Ashli Babbitt(アシュリー・バビット)とその家族〜Aaron Babbitt(アーロン・バビット)とKayla Joyce(ケイラ・ジョイス)〜

欧州小人種
広告

 The Air Force veteran fatally shot by police during last week’s US Capitol riot had been in a “throuple” with her husband and their live-in girlfriend, according to reports. Ashli Babbitt, 35, and her husband, Aaron Babbitt, 39, lived with their 29-year-old gal pal Kayla Joyce in San Diego, New York Magazine’s Intelligencerreported.

https://nypost.com/2021/01/14/ashli-babbitt-husband-were-reportedly-in-a-throuple/

 アシュリー・バビットは議事堂に侵入して、射殺されたそうだ。彼女は既婚であり、夫を持っていた。しかし、その夫はなぜか彼女をバビットの他に持っていたようである。

この状態は不倫でなく、彼らはその種の奇妙な群れを形成していた。以下では、俺は米国における家族と白人の家族制度に対する俺の認識を提示する。結論からいって、白人は黒人と同様に、まともな家族を形成できない。だからこそ、彼らはキリスト教やユダヤ教に生存競争で完全に敗北して支配されたのだろう。

広告

1章 白人の家族

 俺の審判:白人はまともな家族を形成できない。

 上記では、buveryは米国の家族の壊れ方はやばいと呟きた。俺は彼の呟きを実際の状態を審判する。では、なぜ米国の家族は壊れているのだろうか?

なぜなら、白人はまともな家族を形成する能力を持っていない。だからこそ、白人の家族は壊れている。当然、家族はホモ・サピエンスの群れでない。

白人は何らかの雄と雌の「群れ」を形成する。彼らは人間の男と人間の女の「家族」を形成する能力をそもそも持っていない。上記のアシュリー・バビットを見ればわかるように、彼女と彼女の夫アーロン・バビット、そして謎の若い女ケイラ・ジョイスはまとな家庭(家族)と形成できない。彼らの群れは一夫多妻制でもなく、本当に謎のホモ・サピエンスの群れでしかない。

2章 家族と文明

 俺の認識:未開の民はまともな家族を形成できない。文明的な人間のみがちゃんとした家族制度を形成できる。

 大和民族は白人崇拝を繰り返してきた。だから、上記の家族の崩壊を見て、彼らは白人様は素晴らしいと感じるらしい。俺が彼らの家族の崩壊を見た後、俺は白人は長い間未開の民であったので、彼らは家族それ自体を形成できてこなかったと審判する。

ネグロイド人のアメリカ国民もまた家族の崩壊が問題になっていて、owensというネグロイド人の女性がそれを問題にしていた。彼女は黒人の問題は父の不在であり、家族や家庭の崩壊であると言っていた。

では、なぜネグロイド人の家族は崩壊しているのだろうか?なぜなら、ネグロイド人種は欧州小人種と同様に長いあいだ、そして現在も未開であってきた。ネグロイド人種はまともな家族制度を形成できなかったので、彼らは奴隷にされた。黒人奴隷には、肌の色や知的能力はあまり関係ない。

 俺の勝手な印象では、まともな家族制度を形成できたのは、中東人とインド人と東洋人のみであるように思える。それ以外の人種はまともな家族制度すら形成できていない。

3章 なぜ白人はキリスト教化、ユダヤ教化されたか?

 俺の憶測;白人はまともな家族制度それ自体を形成できなかった。だからこそ、白人は家族制度を与えるユダヤ教やキリスト教に敗北した。

 宗教は何が正しい家族制度であるかを与える。未開の民はまともな家族制度を形成できないので、彼らは家族制度を与える宗教にコロッと支配される。ユダヤ教やキリスト教は中東発祥であるが、なぜか白人がそれらの宗教を信仰している。そして、彼らはやめたくてもやめられない状態になっている。

上記はなぜネグロイド人がキリスト教やユダヤ教、そしてイスラム教になったかを考えればわかるだろう。彼らもまた白人のように、まともな家族すら形成できなかった。だからこそ、彼らはキリスト教やイスラム教にコロッとやられてしまった。なぜなら、それらの宗教は家族制度を与えた。