自己繰り込み思考

新単語(造語)
https://en.wikipedia.org/wiki/Cree
広告

 ホモ・サピエンスの一部は自己の存在を考慮して、思考できない。俺らが大和民族を見るとき、俺らは彼らは自分がモンゴロイド人種であることを考慮せずに思考していることに気づく。

広告

自己繰り込み思考

 自己繰り込み思考:自己繰り込み思考とは、ある対象が自己を繰り込む思考である。

 自己繰り込み思考とは、ある対象が自己を繰り込む思考である。略称は繰り込み思考や繰り込みである。以下では、俺らは繰り込みできていない思考を見てみよう。

具体例

  現在、コロナウイルスに関して、モンゴロイド人はネグロイド人種によって暴力を振るわれている。buveryは黒人を彼らの暴力に関して批判した。それに対して、Kは左の呟きで返答した。

一見すると、彼の発言は正しいように見える。けれども、彼は自己を繰り込んで思考していない。その結果、彼の発言も行動も奇妙に見える。彼の思考には、思考への自己の繰り込みが存在しない。

彼の人種はおそらくモンゴロイド人種である。もし彼が繰り込み思考を実行するならば、彼はネグロイド人種に同情せずに、彼はアメリカ先住民に同情する。そして、彼はアメリカ大陸の上のモンゴロイド人種による暴力を批判する。

具体例

 大和民族の科学者や数学者はアメリカ大陸の多様性を賛美する。この行為もまた繰り込み思考の欠如である。なぜなら、彼らは白人の発言をちらっと見て、その発言をそのまま引用してしまう。

その結果、アメリカ大陸の多様性は俺らモンゴロイド人種の虐殺の結果であるのに、彼らはアメリカ大陸の多様性を賛美してしまう。もし彼らが彼らの人種を繰り込んで思考できたならば、その時、彼らはその多様性を賛美しないだろう。