長尾優希への藪田貴史裁判官の異常な判決〜台湾出身女性に「国へ帰ったら」差別発言認め賠償命令

日本社会
https://www.asahi.com/articles/ASLDN6G1DLDNPTIL02G.html
広告

 「国に帰ったらどうか」――。大阪市内のスイミングクラブで、そんな差別的発言を受けたとして、台湾出身の女性が60代男性に200万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は男性に慰謝料15万円の支払いを命じる判決を言い渡した。日常生活における個人間の「ヘイトスピーチ」で賠償が認められたケースは異例。外国人労働者の受け入れが拡大されようとする中、海外にルーツを持つ隣人たちとの関わり方が問われている。

判決などによると、大阪市内のスイミングクラブで昨年2月、台湾出身で日本国籍を取得した大阪市の長尾優希さん(63)が、連れてきていた高校生のおいが60代の男性利用客の貸しタオルを間違って使ったことをめぐって男性とトラブルになった際、男性から「ここは日本ですよ。お国に帰られたらどうですか」と言われた

https://www.asahi.com/articles/ASLDN6G1DLDNPTIL02G.html

 俺が上記の速報を見た後、俺は大阪を一度解体するか、または日本国を一度解体するかを考えた方が良いと審判する。大和民族の裁判官や弁護士は無能であり、彼らは彼ら自身の行為の責任を一切取ろうとしない。以下で、俺は上記の審判の問題点を提示する。

広告

1章 俺の審判

  俺の審判:長尾優希への日本人男性の発言は少し失礼である。しかし、15万円の損害を長尾優希に与えたと審判しない。

 長尾優希への日本人男性の発言は少し失礼である。しかし、彼の発言が15万円の損害を長尾優希に与えたと審判しない。速報だけでは、俺は長尾と男性のやり取りを詳細に知ることはできない。けれども、男性の言い方や関西的な強い発言に、長尾は「カチンと」きたのでないかと感じた。

実際、大和民族の関西部族の発言は非常に失礼である。関東人も彼らの失礼な物言いを嫌い、非常に強い憤りを感じてきた。上記では、長尾は「ここは日本ですよ。お国に帰られたらどうですか」と指摘された。

上記の発言のみを見ると、俺はそれほど問題に感じない。けれども、実際に遭遇すると、異なる印象を持つのかもしれない。なまりを馬鹿にされたことにも腹を立てたのかもしれない。

2章 藪田貴史の審判の問題点

 藪田貴史の審判には、いつくかの問題が存在する。一番目には、宗教的な問題である。二番目には、日本列島上の先住民の問題である。三番目には、藪田貴史の審判の責任の問題である。

1節 宗教的な問題

 上記の審判では、差別発言やヘイトスピーチが認められた。しかし、差別やヘイトスピーチはキリスト教由来の概念である。もしその男性がキリスト教徒でないならば、差別やヘイトスピーチで罰される行為は宗教的に正しくない(正当でない)。

もし藪田貴史が上記の行為を審判するならば、藪田貴史は彼の行為の「差別性」でなく、「失礼性」を審判する必要がある。その時、その失礼な行為がどの程度の損害を上記の長尾へ与えたのかを知る必要がある。

ヘイトスピーチや差別を見ると、その賛成者は他人を罰して、黙らせたいだけに見える。この種の行為はカルト宗教的であり、原住民や先住民への人種侮辱的な行為である。

2節 日本列島上の先住民の問題

 上記の男性はおそらく大和民族であり、彼は日本列島の先住民である。一方、長尾は漢民族化華南民族の日本国民であり、日本列島の先住民でない。彼らの自然な生息地は台湾や中原や華南である。

日本列島上の原住民である大和民族や縄文系民族が差別主義者として罰される。この状態はイヌイットやアメリカ先住民、アボリジニが彼らの自然な生息地で罰されることに等しい。この状態は異常である。

藪田貴史を含む大和民族はなぜか大和民族をアメリカの白人や欧州の白人において、白人視点で日本人を罰しようとする。だから、藪田貴史の判決は奇妙に見える。もしその男性がアメリカ大陸の上の白人であるならば、藪田貴史の判決は正当であるかもしれない。

3節 藪田貴史の審判の責任の問題

 藪田貴史がこの種の愚かな判決を下すのは、彼が彼の行為の責任や後始末を彼自身でつけるつもりがないからである。たとえ大和民族が違法行為を繰り返すベトナム人を批判できなくなっても、藪田貴史はこの判決の審判や後始末を取るつもりがない。彼の行為は日本列島の土着の先住民を萎縮させる行為である。

実際、大阪を含む関西における裁判官は非常におろかであった。だから、戦後の同和のような外部から見ると、ヤクザか何かのような存在と糾弾会が蔓延して、自殺者が発生した。けれども、誰もこの行為の審判に関して責任や後始末を取っていない。彼らは糾弾会を実行した同和に全ての責任をなすりつけようとしている。

当然、上記の長尾は何も違法行為や迷惑をかけていない。しかし、もし日本列島の先住民たるモンゴロイド人種が異民族や異人種に怯えて暮らすような環境を作るとしても、彼は何の責任も取らず、その異人種や異民族に責任をなすりつけるだろう。彼の行為は、異人種や異民族は損害を日本人に与え続けるが、彼らは何の賠償もしないが、かつ日本人は彼らを彼らの損害行為に関して批判できない奴隷的環境を導く。

3章 解決案

1節 損害に対する明確な計算

 俺は「ここは日本ですよ。お国に帰られたらどうですか」が15万円の損害を長尾に与えたと審判しない。俺の印象では、彼の行為は百円から千円の損害を与えたかもしれない。

2節 反復性

 また、俺は彼の行為の反復性を見る必要があると審判する。正当性なく、その男性が「ここは日本ですよ。お国に帰られたらどうですか」と何回も言うならば、その時、その男性は損害に相当する「埋め合わせ」を必要がある。

3節 先住民性や原住民性の考慮

 また、藪田貴史は土地の原住民性と先住民性を考慮する必要がある。たとえアメリカ先住民やイヌイットが同じ発言を黒人や白人にいうとしても、彼らの行為は正当であり、賠償に値しないだろう。同様に、その男性の行為は大和民族や縄文系民族であるならば、その時、失礼であるが、15万円の賠償に相当しない。

タイトルとURLをコピーしました