東京大学の女性過半数は失敗するか?〜国際・ダイバーシティ(多様性)担当理事・副学長に就任した大学院情報学環の林香里教授〜

日本社会
https://unsplash.com/photos/62s63cwdZmM
広告

 東京大は1日、女性を過半数とする新執行部体制をスタートさせた。総長や理事・副学長ら11人の役員のうち6人が女性だ。国際・ダイバーシティ(多様性)担当理事・副学長に就任した大学院情報学環の林香里教授に狙いを聞いた。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFE247MD0U1A320C2000000/?

 俺は上記の試みは確実に失敗するだろうと予想する。以下では、俺らはその理由を提示する。なお、俺はキリスト教徒でないので、俺らは男女平等やジェンダー平等に反対である。

また、俺らは大学それ自体は西洋の落とし子であり、解体すべきであると審判する。日本国の大学は植民地の手先やキリシタン大名の手先である。

広告

失敗の理由

 失敗の理由:東京大学は自己の宗教や善悪を公的に提示せずに、何となく白人の真似をして、男女平等にしようとする。その結果、東京大学は確固たる宗教的な規範を持たずに失敗する。

 言い換えると、東京大学はイケメンの白人を見て、白人になりたい、白人の仲間入りを果たしたいと何となく感じる。その後、彼らはジェンダー平等や男女平等にノリや雰囲気で賛成している。東京大学は自己の実現したいソサエティを持たないまま男女平等を実行しようとしている。

主張すべき意見

 本来であれば、東京大学は次のように主張する必要がある。

「俺らはユダヤ教やキリスト教の信仰を持っている。だから、俺らは男女平等に賛成する。なぜなら、男女平等はユダヤ教やキリスト教では正しい。俺らは自己のソサエティをユダヤ教やキリスト教と信仰して、ユダヤ教やキリスト教のソサエティを実現することを男女平等を持って宣言する」

しかし、東京大学はこの種の宣言を実行しない。彼らは次のように言ってしまう。

「現在、グローバルな国際社会が誕生している。アメリカやイギリスでは、男女の比率が平等になり、女性の活躍が目覚ましい。日本でも、国際社会における競争に遅れないように、男女平等にする必要がある。」

東京大学は自己の宗教も善悪、ジェンダー観を一切表現しない。彼らはユダヤ教・キリスト教の西洋文明におけるソサエティをまるで自然現象のように語る。そして、彼らは西洋社会はこうなっているのだから、日本もこうすべきという意見を主張する。

東京大学は自己の運動競技(宗教)も明らかにしない。東洋文明と西洋文明では、卓球とサッカー程度には文明が異なる。だから、サッカーの都合の良い点のみを持ち込んでも、卓球の世界は正常には機能しない。

卑怯で卑しい発言

 左の発言が典型的であり、実に日本人的である。柴田は「米豪NZの大学で〜」と自己の経験や欧米を引用する。しかし、その状態はキリスト教やユダヤ教のソサエティの状態である。

大和民族は自己の宗教も善悪も性別観も一切明らかにしない。彼らは欧米を引用して、不平不満を述べたり、ムカついたりする。彼らは彼らの実現したいソサエティを一切表現しないで、男女平等を何となく実行しようとする。大和民族は自己の認識や判断を一切明らかにせずに、白人の霊言や状態を引用して、白人の状態を人間の意志では逆らえない運命(グローバル社会)とみなして、政策を実行しようとする。

彼らは自己の善悪や自己の宗教を隠して、矛盾や責任を回避しながら、お金にたかろうとする。彼らは自己の宗教を隠したまま、責任を負わないようにしながら、白人の霊言を引用して、自己に都合の良いソサエティを形成しようとする。失敗するのは当然であるが、バカだからわからない。

大和民族は白人の状態を引用して、何となく男女平等にすべきみたいな雰囲気を作る。拒否されると、切れたり差別と喚いたりする。外部から見ると、乞食がちやほやされたり、頑張ったご褒美をもらいたいから、男女平等をやっているように見える。

失敗の理由

 失敗の理由:東京大学は自己の性規範を持っていないので、大学全体がサークルの姫化して、失敗する。

 東京大学は白人の真似をして、男女平等にしようとする。けれども、東京大学のホモ・サピエンスの雌雄は自己の性規範を持っていない。この状態はホモ・サピエンスという家畜が人工的に去勢されていない状態である。

この状態で男女平等を実行すると、サークルの姫や小保方晴子、そしてちxぽ騎士が蔓延し始める。大和民族の学者や研究者はソサエティを彼ら自身で無から現在から未来へと向かって形成するという発想を持っていない。なぜなら、研究とは他人が作ったものを分析する行為である。

西洋文明における白人の場合、白人の雌雄はユダヤ教やキリスト教における性規範を持っている。そして、白人の雌雄は自己の性を人工的に去勢している。一方、大和民族の雌雄の研究者は自己の性を宗教によって人工的に去勢されていない。この状態で男女平等を実行するとき、去勢されていない家畜と同じで、発情状態や乱行状態が発生するだろう。