企業の外国人幹部、30年に2倍の20万人〜政府が新目標は植民地政策か?〜

日本社会
https://ja.wikipedia.org/wiki/豊臣秀吉
広告

 政府は海外の企業経営者や経営幹部らの国内受け入れを増やし、2030年に約20万人にする目標を決めた。19年実績の9.5万人の約2倍に増やす。地方活性化も視野に外資系企業の誘致を促し、東京以外に拠点を置く企業の数を26年に1万社と16年の4200社の2倍強に引き上げる。

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA179AB0X10C21A6000000/

 俺が上記の速報を見た後、なぜ日本国の統治者は日本列島の上の原住民や国家を外国人(欧州人)に売ろうとするのか疑問に感じる。以下では、俺は上記の政府の心理を憶測する。個人的な印象では、俺は日本国の政府は何も考えておらず、白人のモノマネをネアンデルタールのシャテルペロンのように繰り返してきたように思える。

新晴正による豊臣秀吉の記事〜日本人奴隷化とキリスト教(キリシタン大名)に対する伴天連追放令〜
 俺は上記の記事に賛成する。以下では、俺は上記の記事を少し補足する。個人的には、俺は豊臣秀吉や徳川家康は非常に過小評価されていると感じる。また、スペイン人やポルトガル人は欧州人(白人)でなく、地中海人(イタリア人やギリシア人、トルコ人やアルメニア人に近い)であっただろう。それに対して、オランダ人やイギリス人は地中海人でなく、欧州人(白人)であったはず。コーカサス人種は中東小人種と地中海小人種と欧州小人種の3に分類される。また、上記の記事では、「日本人奴隷」という単語が存在する。俺らがこの「日本人奴隷」という単語を見るとき、俺らは日本人の人種が東洋人はもちろんのこと、アメリカ先住民やイヌイット、東南アジア人と同じモンゴロイド人種であることもしっかりと意識したい。日本人奴隷とは「モンゴロイド人奴隷」の一種であり、アメリカ先住民の虐殺に関連づけられるべき。 我々には白人に対する恨みなどの問題はまったくなかった。政府や社会における英国人の優越的な地位は単なる世の中の事実だったにすぎない。英国人は結局のところ世界で最も偉大な人たちだったのである。彼らは史上最大の...
広告

心理

欧州人のモノマネ

 欧州人のモノマネ:日本国の政府は欧州人や欧州を意味もわからずモノマネしている。

 日本国の政府は欧州人や欧州を意味もわからずモノマネしている。彼らは欧州人の状況やアメリカ合衆国の状況をちらっと見て、インド人の幹部やネグロイド人の幹部の存在をちらっと確認する。すると、大和民族は「日本国も日本人(大和民族)も欧州人と同じようにしなきゃ(ついていかなきゃ)」と焦り?感じるらしい。

一般的に、大和民族は白人の真似をすれば、白人になれるという未開部族の信仰のようなものを持っている。もし彼らが細い目を二重に整形するならば、その時、彼らは彼ら自身の顔が白人みたいになることを期待する。白人になれないと、彼らは癇癪を引き起こして、暴れる。

問題点

問題点

 問題点:日本列島の上の大和民族(縄文系民族を含む)がキリスト教の富の規範や契約の奴隷になる可能性が存在する。

 上記の速報とは少し異なるかもしれないが、日本列島の上の大和民族(縄文系民族を含む)がキリスト教の富の規範や契約の奴隷になる可能性が存在する。人種や宗教や文明が異なるとき、契約に対する考えや富の規範それ自体が異なる。もし日系企業の統治者が異なる契約に対する考えや富の規範人間になるならば、日本列島の上の大和民族はキリスト教の契約や富の規範の宗教的な奴隷になる可能性がある。

上記でも述べたが、大和民族は意味もわからず白人の真似をしているだけである。だから、彼らは宗教の違いに関する契約の違いや富の考えの違いについて “本当に” 何も考えていないだろう。ひどい場合には、土着の原住民たる大和民族に妥協を求めて、キリスト教的な契約観や富の規範に「グローバル化」と行って服従することを求めようとする。

当然、その心理は白人に認められて、白人の仲間入りを果たすことである。仏教徒や儒教徒の東洋人の場合、外国人の経営者を増加させるとしても、それほど問題にならないだろう。なぜなら、この種の東洋人は契約や富の規範をある程度共有している。