アドルフ・ヒトラーのY染色体ハプログループがE1b1bであったことは滑稽であるのか?

欧州小人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Adolf_Hitler
広告

 アドルフ・ヒトラーのY染色体ハプログループがE1b1bであったらしい。この事実に対して、人々はヒトラーのY染色体が白人由来でなかったことを笑っている。けれども、俺はアドルフ・ヒトラーのY染色体はハプログループJ(セム人のY染色体)に近かったので、彼はユダヤ教徒の白人を虐殺したように感じる。

広告

アドルフ・ヒトラー

父系

 俺の認識 アドルフ・ヒトラーのY染色体ハプログループ(父系)はハム人系統である。

 アドルフ・ヒトラーのY染色体ハプログループがE1b1bであったらしい。このY染色体ハプログループは北アフリカ人のハプログループであり、地中海地域で広く観察される。しかし、Y染色体ハプログループE1b1bはネグロイド人種系統でなく、コーカサス人種系統であるように思える。

一般的に、エジプト人はサウジアラビア人と一緒にアラブ人と呼ばれてきた。けれども、エジプト人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループE1b1bであり、アドルフ・ヒトラーと同じである。一方、アラブ人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループJである。

個人的な印象では、セム人のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループJであり、ハム人のY染色体ハプログループがY染色体ハプログループEであり、ヤペテ人のY染色体ハプログループがY染色体ハプログループRであるように感じる。

人種的な形質

 俺の認識 アドルフ・ヒトラーの人種はコーカサス人種であり、その小人種は欧州小人種であり、その民族はケルト民族である。

 上記では、俺はアドルフ・ヒトラーの父系はハム系統であると述べた。けれども、父系と人種的な形質は互いに異なるように思える。実際、アドルフ・ヒトラーの人種はコーカサス人種であり、その小人種は欧州小人種、いわゆる白人であった。

アドルフ・ヒトラーはゲルマン民族に憧れたが、彼は実際には南ドイツ出身であったので、彼はフランス人やスイス人やベルギー人に近いケルト民族であったように感じる。少なくとも、アドルフ・ヒトラーは北ドイツ人などの北欧人種(ゲルマン民族)でなかっただろう(だからこそ、彼はゲルマン民族に憧れた)。

なお、ここでは、俺は民族を小人種の部分集合とした。加えて、俺らはケルト民族をフランスあたりに住んできた南方の欧州人と約束する。俺の印象では、父系を無視すると、欧州人はイギリス人とケルト人とゲルマン人と西スラブ人と東スラブ人に民族的に分類されるように見える。

Y染色体と宗教

Y染色体と宗教

 俺の認識 アドルフ・ヒトラーはY染色体的にも遺伝的にもユダヤ教徒の白人に近かったので、ユダヤ教徒の白人を憎悪して、虐殺した。

 アドルフ・ヒトラーのY染色体ハプログループはE1b1bであり、これは北アフリカ人(コーカサス人種)の雄のY染色体に近い。一方、ユダヤ教徒の白人のY染色体ハプログループは宗教的にはY染色体ハプログループJである。Y染色体ハプログループから見ると、ハム人とセム人の深刻な対立と宗教的には解釈できるように思える。

一般的に、ホモ・サピエンスは彼ら自身に近い対象を憎悪する。実際、キリスト教徒の白人とユダヤ教徒の白人は現在でも非常に仲が悪い。なぜなら、彼らは人種的にも宗教的にも非常に近い。そして、アドルフ・ヒトラーの場合、Y染色体ハプログループもユダヤ教徒の白人の宗教的なY染色体ハプログループに近い。この時、彼らは人種的にも宗教的にも父系的にも非常に近い。

日本列島では、関西人は朝鮮人や漢人を内心非常に嫌っている。なぜなら、関西人は紀元後の渡来人に近く、縄文人の血が濃い東北地域とは遺伝的に異なる。縄文人はアイヌと同じで朝鮮人や漢人にあまり関心がない。実際、関西人の雄のY染色体は朝鮮人や漢人の雄に近いY染色体ハプログループOである。

北欧のY染色体ハプログループ

 俺の認識 ゲルマン民族の雄のY染色体ハプログループはR(R1b)でなく、Y染色体ハプログループIである。

 Y染色体ハプログループはR(R1b)はY染色体ハプログループQとの共通先祖QRまたはPをもち、Pは東洋地域で発祥したかもしれない。白人の雄のY染色体ハプログループはIであり、R(R1b)でない。個人的には、俺はY染色体ハプログループR系統はアジアやモンゴロイド系統であるように思える。

Y染色体ハプログループRを持つ白人の雄はアジアのY染色体を持ち、白人の皮を被っているように感じる。また、近代では、Y染色体ハプログループR1bはアメリカ先住民(Y染色体ハプログループQでモンゴロイド人種)を本当に完遂されたナチスのように虐殺及び絶滅させた。しかし、白人の雄はアメリカ先住民の雄にY染色体的には非常に近い。また、スペイン人の雄もY染色体ハプログループR1bである。

個人的には、白人の雄の先祖はY染色体ハプログループR1bを持つモンゴロイド系統の雄(印欧語族)にフン族やチンギス・ハンのようにすでに支配されてしまったように思える。白人の雄が自慢して賛美するY染色体ハプログループR1bはコーカサス人種由来のY染色体ハプログループJやIですらない。

 白人至上主義者の雄は自己の肉体の中の雄性を作る「Y染色体✖️細胞数」を賛美している。しかし、そのY染色体はモンゴロイド人種由来であるかもしれない。その場合、白人至上主義者の雄はモンゴロイド人種の雄に強姦されたことを賛美している可能性が存在する。ネグロイド人種の雄は自己の父の父の…の父が白人であることを賛美しないだろう。ネグロイド人種の雄は自己のY染色体がY染色体ハプログループR1bであることを賛美しないだろう。

Y染色体ハプログループRは白人(欧州人)の雄由来か?〜古代北ユーラシア人とアメリカ先住民のY染色体ハプログループQ〜
 欧州人はY染色体ハプログループRとY染色体ハプログループIを持ってきた。Y染色体ハプログループRは印欧語族を持つ民族であると考えられてきた。一般的に、Y染色体ハプログループRは「欧州人」のハプログループであると感じられてきたように思える。しかし、俺はY染色体ハプログループの系統樹を見る時、俺はY染色体ハプログループはコーカサス人種系統のY染色体ハプログループでないように感じる。以下では、俺はY染色体ハプログループRが何由来であるのかを提示するつもりである。Y染色体ハプログループRY染色体ハプログループR Y染色体ハプログループR:Y染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統のY染色体ハプログループであった可能性がある。 Y染色体ハプログループRはモンゴロイド人種系統のY染色体ハプログループであった可能性がある。なぜなら、Y染色体ハプログループRとY染色体ハプログループQは共通先祖「Y染色体ハプログループP」を持つ。wikipedia(電飛)によると、Y染色体ハプログループPは東南アジアまたは東洋地域で三万五千年前に生まれたらしい。...