たとえアインシュタインが存在しなかったとしても、相対性理論は発見されたか?

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/アルベルト・アインシュタイン

 アインシュタインは相対性理論を形成して、天才と呼ばれてきた。この行為は事実であり、彼は天才であっただろう。しかし、同時に、科学者の一部はアインシュタインが存在しなかったとしても、相対性理論はいずれ発見されただろうと言った。

この考えはニュートンによる古典力学にも応用される。つまり、たとえニュートンやアインシュタインが存在しなかったとしても、別のニュートンやアインシュタインが存在して、彼らが古典力学や相対性理論を形成しただろうと。では、なぜ人々はそのように考えるのだろうか?

以下で、俺はなぜたとえアインシュタインが存在しなかったとしても、相対性理論は発見されたかを提示してみる。その時、俺はsystemの観点から述べる。

1章 科学systemと運動競技

 憶測行為 もし俺らが科学という営みを一種の運動競技と仮定するならば、別のアインシュタインが相対性理論を発見した可能性がある。

 科学業界はサッカー業界のような存在である。科学業界はサッカー業界は一種のsystem(人間競技)である。サッカー競技を形成した時点で、優秀な選手やサッカーにおける技はある程度「決定的に」導かれる。

科学業界は100mの競技に似ている。人間が100mの競技をある程度設計した時点で、最も早く走る選手はそのsystemの中で決定的に生まれてくる。なぜなら、競技の設計者は100m走という競技をそのように作った。

科学という運動競技も同じである。近代における西洋人は自然界に関する情報製造行為やそれに関するsystemをそのように作った。だから、そのsystemの中で最も優秀な情報製造者が生まれてくるのは自然である。

  

2章 東洋文明と西洋文明の違い

systemの設計

 西洋文明では、科学はsystemに近い。科学業界が集合であり、科学者が選手であり、選手の行為は科学的なルールによって定義される。

また、systemは目的を持つ。科学システムの創造の目的とは、自然界に関する情報を製造することである。その結果、systemの中の要素は自然界を明らかにするような選手になる。

科学者は職人でない

 一方、東洋では、科学は職人技に近い。遺伝的に優秀な人間が彼らの人生をかけて、自然界に関する情報を明らかにする。職人は神のような存在として先生と呼ばれて崇拝される。

タイトルとURLをコピーしました