マルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたか?〜宗教改革とプロテスタント〜

欧州小人種
https://unsplash.com/photos/DcVHMYMlScc
広告

 マルティン・ルターは宗教改革を実行した。その結果、キリスト教プロテスタント派が生じた。キリスト教それ自体はイエス・キリスト(パウロ)によって形成されただろう。個人的な印象では、キリストやパウロはY染色体ハプログループJ系統を持っていたように感じる。同様に、ユダヤ教もイスラム教の創始者もY染色体ハプログループJ系統を持っていたように感じる。

俺が電街を検索した後、俺はマルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたという情報に遭遇した。当然、この情報の信憑性は不確かでる。けれども、俺はたとえ彼がI系統であるとしても、俺はあまり驚かない。以下では、俺はこの情報を実際と仮定して、俺系統の意味を提示する。

広告

マルティン・ルター

Y染色体ハプログループI1

 俺の認識 もしマルティン・ルターはがY染色体ハプログループI1を持っていたならば、ユダヤ教とキリスト教とイスラム教はJ系統かJ系統の親系統(IJ)によって創造された。

 上記でも述べたが、ユダヤ教やキリスト教、そしてイスラム教はY染色体ハプログループJ系統によって創造された可能性が高い。これらの宗教はJ系統の人間性を彼らに授けてきた。それに対して、一部の危ない傀儡では、プロテスタントはセム系統の宗教でなく、アーリア系統の宗教であると内心考えられているように見える。

つまり、マルティン・ルターはプロテスタント派をキリスト教カトリック派から分離されることによって、彼はアーリア系の宗教を作り、欧州人をセム人の影響から解放した。だから、キリスト教プロテスタント派はセム系宗教でなく、アーリア人の宗教である。言い換えると、プロテスタントはR系統の人間性(humanity)を持っている。白人至上主義者の一部はこのように考えているように見える。

しかし、もしマルティン・ルターはY染色体ハプログループI1を持っていたならば、プロテスタントはアーリア系統の宗教でないように見える。プロテスタント派はI系統の人間性を授ける。そして、その人間性はJ系統の人間性に近い。なぜなら、Y染色体ハプログループIはY染色体ハプログループJと近い共通先祖IJを持っている。つまり、J系統の人間性がユダヤ教やキリスト教を創造して、そこからI系統の人間性がプロテスタントとして分岐した。Y染色体ハプログループの分岐と宗教の分岐が一致していて、ほんの少しだけ興味深いように見える。

言語

 俺の認識 プロテスタント派と言語は互いに一致していない。

 理想的には、キリスト教プロテスタント派はY染色体ハプログループI系統の言語によって記述される必要があった。キリスト教プロテスタント派はおそらく印欧語族によって書かれてた。印欧語族のY染色体ハプログループはY染色体ハプログループRであっただろう。