なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?[白人至上主義の意味]

歴史
https://ja.wikipedia.org/wiki/アドルフ・ヒトラー

 白人やナチスは優生学を好み、そこで白人小人種が最も優秀であると結論づけられた。この行為に対して、日本人は優生学は良くありませんと言ってきた。しかし、日本人は白人による優生学の意味を把握できてこなかった。

日本人を含む東洋人は白人による優生学を真に受けるべきでない。特に、日本人や朝鮮人は白人による優生学の意味を全く把握できてこなかった。彼らがその意味を把握する時、中東に対する白人の文明的な劣等感を知る必要がある。

以下で、俺は白人の優生学の意味を提示しよう。日本人は人間でなく猿に近いので、白人はイケメンだから優生学を好んだとでたらめに考えているように見える。結局、日本人の学者気取りは未開の土人であるので、歴史だけでなく文明を認識できない。

1 優生学の意味と背景

 ここで、俺は優生学の意味を提示する。日本人は白人を崇拝してきて、彼らを優秀な小人種であると崇めてきた。しかし、日本人は白人の本音や劣等感を把握できてこなかった。

未熟で幼稚な生徒や学生が教師の劣等感や事情を把握できないように、日本人は白人の劣等感や事情を把握できてこなかった。優生学の意味とは、白人の文明的な劣等感の裏返しであった。

白人は白人自身の文明を持っていない

 キリスト教やユダヤ教は中東発祥である。アルファベットもローマ帝国も古代ギリシアも中東ないし地中海発祥である。この事実に対して、君は白人は彼自身の文明的な何かを持っていないと審判する。

遺伝的には、白人小人種と地中海小人種の関係は東洋小人種と東南アジア小人種との関係に似ている。白人小人種と中東小人種との関係は東洋小人種とアメリカ小人種との関係に似ている。しかし、文明的には、白人小人種は東南アジア小人種に近い。

実際、東南アジア小人種は彼ら自身の何かを持っていないので、彼らは東洋小人種に文明的な劣等感を覚えてきた。同様に、白人は中東小人種や地中海小人種に対して文明的な劣等感を覚えてきた。そこで、彼らはこう考えた。

 私たち白人が一体何が優れているのだろうか?

白人の文明的な劣等感

 フィリピン人はスペイン系フィリピン人を名乗る。なぜなら、フィリピン人はスペイン人の血統が優れていると無意識的に感じてきた。この思考は白人による優生学に通じる。

フィリピン人は自己の文明や文化を彼ら自身で創造できてこなかった。だから、彼らは彼らの中の遺伝子を賛美した。近代において、白人種は世界を支配して様々な文化や文明に本格的に接触した。

その時、欧州から出てきた田舎者はこう感じたはずである。俺らは誰であり、俺ら自身の文明とは何であるか?と、、、。彼らは気づいた。彼らは彼ら自身の文明を持ってなかった事実に、、、。

劣等感の解消のための優生学

 白人による優生学は白人小人種の文明的な劣等感の表現である。これはナチスにおけるヒトラーによるゲルマン民族の優秀性と同じであった。ゲルマン民族が民族的な優秀さに関する表現を爆発させたのは、彼らの文明的な劣等感や英国に対する劣等感の裏返しであった。

一般的に、劣等感がある人間ほど彼らの人種的民族的な優秀性を他者に向かって表現する。一方、優秀な人間は嫉妬を恐れるので、お金持ちと同様に、彼らの優秀性を隠そうとする。朝鮮民族や自称スペイン系フィリピン人を見る時、君は彼らの劣等感を感じ取れるだろう。

白人は優生学を作り、遺伝的な優秀さに ‘ すがりついた ‘ 。これは優生学の正体であった。

 グーペ

2 白人小人種は遺伝的に優秀か?

白人は遺伝的に優秀である

 俺は白人種人種は遺伝的に優秀であると審判してきた。彼らの肉体のデザインと運動能力と知的能力は平均的にも優秀である。彼らの肉体のデザインは世界で最も優れている。

白人による優生学それ自体は嘘でない。なぜなら、白人は白人が優れているような学問を作る必要があった。優生学は白人が評価されるための学問であると行って良い。

もし白人が文明的に優れていたならば、彼らは文明学を作っただろう。なぜなら、その文明学では、白人は英雄であるのだから、、、。優生学の胡散臭さは八百長や自己クリックのような彼ら自身が有利になるような学問を作ったことである。

遺伝的に優秀であることの意味

 遺伝的な優秀さが人間の優秀さの全てでない。遺伝的な優秀さとは、社会の優秀さに近い。たとえ車体が優秀であるとしても、成金や子供や女が乗る車の運転は優秀でなく、危険である。

男女平等と男女公平のどちらが良いかという善悪の判断は自然界には存在しない。車体の優秀さからはその判断が導かれない。さらに、個体基準での遺伝的な優秀さは社会の形成を促さないので、動物の群れを形成できても、人間社会は形成されない。

善悪の判断や死生観や人生の目的は車体の中に存在しない。たとえ車体が世界で最も優秀であるとしても、動かし方まではその車体の中に存在しない。だから、たとえ白人は優生学を用いて、白人小人種の優秀性を主張するとしても、車体的な優秀さは文明を創造する原動力にはなり得ない。

 グーペ

3 人間として優秀さとは何であるか?

 白人は優生学を駆使して、彼らの優秀さを提示した。しかし、白人は彼ら自身の文明を形成できてこなかった。特に、宗教は人間社会を形成する最も重要なものの一つであるが、西洋社会はそれを中東発祥のキリスト教に依存してきた。

つまり、白人は人間の優秀さをきちんと把握できてこなかった。だから、彼らは優生学に手を染めた。では、人間の優秀さとはいったい全体なんであるのだろうか?

人間の優秀さとは?

 人間の優秀さとは、物質的な世界に存在しないものを創造することである。たとえば、それらは善悪の判断や人生の意味や死生観である。男女公平が良いか、男女平等が良いかは、物質的な世界、つまり人間の遺伝子を調べてもわからない。

バラバラ狩猟民族が人間社会を形成する時、この善悪の判断は非常に重要である。この善悪の判断を取りちがえる時、人間社会は生存競争に敗北するだろう。実際、イスラム教徒のコーカサス人種は欧州を支配しそうである。

たとえ白人が優生学を駆使して、彼らの遺伝的な優秀性を証明するとしても、優生学や遺伝的な優秀さが男女平等と公平のどちらが正しいかを教えない。だから、たとえ白人小人種が世界で最も優秀な小人種であるとしても、善悪の判断を間違えれば、その小人種は死んでしまう。

 この時、人々は白人を優秀な小人種であると審判しないだろう。結局、人間としての優秀さは優生学のみによって測定されない。人間のとして優秀さは遺伝子に加えて、善悪の判断や死生観や人生の意味やその他の規範によって測定されるべきである。

現在、スウェーデン国は崩壊しそうである。もしゲルマン民族が優秀であるならば、なぜ彼らの国家は崩壊しそうであるのか?なぜなら、ゲルマン民族は善悪の判断、特に移民や外国人労働者、そして男女平等に関する判断を的確に下せなかった。

もし遺伝的な優秀さのみが人間の優秀さであるならば、ゲルマン民族は誤った判断をくださなかっただろう。なぜなら、ゲルマン民族は世界で最も遺伝的に優秀であってきた。しかし、彼らは彼ら自身の宗教を形成できず、まともな人間社会すら形成できてこなかった。

タイトルとURLをコピーしました