操無し〜ネアンデルタールは貞操を持たないか?〜

新単語(造語)
https://en.wikipedia.org/wiki/Neanderthal
広告

 その他,窃盗,強姦,器物破損など,ネアンデルタールの脳には,「所有権」や「貞操観念」や「契約」といった概念自体が無いのだ。

https://note.com/hashimotokotoe/n/nf1c4abcb3ad1

 ネアンデルタールが貞操を持っていたのかは不明である。けれども、俺らがホモ・サピエンスを観察する時、俺らは貞操を持つ個体と貞操を持たない個体が存在することに気づく。貞操を持たない個体は動物と同じで貞操それ自体を認識していないように見える。

貞操を持たない個体の状態はチンパンジーやゴリラなどの動物の状態と完全に一致している。彼らは発情する時、彼らは雌に求愛行為を公的な場所で実行してしまう。例えば、彼らは数学や科学、プログラミングを雌に必死で教えようとする。

たとえ俺らが彼らを彼らの行為に関して注意するとしても、彼らは何を指摘されているかを認識していないように見える。さらに悪いことに、彼らは貞操の必要性それ自体もよくわかっていない。

広告

操無し

 操無し:操無しとは、貞操を認識していないホモ・サピエンスである。

 操無しとは、貞操を認識していないホモ・サピエンスである。操無(みさおむ)とは、貞操を認識していない生物である。チンパンジーやゴリラは操無である。

上記では、貞操を持っているでなく、貞操を認識していないと表現されている。だから、もしあるホモ・サピエンスが貞操を意図的に持たないならば、そのホモ・サピエンスは操無しでない。

具体例〜大和民族の学者や技術者〜

 上記でも述べたが、大和民族の学者や技術者は可愛い女の子に公的な場所で群がる。彼らの行為は一種の発情行為である。なぜなら、彼らは広義の貞操それ自体を認識していないホモ・サピエンスである。したがって、大和民族の学者や技術者は操無である。

具体例〜大和民族の雌〜

 大和民族は非常に性に奔放である。彼女らは外国人とならば誰とでも寝ると批判的に指定されている。にも関わらず、彼女らは自己の貞操を一向に獲得しようとしない。

彼女らはその状態を「自由」や「日本人女性はモテる」と本当に信じきっている。けれども、彼女らの状態は野性的な状態や動物的な状態、そしてネアンデルタール的なものである。

大和民族の雌はホモ・サピエンスや人間よりも悪いみでネアンデルタール的である。大和民族の雌は貞操を認識していないホモ・サピエンスである。だから、大和民族の雌は操無しである。もし彼女らがホモ・サピエンスでないならば、彼女らは操無しでなく操無である。あるいは、新たな名前が必要である。