Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)は白人であるか?

欧州小人種
https://en.wikipedia.org/wiki/Matthew_Heimbach
広告

 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)は自称白人であるらしい。けれども、俺は彼は白人でないように見える。たとえ彼が白人であるとしても、彼は南方の白人であるか、地中海小人種である。

White nationalists Matthew Heimbach, Richard Spencer on their controversial beliefs: Part 2
広告

1章 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)の人種

 俺の認識 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)の人種はコーカサス人種である。小人種も民族も不明である。

 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)の人種はコーカサス人種である。ただし、俺の印象では、彼はモンゴロイド人種の遺伝子を持っているように見える。

彼は自称白人であるが、コーカサス人種にも見えないようにも見える。ただし、彼の体格や手はモンゴロイド人種のそれでない。彼の顔は少しモンゴロイド人種的であり、彼の体格はコーカサス人種的である。

もし彼が本当に白人であるならば、彼は南方の白人であるだろう。彼の形質は少しカール・ベンジャミンマーク・コレットに似ている。ただし、彼の形質はリチャード・スペンサーと異なる。

2章 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)の心理

 俺の認識 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)は自己(の容姿)が白人的でないので、彼は白人の遺伝子に白人以上に縋り付いている。

 Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)は自己が白人的でないので、彼は白人の遺伝子に白人以上に縋り付いている。この種の心理は混血児に観察される。西側白人との中間種は自己認識を崩壊させるので、彼らは白人の遺伝子に白人以上に縋り付いて、色付きを人種的に侮辱する。

Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)も同じような心理を持っている。ヒトラーはゲルマン民族でなく、ケルト民族であったように思える。そして、ゲルマン民族は文明的な劣等性を感じていたので、彼らはゲルマン民族の遺伝子に縋り付いた。

自称スペイン系フィリピン人がスペイン人の遺伝子に縋り付いて、なぜか色付きを馬鹿にする。西側白人との中間種が白人の遺伝子に縋り付いて、色付きを馬鹿にする。同様に、Matthew Heimbach(マシュー・ハイムバッハ)は白人の遺伝子や白人性に縋り付いて、色付きを馬鹿にする。

なぜ白人やナチスは優生学を好んだか?[白人至上主義の意味]
 白人やナチスは優生学を好み、そこで白人小人種が最も優秀であると結論づけられた。この行為に対して、日本人は優生学は良くありませんと言ってきた。しかし、日本人は白人による優生学の意味を把握できてこなかった。日本人を含む東洋人は白人による優生学を真に受けるべきでない。特に、日本人や朝鮮人は白人による優生学の意味を全く把握できてこなかった。彼らがその意味を把握する時、中東に対する白人の文明的な劣等感を知る必要がある。以下で、俺は白人の優生学の意味を提示しよう。日本人は人間でなく猿に近いので、白人はイケメンだから優生学を好んだとでたらめに考えているように見える。結局、日本人の学者気取りは未開の土人であるので、歴史だけでなく文明を認識できない。1 優生学の意味と背景 ここで、俺は優生学の意味を提示する。日本人は白人を崇拝してきて、彼らを優秀な小人種であると崇めてきた。しかし、日本人は白人の本音や劣等感を把握できてこなかった。未熟で幼稚な生徒や学生が教師の劣等感や事情を把握できないように、日本人は白人の劣等感や事情を把握できてこなかった。優生学の意味とは、...
タイトルとURLをコピーしました