なぜ朴槿恵は懲役20年であるのか?〜朝鮮民族と社会性〜

東洋国
https://ja.wikipedia.org/wiki/朴槿恵
広告

  韓国の前大統領、朴槿恵(パククネ)被告(68)が韓国の財閥から巨額の賄賂を受け取った贈収賄事件などで、韓国大法院は14日午前、検察の上告を退けた。朴被告に懲役20年、罰金180億ウォン(約17億円)、追徴金35億ウォンを命じたソウル高裁差し戻し審判決が確定した。

https://www.asahi.com/articles/ASP1G438QP1GUHBI013.html

 朴槿恵は巨額の賄賂に関して懲役20年の実刑判決を受けた。この審判行為に対して、大和民族はこの審判行為は奇妙であると感じた。そして、彼らは大和民族と朝鮮民族の違いを実感した。

では、なぜ朝鮮民族はこの種の奇妙な社会を形成するのだろうか?なぜなら、朝鮮民族は社会性を持っていない。公平性や平等性は社会性の産物である。彼らは社会性を持たないので、彼らはまともな社会を形成できない。その結果、彼らは人間社会における平等性や公平性に無頓着であってきた。

以下では、俺は上記の審判行為の問題点について提示する。一般的に、「公平性」や「平等性」や「相互性」は社会性の産物である。

広告

1章 問題点(公平性の欠如)

 問題点:朝鮮民族は社会性を持っていない民族である。

 大和民族の学者、菊池誠や大栗博司を見るとき、俺らは彼らの社会性のなさに気づく。同様に、朝鮮民族もまた大和民族の学者のように、社会性を持っていない。社会性とは、人間社会を形成する能力や性質である。

彼らは人間社会を形成する能力を持っていないので、彼らはまともな人間社会を形成できない。その結果、彼らは人間社会の形成から導かれる平等や公平に無頓着であってきた。社会性を持つ人間は上記の審判行為を見て、朴槿恵に対する刑罰は「公平」や「平等」でないと感じるだろう。

しかし、朝鮮民族はこの行為に関して何も感じない。なぜなら、彼らはまともな社会性を持っていないので、彼らは社会における平等や公平をそもそも認識していない。この種の性質はホモ・サピエンスの雌や大和民族の学者にも見られる。彼らもまた社会性を持っていないので、ちやほやされたい、不快感や不安が嫌っ、自分だけは特別扱いされたいと願う。

2章 社会性の欠如の具体例

 社会性の欠如の具体例:朝鮮民族は大和民族を民族的に侮辱することは許されるべきと感じる。しかし、朝鮮民族が大和民族に民族的に侮辱されることは悪であると感じる。

 上記が社会性の欠如の具体である。朝鮮民族は大和民族に馬鹿にされるのは民族の矜持とし許せない。けれども、朝鮮民族が大和民族を民族的に侮辱することは許されるべきであると感じるらしい。

だからこそ、彼らは日本人を拉致しても、暴力を振るっても、彼らは何も言わない。けれども、彼らは何か批判されると、彼らは被害者ぶって、差別と喚き、恫喝や強迫行為を実行してしまう。

実際、日本在住の朝鮮民族は土着の大和民族を差別主義者と民族的に侮辱してきたが、彼らは日本列島における犯罪行為や拉致に関して、謝ってこなかった。たとえ大和民族が朝鮮民族を民族的に侮辱するとしても、拉致問題や大和民族を実際に殴ったり殺す方がはるかに悪く、より公平に罰される必要がある。しかし、朝鮮民族は社会性を持たないので、ちょっとした侮辱行為などに過剰に反応して、大和民族を日本列島で牢屋にぶち込もうとする。

タイトルとURLをコピーしました