デービッド・アトキンソンと民間議員〜菅義偉とイギリス国籍(英国国籍)〜

欧州小人種
https://unsplash.com/photos/nNEQpPZF8Ko
広告

デービッド・アトキンソン(David Atkinson、1965年5月10日[1] – )は、在日イギリス人の経営者。小西美術工藝社社長[2][3][4]三田証券株式会社社外取締役[5]金融アナリストの経歴を持つ日本の観光文化財活用・経済政策の専門家。英国出身。菅義偉内閣総理大臣のブレーンの一人で、菅が内閣官房長官時代から観光政策や経済政策に関して助言を行ってきており、2020年に政府の成長戦略会議の議員に起用された[11]

https://ja.wikipedia.org/wiki/デービッド・アトキンソン

 上記によると、デービッド・アトキンソンはイギリス人のイギリス国民である。菅政権において、彼は日本国における民間議員(民間統治者)に採用された。以下では、俺はこの問題を提示するつもりである。また、俺は大和民族の思考の問題点(認識に関する正しさの欠如)を提示するつもりである。

広告

デービッド・アトキンソン

人種

 俺系統の認識 デービッド・アトキンソンの人種はコーカサス人種である。

 デービッド・アトキンソンの小人種は欧州小人種である。デービッド・アトキンソンの民族はイギリス民族である。おそらく、デービッド・アトキンソンの部族はイングランド部族である。

人工

 俺系統の認識 デービッド・アトキンソンの国籍はイギリス国籍である。

デービッド・アトキンソンの宗教はキリスト教である。デービッド・アトキンソンはキリスト教徒のイギリス人のイギリス国民である。

民間議員

 菅政権において、デービッド・アトキンソンは日本国における民間議員になった。大栗博司や村山斉、菊池誠や牧野純一郎や田崎晴明といった大和民族の日本国民の一部はこの状態を「何かおかしい」と感じていないように見える。

危険性

 俺系統の認識 俺はデービッド・アトキンソンが日本国における民間統治者(民間議員)になったことを危険と認識する。

 おそらく、デービッド・アトキンソンは日本国民でなく、イギリス国民である。にも関わらず、デービッド・アトキンソンは民間議員になった。この状態には、3つの問題点が存在する。

第一に、民間議員それ自体の問題が存在する。民間議員は選挙を経ていないのにも関わらず、民間議員は民を含む国家の統治者になろうとしてる。民間議員という存在それ自体が民主制度それ自体に反する。もし俺が民主制度を善と判断するならば、俺は民主制度に反する存在及び状態及び運動を悪いと判断する。

第二に、国籍の問題が存在する。デービッド・アトキンソンはイギリス国民であり、日本国民でない。にも関わらず、デービッド・アトキンソンは民間議員という国家の統治者になった。この状態は日本国民を実質的に奴隷化している。

第三には、歴史的な問題である。デービッド・アトキンソンはイギリス人であり、イギリス人はインド人を奴隷化した。なぜなら、イギリス人はインドの徴税権をなぜかインド人から奪うことができた。その結果、イギリス人はインド人を奴隷化した。イギリス人はネグロイド人種やモンゴロイド人種も虐殺して、奴隷化した。俺らモンゴロイド人種がこの種の歴史を考慮するとき、デービッド・アトキンソンがモンゴロイド人種の統治を外国国民の立場で実行することは非常に危険である。

善悪

 俺系統の善悪 俺はデービッド・アトキンソンが民間議員であったことを悪いと判断する。

 俺はデービッド・アトキンソンが民間議員であったことを危険と認識する。その危険はモンゴロイド人種の将来的な奴隷化である。俺はその将来的な奴隷化を悪(レッドカード)と判断する。したがって、俺はその原因も悪(レッドカード)と判断する。危険→奴隷化であり、俺は危険→奴隷化(悪)と判断するので、善悪の判断に関して矢印を逆にして、俺はその原因も悪と判断する。

大和民族の問題点

性質

 俺系統の認識 大和民族はデービッド・アトキンソンが民間議員であったことを認識できず、かつ彼らはデービッド・アトキンソンが民間議員であったことの善悪を判断することができない。

 口語的には、大和民族がデービッド・アトキンソンが民間議員であったことが何がおかしいのかを認識することができない。俺の印象では、彼らは「アトキンソンが正しいことをいってる!」や「白人様が日本のために正しいことを言ってくれている」と思っているように見える。大和民族はアトキンソンが彼らと同じ考えを述べたり、彼らの感情を肯定するような発言を実行するとき、彼らはデービッド・アトキンソンが民間議員であったことを「正しい」や「問題ない」と感じるように見える。

そのため、大和民族はもしデービッド・アトキンソンが正しいことを主張するならば、たとえデービッド・アトキンソンが外国民であったとしても、デービッド・アトキンソンが日本国の統治者を担うことを危険と認識しない、かつ悪いと判断しないように見える。つまり、大和民族は自己の考えや自己の感情を肯定してくれるならば、たとえデービッド・アトキンソンが日本国の統治者を担うとしても、何がおかしいのかを認識することができないように見える。大和民族は物事をメタ的に捉えることができないように見える。

性質

 俺系統の認識 大和民族は自己の民を異人種や異民族や異教徒、異文明民に平気で売ったり、生贄に捧げようとする。

 大和民族は白人の褒められたり、白人が喜ぶことを「正しい?」と感じるように見える。また、大和民族は白人が彼らと同じ発言を実行するとき、彼らは白人の全てを正しいと感じるように見える。そのけか、彼らは彼らの民をデービッド・アトキンソンに捧げようとする。なぜなら、その時、デービッド・アトキンソンは喜ぶ。大和民族はその喜びを正しいと感じるように見える。