点とは、国民国家の存在を認めたことである。本来であれば、白人がアメリカ大陸で国家を建設することは不自然であり、悪い。だから、白人は国民国家という人工的な考えを生み出して、国家建設の正当性を人工的に作り上げた。

その結果、彼らはアメリカ大陸の石油を所有して、爆弾を俺らモンゴロイド人種の大陸からなぜか投下して、俺らモンゴロイド人種を虐殺できる権利?を獲得した。

俺らモンゴロイド人種は「俺らは国民国家という国家概念を認めない」と白人に提示するべきであった。当然、当時の世界では、モンゴロイド人種に対する強烈な人種的な侮辱が存在した。だから、彼らは受け入れなかっただろう。しかし、原子力爆弾の投下への心理的な抵抗を受け付けることには成功したかもしれない。

 

タイトルとURLをコピーしました