韓国ドラマ「愛の不時着」にハマった百田尚樹と日本ドラマのくだらなさとつまらなさ、安っぽさ

日本社会
https://ja.wikipedia.org/wiki/愛の不時着
広告

 百田尚樹は韓国ドラマの「愛の不時着」にハマったらしい。そして、彼は韓国ドラマの程度の高さに驚いたのだろう。一方、日本国のドラマは非常に程度が低く、AKBやジャニーズ、そして白人との中間種明かりが登場するモデル業界に非常に似ている。

以下で、俺は日本国のドラマの低水準の原因と理由を提示する。その理由には、人間社会の形成の失敗、民族的な幼稚性、そして企業による拝金主義が存在する。

広告

1章 まともな人間社会を形成できない

 理由:大和民族はまともな人間社会を形成できないので、人間社会の形成の結果であるドラマが安っぽい。

 大和民族はまともな人間社会を形成できないので、人間社会の形成の結果であるドラマが安っぽい。ドラマ制作は人間社会という運動競技の結果として導かれる。しかし、まともなドラマ制作を導く運動競技システムがそもそも存在していないので、ゴミなシステムから導かれるシステムもまたゴミになる。

1節 芸能界

 日本国の芸能界も同じであり、彼らはまともな人間社会を形成できない。その結果、AKBやジャニーズのような本当に幼稚でくだらないものしか生まれてこない。

これは日本国のモデル業界にも言えて、モデル業界は白人ハーフ(白人との中間種)の遺伝子を見せびらかす場所になっている。しかし、モデル業界とは、人間の肉体のデザインの展示場所であり、白人の遺伝子を自慢する場所でない。

大和民族に人間社会を形成させると、AKBやジャニーズのようなキャバクラ化やホストクラブ化するように見える。あるいは、大和民族の雌(エヴァ・ブラウン)による白人ハーフの子供を自慢するようなマウンティングの場所になる。

 ホモ・サピエンスの雌に人間社会を形成させると、白人の夫や中間種の子供の容姿を自慢して、マウンティングする場所になってしまう。動物がまともな人間社会を形成できないように、彼ら自身もまともな人間社会を形成できていない。なぜなら、大和民族は文明的に非常に劣った島国の動物である。

2章 民族的な幼稚性

 民族的な幼稚性:大和民族はフィリピン人を始めとする東南アジア人に近く、非常に幼稚な民族である。だから、彼らは大人っぽいドラマを形成できない。

 大和民族はフィリピン人を始めとする東南アジア人に近く、非常に幼稚な民族である。だから、彼らは大人っぽいドラマを形成できない。日本人のドラマを見ると、そのドラマはあまりに幼稚であり、見るに耐えない。見ているこっちが恥ずかしくなる。

彼らのドラマは非常に安っぽく、幼稚である。なぜなら、大和民族は東洋人よりも東南アジア人、特にフィリピン人に似ている。実際、東南アジア人も白人ハーフが大好きであり、彼らをフィリピン人と呼んだり、スペイン系フィリピン人と呼んだりして、フィリピン人でないことを必死に賛美する。東南アジア人が彼らの幼稚性のために、まともなドラマを形成できないように、日本人もまともなドラマを形成できない。

日本人がまともなドラマを作れないことは東南アジア人がまともなドラマを作れないことに似ている。朝鮮民族はより北方の民族であるので、彼らはより大人っぽい。

3章 拝金主義

 拝金主義:大和民族のTV業界は拝金主義であるので、彼らはまともなドラマを作る意志を持っていない。

 大和民族のTV業界は拝金主義であるので、彼らはまともなドラマを作る意志を持っていない。大和民族は、ユダヤ教徒やキリスト教徒の白人と異なり、お金に対する自己の宗教的な規範を持っていないので、彼らはお金に卑しい。その結果、彼らは売れれば良いと言って、売れる俳優だけを出してくだらないドラマを量産する、クリスマスを非キリスト教の日本人に押し付ける。

加えて、彼らは自己の制作能力の不足を日本人の視聴者の低水準性やバカさに押し付ける。彼らは日本人はバカであるので、この程度のくだらないドラマで十分であると信じきっている。けれども、より高度な韓国ドラマが売れ始めているので、彼らの制作能力がないことが明らかになっただけであった。

日本国のドラマ業界は規制や自由によって保護されてきた結果、競争にさらされず、ぬるま湯でもやっていけた。そして、彼らは拝金主義によって、人々を堕落させてきた。

タイトルとURLをコピーしました